image0_5.jpeg
image1_4.jpeg

昨日の朝は平日最後の登校見守りボランティア活動へ。私が見守っている場所は、見立地区や畔戸地区から登校する子どもたちです。学校までとても長い距離を一週間、頑張って登校しました。

いつもの時間より遅めに2年生の女の子がやってきました。2人の両手には、ペットボトルや空き缶が。「竹内さーん、落ちてたから持ってきたよ!」拾いながら歩いてきてくれたのです。

笑顔の児童ボランティアにお礼を言ったあと、なぜこんなにもポイ捨てが多いのか複雑な気持ちになりました。校長先生に報告したところ、たくさん褒めていただけるようです。

木更津市が推進している、「道路アダプトプログラム」(市民の美化活動を支援する内容)の記事を紹介します。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江
t.nobue@ab.auone-net.jp