タグ(待機児童)
photo00_4.jpg

今朝は千川駅前でふま区議とともに街頭行いました。ふま議員からは豊島区の待機児童解消について都と連携して推進した公明党の実績について訴えました。私からは、都議選に向けた決意を話しました。地域の方から手を振って声援を送って頂きました。

FullSizeRender (5)
豊島区が昨日、4月1日時点で待機児童がゼロになったと発表しました!

2014年に23区で唯一消滅可能性都市と指摘されて以来、豊島区は必死に保育定員の増加に取り組んできました。私と公明党区議団も知恵を絞り、予算の拡充や小規模保育所の設置拡大を進めてきました。

以前から豊島区は毎年、保育定員を拡大してきましたが、保育需要の方が上回って待機児童が解消しない状況が続いていました。公明党豊島区議団は2013年に、豊島区長に対し緊急要望を行い、豊島区も「待機児童対策緊急プラン」を策定。保育定員の本格的な拡大に乗り出しました。

ただ、人口密度の高い豊島区にあって、保育定員の拡大は用地取得や設置基準の問題など、一筋縄ではいきません。私は公明党区議団と連携し、空き家・空き室を活用したスマート保育所(小規模保育所)の都内第1号を区内に開設するなど、一貫して待機児童対策を推進してきました。また、公明党区議団、豊島区長と共に、知恵を出し合い、4年間で2400人の拡大になりました。

今後も保育ニーズを的確に捉え、保育人材の確保や多様な受け皿の拡大などに全力で取り組んでまいります!

[公明新聞] 待機児童がゼロに
http://www.komei.or.jp/km/tokyo-nagahashi-keiichi/2017/05/25/taiki_zero/

待機児童がゼロに

公明、保育の受け皿拡大進める

東京・豊島区

 東京都豊島区の高野之夫区長は24日の月例記者会見で、同区の保育所待機児童数が4月1日時点でゼロになったと発表した。厚生労働省の基準(3月31日付)に基づくもので、23区では千代田区に次いで2例目。

 同区は、日本創成会議が2014年5月に発表した人口減少による「消滅可能性都市」に、23区で唯一リストアップされた。これを受け、認可保育所を新たに22カ所整備するなど、待機児童対策を講じてきた。高野区長は「この3年間で保育の受け入れ枠を2028人分拡大した」と述べた。

 一方、区内の入所希望児童数(保育需要数)が年々増加している状況を踏まえ、高野区長は来年度に向け、認可保育所を最低でも13カ所(定員780人以上)新設する意向を示した。

 都議会公明党の長橋けい一都議(都議選予定候補=豊島区)は、党区議団と連携し、都が進める空き家・空き室を活用したスマート保育所(小規模保育所)の都内第1号を区内に開設するなど、一貫して待機児童対策を推進。長橋都議は「今後も保育ニーズを的確に捉え、保育人材の確保や多様な受け皿の拡大などに全力で取り組む」と語った。

「公明新聞」2017年5月25日付

子どもを保育所に預けたくても、定員がいっぱいで預けられないという待機児童問題が深刻です。 この投稿の続きを読む »

LINE@
友だち追加
facebook
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
東京都 長橋桂一
nagahashi@togikai-komei.gr.jp