Archive for 2010年 9月

 以前からご相談をいただいている「成人T細胞白血病」で治療中の女性とお会いし、お話を伺い資料を頂きました。

 浅野元知事がこの病気で闘病中、骨髄移植を受けたことが公表され、「ATL」が大勢の方々の知る所となりました。

  この病気はHTLV-1と言うウイルスが原因で発症し、生存期間中央値13ヶ月と言う恐ろしい白血病の一種です。しかし、この女性は発症して8年、この病と戦っておられます。 現在の唯一の治療法は骨髄移植だそうですが、それも危険を伴い、100パーセント完治ではないそうです。

 治療法の確立、治療薬の発見、骨髄移植のドナーの問題や治療費の軽減。公明党も患者団体の皆様と毎年、総合対策を政府に要望してまいりました。今月やっと特命チームを作り、進める事が発表されました。

 チームが一日も早く対策を実現できるよう、公明党国会議員と連携しながら頑張ってまいりたいと思います。

 「国際ソロプチミスト和歌山紀南」の南部高校の「農業クラブ」を支援する認証式に出席をいたしました。

 南部高校は、「南高梅」の発祥地です。農業クラブは、生産技術、園芸科の生徒さんたち240人が、生物工学クラブ、加工クラブなど7つのクラブに所属し、地域に根ざした活動をされています。 毎年、クラブの競技会で近畿大会や、全国大会に出場されているようです。

 ソロプチミストではこの活動を支援しようと、その認証を行ったものです。メンバーの皆さんは、命をつなぐ農業の研究、実習、地域に根ざした活動に励まれるクラブの生徒の皆さんを応援出来る事を大変喜ばれ、今後の交流も楽しみにされています。

 私も未来に羽ばたく高校生と交流の機会を持たせていただいたことに感謝をしています。先日も町内の敬老祝賀会で、工業高校の校長先生とご一緒になり、お話しをお伺いする機会を得ました。先生から、「内の生徒の就職率は、ほぼ100パーセント。求人も6,6倍(県外含む)」と言うお話を聞き、職業高校の生徒さんの活躍に明るい光を感じました。これからも交流の機会を持つことが出来ればと願っています。

 9月の議員総会が、いつものように和歌山市で開催されました。白浜、上富田の議員さんと一緒に参加。

 県本部長の西議員が出張のため、山本かなえ議員が出席。国会の動き等について報告がありました。

 その中で「公明党の強みは何か」と言うお話になりました。ある選挙での外部の方のご挨拶の話を引いて、「気軽に何でも相談できる。」と言う信頼感と「足が鉄板になるまで現場を歩く戦い」との言葉を聞きながら、「そうや。まだまだや。私は・・。」と心につぶやきながら帰ってきました。

 いよいよ党員登録が始まります。また党員の皆さんと一緒に、公明新聞の推進、来年の統一地方選に向けて頑張りたいと思います。皆さん、大変お世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

独り言

 和歌山で高速に乗ったのは3時ごろ。下りが渋滞。せっかく観光で紀南に来ていただいても、帰りがこんなに渋滞では、リピーターになって貰うのは難しい。一日も早く、4車線化に!!

 関西の公明党女性議員の研修が行われ、大阪に行ってまいりました。大阪を除く(大阪は8月に開催済み)各県の女性議員が集合し、半日の研修を受けました。

 内容は、池坊議員、山本かなえ議員を講師として、「児童虐待」「児童ポルノ」「女性政策」についてでありました。

 「児童虐待防止法」の平成23年改正に向けての課題、継続中の女性政策の現状と今後の課題など具体的でわかりやすものでした。

 これらの課題について、市の現状を把握し、継続に向けての取り組みをしっかりしてまいりたいと思います。

 このような研修は初めてで、他府県の議員さんの活動をお伺い出来、大変刺激を受けました。福祉の党「公明党」、教育、平和の党「公明党」の議員としてさらにしっかり勉強し、「公明チーム3000」の団結力で、「声の届く政治の実現」に全力で取り組む決意で帰ってきました。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
田辺市 佐井昭子
saichan830@yahoo.co.jp