Archive for 2016年 10月

 今日は。佐井 あきこです。
 10月は、乳がん撲滅への早期発見、早期治療を呼びかける「ピンクリボン月間」です。昨日、上富田町、田辺市内で、「乳がん検診受診」を呼びかける街頭演説をさせていただきました。
 ピンクリボンの始まりは、アメリカの乳がんで亡くなられた患者のご家族が「このような悲しい出来事が繰り返されないように」と願いを込めて作ったリボンでした。
 公明党は、国民の皆様の命と健康を守るために積極的にがん対策に取り組んでまいりました。女性特有の「がん」対策にも力を入れてきました。生涯に乳がんを患う日本人女性は、12人に1人、と言われています。
 公明党は、乳がんの早期発見に有効なマンモグラフィーの配備、乳がんを含む「女性特有がんの健診無料クーポン」を提案し、健診対象者に無料クーポン配布を実現しました。
 欧米などでは、健診率の向上により、死亡率が年々減ってきています。逆に日本では、受診率が伸びず、年々死亡率が増加傾向にあります。乳がんは、早期治療すれば、治癒率の高い「がん」です。
 自身のためにも、ご家族のためにも、定期的な「がん検診」を心がけましょう!
(写真は、新庄公園 満開のピンクのコスモス)

 10月6,7日両日に渡り、平成27年度の決算委員会が開催され、私の所属する産業建設委員会の所管の決算は認定されました。
 公明党和歌山県本部が取り組むことになった「学校施設の防災点検」で市内の小中学校を訪問しています。私の担当する地域は、主に山間部で、18校担当していますので、空いた時間に回らせていただいています。備蓄、避難所運営、防災教育等々についてお伺いしています。
 先日は、夕方、大坊を訪問いたしましたが、市街地、田辺湾を望む景色があまりにも美しく、しばらくパノラマを楽しみました。

 本日、和歌山市において、公明党和歌山県本部大会が開催され、新しい体制で出発いたしました。
 
 ご来賓に、二坂県知事、佐藤茂樹衆議院議員、浮島とも子衆議院議員をお迎えし、盛大に開催されました。
 二坂知事からは、連立政権の中で、公明党が良識を発揮し、安定した運営がなされているとのご挨拶をいただきました。
 佐藤、浮島議員からは、「小さな声を聴く力」としての公明党の存在感、補正予算の概要の説明をいただきました。消費税を上げるまで待つのではなく、無年金者救済のため、25年の納付期間を10年に短縮、子育て、介護の環境整備、中小企業・小規模事業所の経営強化、生産性の向上のため、「革新的ものづくり」支援等、公明党ならではの取り組みが盛り込まれた補正予算となっています。

 今日は。佐井あきこです。10月に入ったと言うのに、今日も強烈な暑さです。皆さん、体調は大丈夫ですか?
 昨日、和歌山大学南紀熊野サテライトの学部開放講座「地域づくり戦略論」の第1回目の講義が秋津野ガルテンで開講されました。学部生、観光学部の1年生から、院生まで30人、一般20人。人気の講座で一般の20人は、すぐにいっぱいになったそうです。
 午後いっぱい2講座、終了後、交流会。学生さんたちと交流させていただく機会なんて滅多にないので、喜んで参加いたしました。
 やっぱり若い人が多いと活気が違います。講座はもちろんですが、今の若い方々の考えなども学ばせていただき、大変貴重な楽しい時間でした。学生さんたちが、さりげなくお酒を勧めたり、積極的に話したりとスマートだなあと思いました。感心したのは、学生さんたちが一次会を終え、みんな男女とも、さっと片付け二次会の準備を始めたこと。特に女性はソツなく、しっかりしているなあ・・・と。
 若い方たちが帰ってきたいと思える田辺市、若い方たちが移り住みたいと思ってもらえる町づくりの勉強のため参加させていただいていますが、自己紹介の時、院生の一人が「熊野ツーリズムビューローに就職決まりました!」と話されたときは嬉しかったですね。長く勤めていただけるよう、私たちも頑張りたいと思います。

 今日は。佐井 あきこです。10月を迎えたと言うのに猛暑が続いています。皆様、体調はいかがでしょうか?
 9月6日に開会されました議会も、29日閉会となりました。今議会の補正予算の主なものは、田辺市斎場の建て替えのための計画等、町なか「ポケットパーク」の整備にかかる費用、市庁舎移転にかかる調査のための費用でありました。
 最終日に提出させていただきました「給付型奨学金の創設および無利子奨学金の拡充を求める意見書」が全議員のご賛同をいただき、国の方へ提出させていただくことになりました。
 伸びていた今月の「世界遺産の追加登録」が待ち遠しいところです。
 

Twitter
外部リンク
サイト管理者
田辺市 佐井昭子
saichan830@yahoo.co.jp