6月8日、蛍池公民館で開催された市民グループ「レインボーブリッジ」主催の市民講座に出席しました。

この講座は、豊中市の「出前講座」を利用し介護保険制度や豊中市の高齢者サービスを紹介する講座で、講師は豊中市高齢介護課の方でした。
聴講者は高齢者を中心に約50名。皆様熱心に聴講されておりました。
講座終了後に講師と激論を交わす市民の方もいらっしゃり、充実した講座となりました。
主催者の「レインボーブリッジ」の皆様に心から感謝申し上げます。

豊中市の高齢化率(65歳以上の人口構成比率)は20%を超えています。
本日の講座は現在の介護保険制度と高齢者福祉サービスの説明でしたが、これから迎える超高齢化社会における同制度のあり方を早急に考える必要性を感じました。

今日から6月。
心機一転張り切って、平田市議会議員とともに党街宣カーに乗って豊中市内で街宣活動を行いました。

平田議員と運転を交代しながら、走行中も長寿医療制度への理解を求める演説を行い、また、数箇所で街宣カーを停めてスポット演説を行いました。
(添付写真は蛍池駅西側での演説風景です。)

スポット演説の趣旨は以下のとおりです。
(1)長寿医療制度は近い将来の高齢者医療を支えるために必要な制度である。
(2)ただし、低所得者への配慮不足などがあるので、運用の改善について3000人を超える公明党地方議員の意見を大田代表が纏めて厚生労働大臣に提出した。
(3)野党が参議院に提出した同制度の廃止法案は代替案がなく、政治の責任を放棄した無責任な法案である。

最後に、公明党は「生活現場主義」の党であり、市民の皆様の声が政策の原点ですので、これからも地域を歩きに歩いて皆様のご意見を行政に届けます!とご挨拶しました。

市民グループ「レインボーブリッジ」に市民の皆様から寄託して頂いた古布を、グループ代表の皆様と共に豊中市立介護老人保健施設「かがやき」にお届けしました。

私の当選後3回目のお届けとなります。
今回は大きな段ボール箱に10箱をお届けしました。

かがやきでは古布を適当なサイズに切り、消毒して入所されている方の体を拭いたり、施設の清掃に無駄なく活用して下さっており、大変に喜ばれております。

古布を寄託して下さった市民の皆様に心より感謝申し上げます。

連日連夜、支援者の皆様と語る会を開催中です。

話題の中心は長寿医療制度です。
テレビ番組を中心とした偏った報道により、長寿医療制度について疑問を持っている方が多いことを実感します。
一方、この制度が生まれた背景や、年金からの天引きの利点など、皆様の疑問に丁寧にお答えする中で、多くの方が、長寿医療制度が必要な制度であることを理解して下さり、また、廃止を叫ぶ野党の無責任さを理解してくださいます。

これからも一人でも多くの方と積極的に対話をしてまいります。

2008年5月17日〜18日に神戸で開催された掲題イベントに行ってきました。

イベントでは環境負荷低減に効果のある様々なクルマが出展されます。
17日のオープニングには鴨下環境大臣も参加したとのこと。
地球温暖化防止への取り組みは私の政治活動の一つのテーマであり、多忙な休日ではありましたが、18日に時間をこじ開けて行ってきました。

<燃料電池自動車>
環境負荷が最も小さいクルマだと思いますが、とにかく高価です。
ある国内メーカの実用車は現在リース専用とのことですが、リース料金は1ヶ月80万円(!)とのことです。

<電気自動車>
今回、私が最も注目したクルマです。(写真参照)
従来の電気自動車の課題であったバッテリーに、大容量・高出力のリチウムイオン電池を採用することで速度と航続距離が飛躍的に伸び、市販化のメドがたったとのことです。(最高速度100〜150km/h、航続距離160km程度、発売時価格300万円程度。)
自宅での充電が可能で、利用拡大が期待されます。

皆様の真心からのご支援で議会に送って頂き、あっという間に1年が経過しました。
この間、市民相談を基本とし、約600件の相談をお受けしました。
まだまだ未熟ですが、皆様のご恩に報いるために一生懸命働く決意でございます。
これからも宜しくお願い申し上げます。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
豊中市 弘瀬源悟
g.hirose@lapis.plala.or.jp