バックナンバー 2007年 7月

田辺市管内最近の主な施設の視察

1、南紀田辺観光案内センター 2、天神大型共同作業場 3、芳養漁港集落再編整備事業 4、容器包装プラスチックリサイクル施設整備事業 5、都市促進整備事業 6、林道坂泰線開設工事 7、竜神総合交流施設(季楽の里竜神) 8、平成の旅籠 9、大阪ガス・ダイキン企業の森事業 10、本宮山村開発センター(本宮ビジターセンター用地) 11、熊の古道館 等々

 

今日の視察は、10時から田辺市管内主だった施設視察させていただきました。今回2回目の管内視察です。芳養漁港集落再整整備事業及び容器包装プラスチックリサイクル施設整備事業等が目に留まりました。

今回の参議院選挙、私たちは「未来に責任を持つ政治」を掲げた。連立政権に入り8年が経過し景気・経済は、ここまでやっときた。これからだ。人口減少社会に突入し、少子高齢化社会や環境問題など課題は山積している。『次の世代によりよい日本』と考え、すべての課題に責任を持って挑戦していきたい。その決意が「未来に責任を持つ政治」ということだ。*(公明党 大田代表の発言)

 

我々公明党議員として、代表の発言を重く受け止め、マニフェスト『命のマニフェスト』掲げられている、ドクターへリ全県配備、小児科や産科 医師不足対策、がん対策等々しっかりと訴えていきたい、いずれにせよ 「一人の命が大事だ」ということを説明をしていかなければならない、私たち公明党は子供たちの未来、働く人の未来、確かなる社会保障の未来に働いていきます。

私も、この選挙、人の命を預かる党として また地方議員である我々、党の方針に従い一生懸命頑張ってまいりますので、「実現力の公明党」に温かい御支援をよろしくお願いします。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
田辺市 出水豊数
toyo-de@amber.plala.or.jp