Archive for 2009年 2月

 メガホンが届き、一人街頭演説を始めました。出来るだけ、多くの人がいる所でと、定額給付金を中心に「第2次補正予算」について訴えさせていただきました。

 しかし、風がやたらときつく吹き、花粉の飛散にとって最高の天気。夕方帰ると、目は真っ赤になって涙が出るわ、くしゃみの連発。この先が思いやられる・・・・。

 国民病になってしまった「花粉症」。大きな問題です。予防、薬を使わないと仕事も勉強の出来なくなってしまいます。

 休日を待って、中辺路、大塔を走りました。鮎川から、平瀬へ。311で、滝尻から石船、平瀬と向かったのですが、途中やっぱり、鮎川から行った方がよかったかな?などと思いながら、走りつづけてようやく目的地に。そこから、近露へ。

 近露から、第2のふるさと内井川へ。懐かしい方々とお会いし、感謝と感動。もう私が暮らしていた頃とは、違った風景になってしまっているけれど、記憶は、一瞬にして40年前に戻っていく。

 お年を召された方がほとんどですが、お元気で、畑の世話をし、離れて暮らす子供さんたちに野菜などを送る事を楽しみに、日々の生活をおくられていました。一人で頑張れる間は、ここに住みたいと語られ、不便や不安な事も多い事でしょうが、助け合って生活をされているとのことでした。

 とにかく「現場を歩く事」、それが私達の仕事だと思います。

 皆様の奮闘のおかげで、公明新聞「分会3ポイント」見事に達成で来ました。短期間、お忙しい中、本当にありがとうございました。「公明新聞を読んでもらいたい」という党員の皆様、ご関係の皆様の熱意の賜物です。本当にありがとうございました。

 中央では、ぶれたり、政局ばっかりだったり・・・。本当に腹立たしいばかりですが、私たち公明党は、「生命尊厳」「人間主義」で、信念を持って政治に取り組みたいと思います。皆様、どうかよろしくお願いいたします。

 恒例のバレンタインデー、ちゃんと今日届くように、手配済み。

 父や義父には夫婦宛て。父は、甘いものが過ぎないように、母と一粒ずつのショコラ。

 太るのを気にしている娘にも、おしゃれな2粒のショコラ。息子には、それなりの大きさの箱入りを・・・。 夫には、仏壇にお供えして、後で私がいただく2粒ショコラ。

 新聞には、このバレンタインのチョコの需要が、五百十億から五百三十億円と。和菓子、お酒なども便乗して、一千億円規模の市場になっているそうだ。不況どこ吹く風の勢い。

 種類もさまざま。どれもこれも欲しくなってしまう。お値段も100円玉一枚から千円も出せば上等。つい、財布の紐が緩んでしまう。誰でも参加できるというのが強み。貰って嫌な人はいないだろうし、ほんのちょっとした気持ち、日ごろの感謝を伝えるのにも一役買っている。 「一日」記念日を創る事によるすごい効果。この日の物語が、大きな力となっているのだろう・・。

 新聞によると「女性の8割は、バレンタイン時期にチョコをくれた男性に恋心を抱く可能性がある。男もチョコを贈る時代」と。私のところにも届かないだろうか・・・。この1週間「後援会リーフつくり」に頭を酷使して、甘いチョコを食べたい気分・・・。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
田辺市 佐井昭子
saichan830@yahoo.co.jp