image-1_2.jpg

公明党教育改革推進本部(本部長=富田茂之衆議院議員〜公明党千葉県本部代表)が安倍総理大臣に提言を提出しました。

さまざまな理由(障がい児・親が外国籍・不登校児童生徒など)で教育を十分に受けられない子どもたちが個性を発揮できるよう、一人一人の能力を引き出す教育(ICT活用)の充実や高校における中途退学者や外国人への支援など、就労の連携や居場所づくり・入試での配慮なども要望しました。

 この日の申し入れには、平木だいさく参院議員(参院選予定候補=比例区)も参加しています!

個性生かす教育へ/ICT活用し支援充実/党推進本部が首相に提言

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江
t.nobue@ab.auone-net.jp