バックナンバー 2007年 3月

28日午後2時〜4時30分

1、基調講演「我が人生と営業」 日産センチュリー証券株式会社

   代表取締役  野 澤 正 平

2、全国連から重要課題説明

   全国連執行部

29日9時〜12時

*臨時総会

*人事評価者研修

「人事評価について」

キンキ賃金研究センター  人事コンサルタント

  的 場 章 敏

 

*今後の中小企業支援体制のあり方   「商工会同士が合併を進め小規模事業者支援を強力に推進」

1、組織・事業等の改革を最優先課題として取り組む

  経済・社会環境の変化に則して組織や事業の変化を実現

2、役割分担を行い、積極的な連携を図る

  機会を生かし、それぞれの強みを最大限に発揮する

3、新たに団体の合併に係る法整備を行うことは慎重であるべき

  小規模事業者に対する支援体制の充実強化を最優先

付託議案、委員長報告

1、総務企画委員会

2、経済環境委員会

3、建設消防委員会

4、文教民生委員会

*議案審議

*委員長の報告受け

19年度予算賛成多数で可決

*公社事業経過報告について

1、任期満了に伴う財団法人紀南環境整備公社評議員の選出について

2、平成18年度財団法人紀南環境整備公社事業計画変更について

3、平成18年度財団法人紀南環境整備公社会計補正収支予算ついて

4、平成19年度財団法人紀南環境整備公社事業計画について

5、平成19年度財団法人紀南環境整備公社会計収支予算ついて

6、平成19年度事業計画、基本方針

18年度変更事業計画

変更事業計画(変更部分のみ)

広域廃棄物最終処分場整備事業

候補地での現地詳細調査を行うため、住民説明会等開催し、そこで投げ掛けられた様々な疑問や不安、地域ごとの課題などに答えられるよう現地確認や文献資料の収集分析、関係機関へのヒアリング等各種調査を実施する。

また、最新の廃棄物最終処分技術や先進地の事例研究など情報収集事業を実施する。

変更理由

当初「広域廃棄物最終処分場整備事業」として、各候補地の現地詳細調査を予定していたが、候補地周辺の理解が得られず実施できないという状況となり、本年度の着手は困難となった。

平成19年度事業計画

基本方針

紀南地方は、一般廃棄物、産業廃棄物ともに最終処分機能が不足し、県外処理に依存している状況にあり、地域内に残るいくつかの最終処分場についても、早晩、埋め立てが完了する見込みであることから、最終処分場確保の対策は喫緊の課題である。

等公社は、この課題意解決のため設立され、広域廃棄物最終処分場整備事業に取り組んでおり、昨年度に最終処分場建設候補予定地域を5ヶ所に絞り込み公表するとともに、建設用地選定のための現地調査の実施に向け取り組みを進めてきた。

しかしながら、建設予定地選定作業の遅延による影響や、環境アセスメント期間等を見直した結果、最終処分場供開始時期は、今年度中に建設用地を決定したとしても当初の計画より2年半程度ずれ込む見込みである。

地域内の既存最終処分場の残余年数を見ると、この2年半のずれは、これ以上遅らせることの出来ない限界点であり、減の県外処理を行っている自治体、事業者にとっても、いつ搬入を止められるかも知れないという極めて不安定な状態を、いたずらに引き伸ばすことは許されない。

そのためにも、今年度中の建設用地決定を目指し、現地調査の早期実施に向け関係自治体及び団体と連携し、取り組みを進めていく。

なお、そのためには、先ず、現地調査に対する候補地周辺住民の理解を得ることが重要であり、公社としては建設用地選定に係る「情報公開の徹底」「住民意見の反映」を尊重していく。

また、「現地調査の受け入れがそのまま建設に直結する」「建設用地選定について不公正な方法で実施するのではないか」というような地元の不安を払拭するためにも、以下の2点について建設用地選定の基本姿勢とする。

(1)     現地調査及び結果に基づく建設用地の検討については、客観的な見地で行うことを前提とし、公社、自治体、住民及び学識経験者が参加すること

(2)     以上の調査結果により建設地に決定したとしても、インフォームドコンセント(説明と同意)を原則とし、決して強制執行はしないこと

 

小学校卒業式

22名の皆さんの栗栖川小学校の巣立ち

今日は栗栖川小学校の卒業式、22名の卒業生の皆さん、私が6年前、今、卒業される皆さんの入学式に出席させていただいた時小さないすに座り、足をぶらぶらさせていたそのときを思い出しました、今や、こんなに大きく成長され本当にうれしく思います

いよいよ中学生になります、どんな事にでも、自分に負けず頑張ってほしいと思います。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
田辺市 出水豊数
toyo-de@amber.plala.or.jp