接種を見合わせていました、「ヒブ(Hib)ワクチン」と「小児用肺炎球菌予防ワクチン」につきまして、安全性上懸念はないと厚生労働省から発表があり、豊川市でも平成23年4月1日から全額公費負担で接種が再開されました。

豊川市HP URL

http://www.city.toyokawa.lg.jp/life/201103070004.html

以下詳細です。
接種開始後に死亡事例が報告され、接種実施を見合わせていた「ヒブ(Hib)ワクチン」と「小児用肺炎球菌予防ワクチン」ですが、公明党厚生労働部会は直ちに厚生労働省に対し、「速やかに因果関係の究明を」と強く求めてきました。
国の専門家会議で国内外の事例、同時接種の安全性等について評価を行った結果、「いずれもワクチン接種との明確な因果関係は認められない」、「重篤な副反応(=副作用)の発現は増加していない」と結論づけられました。これにより、厚生労働省から、「安全性上に懸念はない」、「平成23年4月1日から、両ワクチンの接種を再開する」と発表されました。
海外でも接種後の死亡例は報告されていましたが、死因は感染症や乳幼児突然死症候群(SIDS)が大半を占めており、国内の死亡報告の頻度と大きな違いがなかったそうです。
公明党の松あきら副代表は「子どもの命と健康を守るためにも、接種が再開されたら、安全と(専門家に評価)されたワクチン接種を、速やかに受けてほしい」とコメントしています。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
豊川市 柴田訓成
kuninari.shibata@gmail.com