バックナンバー 2018年 2月
image2_8.jpeg image1_13.jpeg

母校、木更津総合高校の前身である木更津中央高校第1期生の「古希をお祝いする会」に出席するためオークラアカデミアパークホテルへ。私も木更津総合高校の前身の清和女子短大附属高校卒ですが、母校君津学園卒業の議員10名からなる「真心会」の一員としてお祝いに駆けつけました。

現在「真心会」のメンバーでは私だけが女性ですが、故 真板益夫先生から頂戴しました「卒業生で初の女性議員だから、頑張りなさい」との激励を忘れることなく、真心会会長の江野澤県議からの「いつも母校、真心の看板を背中に背負っている」とのお言葉を肝に銘じていきたいと思います。

真板理事長より、現在の木更津総合高校は野球部をはじめ各部活動の活躍や在校生2000名以上という県内一の規模の発展の陰には草々の卒業生の皆さんの礎の元に現在の学校の姿があるとのお話がありました。

先輩方の社会でのご活躍の様子などを伺ったり、真心会の先輩議員との会話は楽しい交流の場となりました!

image1_12.jpeg image2_7.jpeg

道路の破損穴で通行に困っているとの相談をいただきました。早速、担当部署に対応していただき翌日には補修が完了。素早い対策に感謝します。

先日の会議の中でも、各地域での危険箇所や安全面などは、市役所のパトロールだけでは到底把握が難しいことから、市民の皆さんからの情報や協力が必要との話がありました。

今回の相談者様には地元の町内会長さんに一度相談をされるか、市役所の市民からの地域相談総合窓口となっている「市民活動支援課」に連絡をすれば、担当課に振り分けてくれる事をお伝えしました。皆さまのご協力をよろしくお願いします!

image2_6.jpeg image4_2.jpeg image1_11.jpeg

金田小学校にて学校支援ボランティア交流会が開かれ参加しました。校内の除草作業や木々の剪定、畑・花壇づくり、図書整理、本棚の作成、プール清掃、読み聞かせ、折り紙遊び、昔遊び、干潟学習、家庭科ミシン指導、地域の歴史学習、交通安全パトロール、登下校見守りなど多種の支援を登録者61名と1社で出来る支援を分担しています。木更津市では20年間続いている制度ですが、全市的規模でこれほど長く続いている例は他にはないそうです。私たち学校支援ボランティアの使命の一つは、他者(児童)のために活動している姿を子どもたちに見せることです。単なるボランティアではないとの自覚で携わっていきたいと思います。

今夜は中郷地域の集まりに参加し、ご挨拶をさせていただきました。健康の話題で盛り上がっていました!

image1_10.jpeg

3月定例会本会議2日目は、一般会計補正予算と4つの特別会計補正予算、条例の一部改正、3件の工事請負変更契約など13議案について質疑、討論の後、採決が取られました。
終了後は市民相談へ対応するため急いで駅前庁舎を後にしました。最近では、地域の安全に関することや介護、雇用に関する相談が多くなってきていると感じています。安心・安全なまちづくりと市民福祉の向上を願い、明日も皆さんの元へ!

image1_9.jpeg

連休中にいただいた市民相談2件と本日の市民要望1件に対応するため市役所朝日庁舎へ。同時に議会準備のため2ヶ所の部署にも出向きました。議会質問の内容に、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けての木更津市の取り組みを入れてあります。昨年12月に公明党千葉県本部の東京オリパラ推進会議での研修を活かす質問となるよう努力します!
明日は本会議2日目です。議会運営会議にて、一般質問の日程が正式に決定となりましたらご報告します。

image1_8.jpeg image2_5.jpeg

3連休の初日は市内の少年野球の練習環境に関する相談をお受けするために練習会場へ。寒さも吹き飛ばし元気いっぱいに練習に励む少年たちや指導される保護者の方々に感謝の思いです。
夕方からは公明党内房総支部議員団の打ち合わせに参加しました。

昨年要望してありました道路の消えた白線が塗り直され、近隣の皆さまや毎日通行される方々から喜ばれています!

image1_6.jpeg

建設経済常任委員会所管の木更津市産業・創業支援センターらづ-Bizのリニューアル記念イベントに委員として参加しました。行列のできる相談所で実績を上げている富士市産業支援センターf-Bizのノウハウを導入し、全国公募で選ばれた瀬沼センター長のもと、企業の売上アップの相談をお受けします。是非ご予約を!

image1_5.jpeg image2_3.jpeg image3_2.jpeg

今週に入り3件の市民相談に対応させていただきました。昨日は木更津市でも内陸部に位置する地域の方の相談をお受けするため訪問を。まだ残雪もあり、紹介者と相談者とともに徒歩で地域内をまわっていたら、10頭ほどの猿の団体を目撃!そのうち一頭はみかんの皮をむいて食べていました(^.^)また至るところにイノシシやシカによる農作物被害防止のための電気柵が・・私の自宅の海側との違いを再認識‬しました。農山間地域の課題もさまざまです。

image1_4.jpeg image2_2.jpeg image3.jpeg image4.jpeg

教育民生常任委員会所管事項調査のため、3ヶ所の事業所を現地視察しました。

医療的ケアを24時間対応するメディカルシェアハウス「ファミリーケア・ナースセンター絆」では、ミスト式バスの導入が好評との事。

放課後ディサービスとして、発達改善のための療育施設で全国展開されている「ハッピーテラス」では、6歳から18歳までを受け入れ、個別支援を実施。

市内初の幼保連携型の認定こども園「木更津みらい」では、園児と学童保育の児童全員で園歌で歓迎され感動!子ども達の落ち着いた生活態度から園の指導方針が自然と理解できました。

それぞれの施設での課題もうかがうことができたので、木更津市の福祉向上のために尽くしてくださっている皆さんの力になれるよう努力してまいりたいと思います。

image1_3.jpeg

昨夜は公明党木更津市議団4名で打ち合わせを行いました。3月議会の議案審議にあたり、党としての統一見解の確認や一般質問関係、内房総支部内の市議選予定などを確認し、それぞれ意見交換を実施。今月21日に会派代表質問をされる6期目の住ノ江議員はすでに質問原稿が出来上がっていました‬。さすが幹事長、頼りになる先輩です。
私もやるべき事を確実にこなせるよう努力します!
※写真は昨年末の打ち合わせの様子です

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江
t.nobue@ab.auone-net.jp