タグ(発達障がい)

IMG_6027きょう(5/13)付の公明新聞に、1期目から一貫して取り組んできた発達障がい者支援についての記事が掲載されました。

初めて自閉症の子を持つ母親の声を聞き、支援制度の制定に取り組んで十数年が経ちました。今では、国、都、区における各支援体制が構築され、広がっています。

これからも頑張ります!

↓↓(以下、公明新聞掲載記事)

都議会公明党 ネットワークで地域に〝希望〟

東京・豊島区 <特別支援学級を開設>

発達障がい者支援拡充<
長橋都議が区議と共に尽力

 東京都豊島区は今年度、区立南池袋小学校に自閉症・情緒障害特別支援学級「けやき学級」を開設した。知的障がいを伴わない自閉症など発達障がいのある児童を対象とした学級で、区内としては初、23区では3番目の開設となる。

 公明党の長橋けい一都議(都議選予定候補=同区)はこのほど、党区議団(島村高彦幹事長)と共に、けやき学級を視察した。

 異学年の児童で編成される同学級では、人への関わり方や人からの働き掛けに対する反応が苦手なため、大勢の中では学力を身に付けることが困難な児童など、一人一人の特性に応じた学習環境を提供。ICT(情報通信技術)などを活用した教科の指導や、通常学級との交流および共同学習などが計画的に実施される。

 長橋都議は2004年、党区議団の高橋佳代子議員を通じて自閉症の子を育てる母親と出会い、その声を国政につなぎ、発達障害者支援法の制定(同年12月)を後押し。

 その後も、09年には都立大塚病院に専門外来となる「児童精神科」を開設するなど、一貫して発達障がい者支援の拡充に尽力してきた。

 こうした長橋都議の取り組みを受け、党区議団は議会質問などを通し、自閉症・情緒障害特別支援学級の設置を要望してきた。

17834809_1292517697510781_4525441166010190371_o発達障がいのある児童が安心して授業に参加できる工夫に感銘を受けました!!

きのう5日、豊島区立南池袋小学校に開設された自閉症・情緒障がい特別支援学級を、党豊島区議団と一緒に視察しました。

発達障がいのある児童が安心して授業や学校行事に参加できるよう、工夫や配慮がなされていることにとても感銘を受けました!

豊島区では初の開設で、東京23区で3番目。コミュニケーションが取れなかったり、授業に集中できなかったりして、大勢の中では学力をつけることが難しい児童に対し、その子たちに合ったやり方で学習を進めることができます。

今後は都立大塚病院・児童精神科外来を含めた医療機関との連携や、タブレット端末などを使ったICT活用を進めていきたいとの話もありました。

私は都議1期目の時、自閉症のお子さんを持つ母親から、その大変さを伺い、支援体制の整備を痛感、都議会でいち早く発達障がい支援を訴えてきました。国会議員とも連携し「発達障害者支援法」の制定を後押ししたほか、都立大塚病院に発達障がい児の専門外来の設置を進めました。

今回の視察で、改めてきめ細かな支援体制の整備が必要と感じました。伺った現場の課題を都政につなげ、発達障がい支援のさらなる充実に向けて、全力で取り組んでまいります!

昨夜からきょう未明にかけて「爆弾低気圧」が東京を通過しました。 この投稿の続きを読む »

LINE@
友だち追加
facebook
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
東京都 長橋桂一
nagahashi@togikai-komei.gr.jp