バックナンバー 2007年 12月

 昨日の夕方から続いていた大掃除もようやく午後7時半に終わりました。

お世話になった皆様、今年1年間本当に有難うございました。ここ何年かのうちでは本当に色んな事を経験した年でした。今年の初頭に決めたのはあせらず、おごらず、落ち着いて、おおらかな態度でという事でした。どこまで出来たがわかりませんが少しは成長できた年ではなかったかなと思ってます。議員としても6年目に入りました。色んな意味で慣れてきた所でもあります。又心機一転来年も頑張ります。皆様、どうぞよいお年を。重ねて本年1年間の御礼を申し上げます。有難うございました。

 26日に紀南病院組合議会があり、H18年度決算が認定された。これで本年の公的な会議は最後だった。昨日は役所の御用納めで、年を越す事になった相談や要望についての調べ物や役所の回答等を頂き、今年の役所での仕事も終わった。明日、南部の方と上芳養の方から頂いた相談の進捗についてお話をしに行き、加えて何件か家庭訪問もしようと思う。これで、今年の全部の活動を終える。明日の夕方からは延々と大掃除だ。この二日間も気が付けばあっという間に終わっているでしょう。

 公明党田辺支部は旧田辺市、旧龍神村、みなべ町を範囲としているが、みなべ町(旧南部町と南部川村)には公明党の議員がいない。普段、現場でお話をうかがう機会はほとんどないが、特に南部川村の川上の方はほとんど土地かんもない。今回の訪問運動に背中を押される形で地図を片手に20件ほどのお宅を、滝、高野、鳴の瀬、清川等々順に訪ねた。

それぞれの字ごとにその地形や住んでる方の年代により、雰囲気が違う。話の内容以上に、足を運んで一日費やした事が勉強になったと思う。

皆さんからそれぞれ野菜をお土産に頂き、帰る頃には車の助手席が一杯になるほどだった。妻は「何しに行ったの」と言いながら喜んでいた。

 12月議会最終日、朝10時から建設消防委員会があった後、午後1時からの本会議で全ての議案の採決があった。

後期高齢者 (75歳以上の高齢者)の医療制度の充実を国に求める為の意見書議案では、それについての賛成の討論を、共産党が反対する介護事業の議案でも、その議案についての賛成の討論をそれぞれ用意していたが、他の議員が私の考えていたのとほぼ同趣旨の発言をおこなったので手をあげなかった。どちらかというと、大きな論争のなかった議会だった。

公明党田辺市議団で、低所得者の方や障害者世帯等に、灯油購入費に対する補助制度を緊急に創設して欲しいという要望を市長に申し入れた。高騰するガソリンによる生活費圧迫に対する一つの取り組みだ。

 ろうきん3Fにある会議場で本年最後の田辺支部の支部会が開催されました。

本年1年の御礼や総括、現在の国会の状況、又、田辺市議会を通じて感じている事等々、三人の議員が三様にお話をした。質疑応答では、道路特定財源についてや、救急病院の輪番制などについて質問があった。色んな話があり、会合の時間が思ったよりも長くなったが、ともあれ、党員の皆様、本当に有難うございました。

「年始に決意した事を年末になって考えてみて、成長したと自負できるか、又、次の年始に決意しなおすか・・・時間の流れというのは、積み重ねにもなり、又、逆に惰性にもなる」というお話を先日伺った。

自分はどうか?とりあえず、やるべき事を年末まで全力で・・・

 公明党の和歌山県議員総会が和歌山市であった。現在の国会の状況や進めるべき政策等についての話などがあったが、今回は特に質疑応答に多くの時間を費やした。C型肝炎患者の方の救済についての具体的な質問や、学校校舎耐震化を含めての防災の話等々多くの議論があった。私も、年金記録問題について聞いておきたい事があったが時間が無く、会合終了後に直接、西衆議院議員と20分ほどお話をした。市民の皆さんの憤りはもちろんで、その事を伝えておきたかったという動機もあるし、又、事実と報道とのギャップも冷静に理解をしておきたかった。火曜日にある田辺支部の党支部会でこの事を話そうと思っている。

12月議会も明日、建設消防委員会の審議があった後は金曜日の本会議のみで、そこで全ての採決をし、終わりとなる。あっと言う間にここまで来たが、まだ年内にしなければならない事を多く残している。頑張ろうと思う。

 今日は一般質問の最終日で、その最終日の最後が私の番でした。

教育現場での事について、いじめ不登校問題や、教職員に対する教育委員会のバックアップ体制、アレルギー疾患の児童生徒への対応などを聞き、又、災害時の避難指定場所となっている学校施設の機能整備についても質問した。

一昨日、他の議員と教育長の議論の中で感じたことがあり、教育とは子供が心身ともに健全におおらかに育ち、将来自分の考えをもって社会で生きていく為のその土台を作る為のものであり、又、それ以外の目的はないと思っているという考えを述べた上で、今、世間にある教育論争についても、あまりに現場の児童生徒が置き去りにされているものだという意見を言った。

 今日は三人の議員の登壇があったが、そのうちの一人は私と、いじめ不登校についての質問の内容が重なった議員で、又、もう一人の議員からも教育に関する質問の中で、自分の質問の中で議論すべきと考える話があった。教育の問題については書きかけた原稿を再考する事に決め、又、今、一から書いています。

 今日から一般質問がはじまった。今議会は15名と多くの議員が登壇するが、今日は4名の質問があった。私の登壇は木曜日で一番最後の15番目だ。なかなか原稿が進まないが、他の議員の質問を聞いているとだんだん、気持ちが入ってくる。頑張ります。

訪問対話運動を続けているが、本当にたくさんの要望を伺っている。普段から連絡を頂いてのお話はたくさんあるが、自分が足を運んで聞けば、その何倍もの要望が現場にある。年末までのこの運動は本当に意味のあるものだ。

  12月議会での自分の一般質問の原稿がなかなか進まない中だが、今日は一日、訪問対話運動をした。朝から晩までみっちりと32件のお宅や会社を訪問、現在感じている事や、要望などを伺った。

雇用の問題や、高齢者福祉等々、当然市民の方が感じている要望等のお話が多いが、中には全く気付かなかった、思いもよらなかったというお話もある。

旦那さんの転勤で田辺に来られた婦人の方から、外から来た人でなければ気付かないような、なるほどと思えるご要望を頂いた。取り組んでみようと思う。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
田辺市 小川浩樹
ogawahiroki_66_1016@ybb.ne.jp