image1_10.jpeg

※3年前に公明党千葉県本部にて東京オリパラ推進会議が開かれ、内房総支部のオリパラ担当として出席し、千葉県スポーツコンシェルジュマネージャーを講師にお迎えし貴重なお話を伺うことができました。その後、木更津市議会にて平成28年9月定例会、平成29年9月定例会、平成30年3月定例会の3度に渡り、木更津市での事前キャンプ地誘致及びホストタウン登録の提案をした経緯があります。

※木更津市ホームページより
木更津市とナイジェリア連邦共和国は、4月26日、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会における事前キャンプの実施に関する覚書を締結しました!

今後、木更津市とナイジェリアが相互に連携しながらナイジェリア代表選手を受け入れ、事前キャンプを通じ、選手や市民との交流を行い、国際交流の進展等につながるレガシー(その瞬間だけでなく、後世に残る良い影響)の創出を目指します!

【覚書の概要】
・ナイジェリアは、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の事前キャンプを木更津市で実施する。
・木更津市は、ナイジェリアのホストタウンとして登録する。
・ナイジェリア選手団は、可能な限り木更津市民との交流を行う。
・木更津市は、ナイジェリア選手団にトレーニングを目的としたスポーツ施設を提供する。
※本覚書は、事前キャンプの実施、施設利用、市民交流の実施等について大枠を定めるものです。今後、競技種目、細かな費用負担等の詳細は各競技団体と協議し、決定する予定です。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江
t.nobue@ab.auone-net.jp