田辺国際交流協会主催の「ジンバブエの音楽公演会」のお手伝いをさせていただきました。ジンバブエの音楽グループ「ジャナグル」のメンバー6人、7歳、11歳、15歳の子供たちと先生が35時間かけて、ジンバブエから和歌山県へ。(全国ツアーの一環)

ビッグ・ユーでの公演会に続き、市内、周辺地域の小中学校での交流音楽会。ジンバブエの紹介やメンバーの活動を伝える展示。「ジャナグルアートセンター」の設立者高橋朋子氏より、ジンバブエや曲についての紹介。

1時間くらいの民族音楽、踊りの披露の後、質問の時間。驚きました。次から次へと「はい、はい、」と手を上げるのです。「みんな聞きたいことが一杯あるんだな・・。」と感心。

そして圧巻は、最後にみんなで踊ったダンス。体育館一杯に、300人くらいの生徒と、先生と、そしてボランティアの私たち。みんな汗だくになって踊りまくり。どの顔からも笑顔がこぼれていました。「ストレス発散や」と踊った後は、気分もすっきり。

今日の小学校では、ランチルームを控え室に使わせていただいたのですが、給食を食べ終えた生徒たちが来るわ、来るわ・・メンバーの周りに集まっ て、英語で話しかけたり、じゃんけんをしたりとまったく人見知りしない様子にも驚きました。他の学校での公演も同じようだったそうです。生徒や子供たちに とって忘れられない思い出となり、遠いの世界への関心も広がったことでしょう。

もうひとつ面白かったこと、校長先生と歩いている私に、子供たちが「ハロー」と話かけてきたこと。小麦色の私から、きっとジンバブエ人だと思ったのでしょう。私も「ハロー。How are  you?」と満面の笑顔で答えておきました・・・。

「ゆず」がアフリカの難民キャンプで暮らす若者たちの音楽コンテスト」を企画し、世界デビューを応援する言う話題がニュース番組で紹介されていました。日本人が携帯などで見て聞いて優勝者を決めるそうです。難民キャンプで暮らす若者が、唯一希望を持てるのが「音楽」だったと言うことから企画をしたそうです。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
田辺市 佐井昭子
saichan830@yahoo.co.jp