menu
バックナンバー 2017年 3月

3/31(金)、今日は冷たい雨の降る中でしたが、たつの市の播磨新宮駅と播磨科学公園都市テクノと上郡駅をむ結ぶ「てくてくバス」のお披露目式と市民乗り合いタクシー「あかねちゃん」の市内全域運行出発式が、開催されました。「てくてくバス」の命名は公募で、市内の小学生が愛称大賞を受賞しました。
「あかねちゃん」の車のカギの贈呈は小宅南幼稚園と半田幼稚園の園児が運転手に贈呈して、風船飛ばしもしてくれました。本当に寒い一日でした。

3月19日(日)国道2号門前西高架橋完成をお祝いする会が15時より揖保小学校で行われました。式典の後、完成した門前西高架橋に移動してテープカットや地元小学生がバルーンリリースしました。暖かい春の日和でした

3月19日(日)9時30分から生きがいセンターのおまつりが始まりました。オープニングでは、高齢者ダンス講座生による「マツケンサンバ」のダンスが披露され、会場ではたくさんの作品が展示されていました。

3月11日 土曜日、総合文化会館 アクアホールで18時から、長谷川萌子さんの師でもある、日本を代表するヴェルディバリトン翁長 剛氏を沖縄から招いて初のリサイタルが行われました。
声楽を初めて10年の節目でのリサイタルだそうです。13曲、歌われましたが、特に日本語の曲、鹿島鳴秋 作詞、弘田龍太郎 作曲「浜千鳥」竹久夢二 作詞、多忠亮 作曲「宵待草」北原白秋 作詞、山田耕筰作曲「この道」などはとても良かったです。長谷川萌子さん、満員の会場に拍手喝采、リサイタルの成功本当におめでとうございます。

3月5日(日)、前 たつの市教育長 苅尾 昌典 氏を委員長として発足された祝賀会に出席しました。
あらゆる差別をなくし、「一人ひとりの人権が大切にされるまちづくり」が進むように願って開催されたそうです。たくさんの方からの祝辞がありましたが、栗原市長の挨拶で、平成18年にたつの市は「人権尊重都市宣言」した10年後に部落差別解消推進法が成立、施行されたことは、誠に意義深いものであると語られておられました。

2/26 午後からは、たつのライオンズクラブ結成55周年記念の式典に出席しました。オープニングから龍野東、西中学校の吹奏楽部による、記念演奏がありました。マーチ「赤とんぼ」やカーペンターズ、thing.thing.thingなどを演奏、今 人気の恋ダンスも披露してくれ、海外からの式典の参加者も悦ばれていたように思いました。式典の後半にアイバンクの方からの話があり、年間5千人の患者のうち半数の方が角膜移植を受けられるそうで、アイバンクの登録者は20年前の2割に減ってしまっているそうです。一人の提供者から一つづつ貰って二人の方の目が見えるようになるとの事でした。私も何かあった時は誰かの光りになれるよう、まずは登録しなければと、思いました。

平成29年2月26日(日)
昭和45年から消防団として活動され、平成28年までの10年間、新たつの市の消防団 団長として長きにわたり地域の防災に取り組んでこられました。その功績を讃えられ、このたびの受章に至られた事と思います。
受章の挨拶もご自分の言葉で語られて心に響く挨拶であったと思いました。
本当におめでとうございます。また、ご苦労様でした。
地元音楽家のピアニストの岩崎 宇紀さん、ヴァイオリニストの高原 里紗さんの演奏もとても素晴らしかったです。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
たつの市 畑山剛一
hatayamapainting@sunny.ocn.ne.jp