image1_15.jpeg
image2_10.jpeg

きょうは市役所朝日庁舎内の
〜妊娠期から出産 子育て期までの総合相談窓口〜「きさらづネウボラ」を設置している子育て支援課へ。

今夏、公明党市議団で明石市役所 こども未来部 児童福祉課へ行政視察した際に素晴らしい取り組みについて学びました。12月議会の一般質問で触れるので、その時の資料を子育て支援課へ持参しました。目を通して下さるとのことでした。

「ネウボラ」とは・・
フィンランド語で「相談・アドバイスの場所」を意味します。福祉の先進国フィンランドでは、妊娠期から就学前までワンストップで継続的に母子とその家族の相談・支援が行われています。

「きさらづネウボラ」は、子どもを生み育てやすいまちをめざし、子育て家庭に寄り添いながら、切れ目のない顔の見える総合相談窓口です。

気軽に何でも相談に来てくださいね!

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江
t.nobue@ab.auone-net.jp