本日、公明党豊島総支部の青年部とともに高野区長にまちづくりの政策の申し入れに行ってきました。

青年部はこの春から「“勝手に”豊島向上委員会」というプロジェクトを立ち上げ、豊島区のまちづくりに若者の視点を活かそうと、アイデアを募集する活動をつづけていました。

このたびの申し入れでは、アニメやマンガ、映画、ラーメンなど、豊島区のさまざまな資源を活かした、まちづくりの提案をはじめ、若者の起業・出店の誘致や、区立施設・公園への無料Wi-Fiスポットの整備、高齢出産へのサポートなどを区長に提案しました。

区長は、豊島区の人口で一番増加しているのが25歳~39歳ということを挙げ、「若者を呼び込めるだけの魅力を持つまちにしなければならない」と述べ、「(いただいた提案は)豊島区の政策とぴったりと合う課題であり、しっかりと進めていきたい」と、大変に前向きに答えてくれました。

若者たちが豊島区を愛し、ずっと住み続けたいと思えるまちになるよう、私も全力で取り組んでいきたいと決意をしています!

■「“勝手に”豊島向上委員会」facebookページ
https://www.facebook.com/toshimakoujou.iinkai

すばらしいので、ぜひのぞいてみてください!

━━━━━━━
長橋けいいちメルマガのご登録はこちらから
http://www.komei.or.jp/km/tokyo-nagahashi-keiichi/mail/
━━━━━━━

コメントは受付けていません。

LINE@
友だち追加
facebook
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
東京都 長橋桂一
nagahashi@togikai-komei.gr.jp