menu

2019/9/1(日) 今日は「防災の日」兵庫県でも、たつの市 揖保川の千鳥ヶ浜河川敷を利用して、中播磨、西播磨の播磨広域合同防災訓練が午前10時から開催されました。ドローンでの被害状況調査訓練や転覆した車の乗員救助、ヘリコプターによる、重症者の広域搬送など日頃出会わない状況の訓練を見せて頂きました。展示場ブースでは、治山林道協会の土砂災害のシミュレーションや陸・海自衛隊の救助方法、気象庁の津波 地震などの災害対策の話をお聞きしました。会場に参加した。県、市町議員、各市町長の中に公務で出席出来ない、公明党 伊藤孝江参議院議員、高橋光男参議院議員の代わりに秘書の方にお会いしました。公明党県議では、今年度 警察常任委員会 委員長の坪井謙治さんが、参加しておられました。

令和元年8/25(日)13:00から、激戦の参議院選挙を勝ち越えて、兵庫県公明党議員が夏季研修会に集い会いました。司会は姫路市会の中西よしこ議員が担当し、初めに、参院選で勝利した、高橋みつお参議院議員から御礼と決意の発表がありました。研修は、消費税引き上げについてと、機関紙の電子版活用法についてでした。参院選の本番機関に自身も候補者でありながら、4度も兵庫に来て下さった。山口代表も出席して下さいました。赤羽県代表と共に決意を新たに前進して参ります。

2019/8/22(木)15時から赤とんぼ文化ホールの会議室で西播磨地域の政策要望会が行われました。公明党県議団が中心で各地域で開催しています。今日は、たつの市、宍粟市、太子町の担当日で、それぞれの首長か代理の部長が出席して、県議団に対して要望を行います。遠藤西播磨県民局長がオブザーバーとして出席して頂き、たつの市からは市の理事でもある菅原企画財政部長が出席してくださいました。本市の要望である、揖龍南北幹線道路の整備推進、播磨科学公園都市の建設推進、本竜野停車場線道路の整備推進が1日も早く進むように共に要望しました。

令和元年8/20(火)担当委員会で揖西町の菖蒲谷森林公園で行われています。
森林スポーツ活性化事業の現地視察を所管の部長、課長の説明を聞きながら、現地に伺いました。近年の菖蒲谷は森林スポーツに力を入れて、BMXのオリンピック強化選手の練習場にもなっている、マウンテンバイク(MTB)コースや年に数回開催される、スイム、バイク、ランのある、オフロードトライアスロンの隠れたメッカともなっています。色んなクラスもありますので、体力に自信のある方は挑戦してみてはどうでしょうか。

7/15祝日 今日は海の日です。午後2時から、神戸大丸前で菅内閣官房長官を迎えて、高橋みつお街頭演説会があるということで、午前中に高橋みつおさんの支援のお願いして、神戸の街頭演説会場に向かいました。大丸前では溢れんばかりの人だかりで、伊藤孝江参議院議員の司会で始まり、後援会長の上組 久保会長も壇上におられました。菅官房長官が最後に挨拶をされ「高橋さんは世界の経験を持ち、兵庫魅力を発信する専門家。大接戦の高橋さんをどうか勝たせてください」と応援して下さいました。

7/12(金)たつの市赤とんぼ文化ホールで、高橋みつお候補の個人演説会が19時30分から行われました。来賓には、近隣の首長、議長、応援に公明党から元 国土交通大臣 太田議長や伊藤孝江参議院議員、自民党 山口 壮衆議院議員が来てくださいました。外交官と云う、生涯の仕事を辞めて、全国の公明党候補者の中で、一番きびしい兵庫選挙区に挑戦した高橋みつお候補、公明党より公認を承けて一年間、連日の訪問活動、街頭でのご挨拶などで、喉もかすれ体力も限界でしょうが、疲れを見せぬ笑顔で参加者の皆さまと握手を交わしておられました。高橋候補と共に兵庫 誓願の1議席、必ず勝ち取りたいと思います。皆様よろしくお願いします。(写真は、高橋候補、伊藤参院議員、近隣市町の公明党議員と共に)

令和元年7/11(木)石井国交大臣に対し播磨地域道路関係5団体合同要望会が午後1時から行われました。来賓として、石井大臣のほか松本剛明衆議院議員と濱村 進衆議院議員も出席しておられました。要望のあった播磨臨海道や姫路北バイパスなど、完成すれば姫路
加古川バイパスの慢性的な渋滞が解消されて播磨の方々や阪神間の皆さんにも、喜んで頂ける事と思います。これも自公連立政権で地に足の着いた安定した政治をおこなって行く事が必要だと思います。松本剛明衆議院議員も挨拶の中で今回の参議院選挙に触れ「自民党からは加田さん公明党からは高橋さん、共に勝利しこの兵庫も安定した政権をお願いします」と訴えて下さいました。まだまだ厳しい高橋みつお候補をよろしくお願いします。

7/7(日)13:30から公明党の街宣カーで来る7/21の参議院選挙の候補者、高橋みつおさんを訴えさせて頂きました。高橋さんは、外交力、交渉力に長けた、兵庫県には無くてはならない方であると思います。どうか皆様のお力で国会へと送り出して下さい。よろしくお願いします。

6/30(日)19時からは自民党 山口晋平県会議員の時局講演会に高橋みつお候補も挨拶させて頂けると云う事で、要員として18時にたつの市経済交流センターに伺いました。公明党から濱村衆議院議員も同行、山口晋平県議が挨拶の中で、高橋みつお候補事に触れ、学年は違うが自分と同じ42才 へび年生まれで、お会いしたが親近感のある候補、外交官と云うと華やかなイメージがあるが、高橋候補はアフリカやブラジルで外交を行い、アンゴラではマラリアにかかりながら地雷の撤去、マールブルグ病というエボラ出血熱同等の致死率のある病気が流行している場所で、人道復興支援に取り組んできた候補で、ブラジル時代は福島の風評被害で輸入制限がかかる中、ブラジル政府に解除の要望、安倍総理に直談判して見事、輸入制限解除を勝ち取ったエピソードをふまえ自公で2議席、高橋みつおを勝たしてほしいと訴えてくれました。山口晋平県議会議員ありがとうございました。高橋みつお どうかよろしくお願いします。

6/30(日)9時から姉妹都市提携30周年の記念式典が赤とんぼ文化ホールで開催され、引き続き 第35回童謡の祭典 三木露風生誕130年祭も行われました。たつの市と安芸市は、平成元年4/26に姉妹都市提携を結びました。以来30年間、童謡を初め、様々な分野の交流を通じ、この度30周年の記念式典の開催に至りました。童謡の祭典では、多くのコーラスグループが出演し、たつの市出身の三木露風「赤とんぼ」安芸市出身の弘田龍太郎「浜千鳥」などの詩を聴かせて貰いました。昼からは、国民宿舎 志んぐ荘に移動して記念レセプションに出席しました。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
たつの市 畑山剛一
hatayamapainting@sunny.ocn.ne.jp