さて、2月20日県議会代表質問にて、新型コロナウィルス対策について取り上げさせていただきました。その2日後に、県内において感染者が発生しました‼️県は、同日対策本部会議を開催し、感染者はクルーズ船の乗客の一人で、19日過去において陰性であった方が、発熱後検査をした結果、陽性となったことが判明しました。現在、指定医療機関に入院中で治療中です。また、同日県内へ下船された7名の再検査と感染者の濃厚接触者について、検査を行い確認中であります。25日、福田知事あてに、12項目にわたり緊急要望書を提出し、感染拡大防止と感染者の重症化予防、マスクの供給体制や受験生に配慮した学校行事の運営などを要望させていただきました。

 本日、第362回栃木県議会通常会議において、代表質問をさせていただきました。会派を代表し、7項目質問させていただきました。その中で、昨年本県重大ニュースの第一位となりました台風第19号の豪雨災害について、取り上げました。県内4市町8箇所の避難所が、浸水し再避難を余儀なくされました。避難所のあり方をよく検討し、県が市町と一体となり二度と避難所からの再避難する事がないよう対応することを求めました。

さて、2月13日は何の日か、ご存知でしょうか?誰かの誕生日かな、それともバレンタインデーの前日。全く違います‼️2月13日は、数字のあたまの文字をつなげて、(に)ほん(い)(さん)の日と決まりました‼️ 東京有楽町駅前にて、日本遺産PRイベントが開催され調査研究して参りました。
現在、全国で認定された日本遺産は、83であり、文化庁は100箇所を目標に進めております。本県では、3ヵ所が既に認定を受けており、その内の2ヶ所が、PRイベントに参列し多くの方にアピールしてました。私も2ヶ所のブースに駆け付け、大谷石の石造り、明治の那須野が原ロマン探訪へどちらも一生懸命、頑張っておりました‼️皆様、一丸となって観光誘客に取り組みましょう‼️

2020年初となる全国県代表協議会が、開催され参加させていただきました。
新たな10年のスタートとなる、大切な本年を山口党代表をはじめチーム3000一致団結してすべての闘いを大勝利する決意をさせていただきました。
4月には、中国習近平国家主席を国賓に迎え、6月には、沖縄県会大勝利、7月東京オリンピック・パラリンピックを滞りなく開催できるよう現下の新型コロナウィルスの感染防止、早期終息へ全力をあげて取り組む決意を、固め合いました。防災・減災対策を社会の主流に、全世代型社会保障の更なる進化、経済の再生などの政策を進めて参ります‼️どんなことがあっても、なにがあっても公明党支持である人を作るため、公明新聞啓蒙、日常の党活動、議会活動の充実を地道に着実に頑張って行くことを確認させていただきました‼️

1月のある日、弾丸低気圧が日本上空に二つ現れた珍しい冬の天気図。南岸低気圧は、よくあることですが、北側にもうひとつあるのは、ちょっと怖いことから、案の定寒気とあいまみれ、雪、霰、霙が日本中を襲い、雷や突風など冬とは思えない天気となりました。その翌日、低気圧も北日本及び北海道へと移動し、御覧のような天気となりました。宇都宮市から北側、西側にかけて久しぶりに素晴らしい虹が表れました。日頃、忙しいことを理由にゆっくり空など見ることがないことを、反省し心にゆとりを持つことが、大切だと改めて感じた1日でした。

今月は、2020年(令和2年)の開幕となることから、多くの新春の集いに参加させていただいております。また、令和の新元号となって初の年でもあり、多くの国会議員初め、県内各種団体様が目白押しで素晴らしい一年となるよう力が入っている感じがします。そのような中、先日は、地元宇都宮市長佐藤栄一様の新春の集いに、お招きをいただき御挨拶させていただきました‼️昨年、全国政令市、中核市、県庁所在地市、区162都市の中で、子育てしやすい、共働きしやすい街第一位に輝いた実績は、佐藤市長の功績であり、私たちも県議、市議が共に、一般質問、委員会等で意見要望し、予算編成に関わって成し遂げた子育て支援、移住支援、企業誘致、公共交通の充実など、進めた結果です‼️本年11月には、審判を下す選挙を控えていることもあり、気力、体力ともご相談の上、御出馬の決意があるのであれば、私たちも真剣に検討させていただきます。スマートシティ、全国モデル都市『宇都宮市』を目指す大切な年のスタートです‼️

本日、公明党議員会より2020年度県政への予算要望を福田知事宛に提出し、県政記者クラブにて記者会見させていただきました。7分野32項目にまとめ集約し、私を含め野澤、西村両議員のお力添えをいただき提出しました。特に、私からは関係人口のフル活用による人口減少対策、地域課題解決へデジタル化の推進、自転車先進県とちぎづくり、東京オリパラ・いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会へレガシーによるとちぎ創生、CSF感染防止対策などを要望しました‼️今後、代表質問、予算委員会、常任委員会等で、具体的提案や質問、要望して参ります‼️

さて、2025年は団塊の世代が75歳となることから、住まい・予防・生活支援・医療・介護など地域包括ケアシステムを全国各地の中学校区単位で構築していく必要があります。宇都宮市においては、地域包括支援センターを中心に、医療スタッフである医師、歯科医師、看護師、薬剤師、介護スタッフであるケアマネージャー、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、栄養士、その他患者及び家族の生活スタイルに応じて必要なスタッフが入り、多職種連携を進めます。ピアという映画には、仲間という意味があり、患者及び家族の生きざま、生き方をサポートするため、さまざま職種のスタッフが、お互いをリスペクトししっかり連携することが重要であることを教えてくれます‼️主催である、日本医師会推奨の映画を観賞して、地域包括ケアシステムの深化に更に尽力して参ります‼️

先日は、宇都宮駐屯地において、栃木県隊友会新年会が盛大に開催され、来賓の一人として参列させていただきました。自衛隊と国民、県民をつなぐ架け橋として活躍されている自衛官OBの皆様には、常日頃より、国民及び県民の安全安心を日夜守っていただき本当にありがとうございます。そして、昨年10月に発生した台風第19号はじめ地震や様々な自然災害において、自らの命を惜しまず災害対応に尽力されておりますことに、大変感謝申し上げます‼️本年一年間も、隊友会の皆様の御健勝、御活躍を心より御祈り申し上げます‼️

本日、恒例の日本抜刀道新年会にご招待いただき、参列させていただきました。昨年9月には、栃木県が誇る鹿沼市にあります英信館で全国並みいる流派が、参加されて盛大に開催された場所であり、本年も関東エリアより、埼玉県、群馬県、茨城県そして遠くは、東京都からも参加されて行われました‼️
本年は、宇都宮市西川田に新築された新武道館にて、さらに盛大に全国大会が開催されることを心より、楽しみにしております‼️日本抜刀道連合会の益々の御発展と会員の皆様の相互交流が、益々深まることを、御祈念させて御祝いの言葉とさせていただきます‼️