Archive for 2008年 10月 7日

 昨日、今日と青年局の皆さんと、早朝、夕方、駅やスーパー入り口で、ビラ配りをさせていただきました。

 都会のように人がどんどん来るという状況ではなかったので、少し物足りなかったかもしれませんが、青年局の皆さん、ありがとうございました。お疲れ様でした。

 さまざまな機会を通して、公明党の政治の姿勢、政策、実績をきちんと伝えていきたいと思います。

 朝の田辺駅は、「合気道の世界大会」に参加されている海外の方があちらから、こちらからとバスに乗るために、宿舎から集まってきておりました。田辺で外国人を見ることは珍しいことではなくなっていますが、これだけ大勢の方々が、歩いているのは、初めての光景でした。

 世界各地から、合気道の講習のため、田辺を訪れてくださったことに、心より感謝と歓迎を申し上げたい気持ちです。たまたま、チラシを渡してしまったため、返してくださった方は、オランダからお見えになったとの事。合気道歴25年だとお聞きし、思わず、「ほー」と感嘆してしまいました。一度、演武を見てみたいとずっと思っていますが、未だに機会がなく、田辺人でありながら、恥ずかしい気持ちです。大会のお世話をしていただいている皆様に、心から「ご苦労様です。」と申しあげます。

 夕方は、スーパーの前で。今日は、なぜか、妊婦さんがとても多かったようです。何かマタニティーのセールでもあったのでしょうか。また、赤ちゃんや小さな子供連れの方も多かった気がします。ちょうど小中学生の帰る時間とも重なり、「こんにちは」と声をかけると、みんな「こんにちは」と返してくれます。赤チャンや、子供たち、妊婦さんと大勢出会えたことに、暖かさ、未来への希望を感じました。

 そして、夜、会議を終えて帰宅し、テレビをつけると「ビッグニュースです」という声。「日本人3人がノーベル賞受賞」というアナウンサーの興奮した声。難しい物理の理論は解りませんが、沈んだ空気に覆われていた日本中に希望をもたらしてくれた明るいニュースに思わず頬が緩みました。

 一生懸命やれば、ひたむきに、情熱を注げば、真摯な態度が、実を結ぶと言うことを示してくれたことは、大きな喜びであり、希望であります。これは、決して特別な人に与えられたものではないということを信じたい。「すべての人に平等に与えられたものであり、誰でも、自分らしく輝けることを信じて欲しい」というメッセージと受け止めたい。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
田辺市 佐井昭子
saichan830@yahoo.co.jp