バックナンバー 2009年 6月

6月議会の一般質問が24()から始まり、今日はその最終日でした。私の出番は昨日でしたが、今回は中心市街地の活性化計画について国保の人間ドックの補助についての2点を質問しました。

 

中心市街地活性化の質問は今回で3回目となる。この春、田辺市中心市街地活性化基本計画が国の認定を受け、今後,様々な事業が具体化していくこととなる。中心市街地の活性化と言えば少し前までは、商業者に対して補助的な政策を行なう事のみがその方策とされてきた。しかし、私はこの数年で商店街が潤うようにというような観点ではなく、30年、50年後を見据えて、再度、市街地人口をこつこつと増やそうとする政策を打っていく事が大事だと痛切に思っている。

中心市街地は田辺市全体にとっての心臓部だ。ここの人口を増加させ、人と人とが接触し、経済活動を上向け、ひいては雇用がうまれる、これらを長い目で達成しと努力していく事は市全体にとっても大きく意義のあることだと私は本当に思っている。具体的事業の評価が難しい計画ではあるが、なんとか知恵を結集して成功させてほしいと、当局に要望する質問とした。

当局からの答弁とがかみ合わず、抽象的な議論で終わってしまったという所は少し反省材料だが、自分の思いを伝える事が出来たのではないかなと思う。

月曜日に6月議会が開会、昨日一般質問の内容についての通告の締め切りがあり、今日はその当局からの聞き取りがありました。

 

現在、本当に多くのこまごまとした市に対する要望を抱えている。議会での質問としたい事もたくさんあったが、資料を揃えて、確信を持って望めるというものに絞った。

今回は中心市街地の活性化に向けての具体的な事業について、今感じている事や要望を伝える事と、40歳以上の国保の人間ドッグへの補助の再開を要望する事の2点の質問とした。特に1点目については議論したい事が本当にたくさんあるが、しっかりと的を絞って意見を述べようと思う。

選挙後初の一般質問となるが、26人中、11人の通告があったようだ。それぞれの立場から様々な内容の質問が予定されているようで本当に楽しみにしている。自分の出番は25日と決まった。質問原稿はいつも、早く書かなければと思いながらぎりぎりにならないと仕上がらない。今回は、もう今日から取り掛かろうと思う。はい、これを書き込んでいる今はそう思ってます・・・・

6月議会に向けて、議会日程等を話し合う議会運営委員会が開催されました。

15日開会、77日閉会の日程が決定、又一般質問の通告締め切りは16日等々の日程も決まりました。そろそろ質問の準備をはじめ、考えをまとめておかなければならない状況です。今回は聞きたいことや、要望したい事が本当にたくさんありますが、しっかりと資料を揃えたうえで、自分の考えに確信の持てる項目何点かに絞り込みたいと考えています。あれもこれもと、はやる気持ちのまま議会を迎えた時のほうがかえって、浮き足立ち、説得力のない質問に終わったという事を過去に何度か経験しました。選挙後の一発目の議会だからこそ、しっかりと落ち着いて議論をしようと思っています。

とはいえ、市長、議員共々、任期始めの議会です。この4年間に対するヴィジョンや思いが様々な意見や答弁に表れてくるでしょう。定例議会はいつもエネルギーのいるものながら、今回は楽しみにしている部分も大きいです。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
田辺市 小川浩樹
ogawahiroki_66_1016@ybb.ne.jp