バックナンバー 2017年 10月
image1_5.jpeg image2_5.jpeg

‪衆‬院選も投票日まであと1週間。千葉12区浜田やすかず候補の街頭演説会が地元中島で行われ、公明党の市議として挨拶をさせていただきました。浜田候補、渡辺市長から公明党との協力体制での選挙戦である事を紹介して下さり、比例区は「公明党」とのお訴えをいただきました!最後まで全力を尽くします!‬
明日は、午後3時30分より木更津駅西口(市役所駅前庁舎)北側にて、比例区南関東ブロック候補 富田茂之 公明党千葉県本部代表、木更津市 渡辺芳邦市長を弁士にお迎えし、公明党内房総支部街頭演説会を開催します!

image3_4.jpeg image2_4.jpeg image4_3.jpeg

(仮称)金田地域交流センターの起工式に参列しました。金田地域の新旧住民とのコミュニティをはじめ来訪者との交流拠点、災害に備えた避難所機能や市役所の行政サービス機能としての施設として、三井アウトレットパーク木更津の西側にRC造3階建て延べ2400平方m規模で、来年11月末の完成予定です。計画コンセプトは「海・まち・ひと・未来」をつなぐ。テーマは「交流・連携、学び、情報発信」の機能を強化し、“地域力”の向上を目指すとしています。完成後のセンター利用にあたり、休日の交通渋滞が少々心配です。皆で考えていく課題だと思っています。
式典終了後、金田公民館長、同僚の渡辺議員とともにカメラに収まりました。

image1_4.jpeg image2_3.jpeg image3_3.jpeg

昨日衆院選が公示され、10月22日の投票日に向けて決戦の火ぶたが切られました!
千葉12区自民党浜田やすかず候補の出陣式に出席しました。公明党からは山口那津男代表の名代として塚定良治県議が挨拶をされました。
JA木更津市本店での街頭演説では、公明党を代表して木更津市議団の住ノ江雄次幹事が安定の自公政権の継続信任の訴えがありました!公明党は死力を尽くして戦ってまいります!

image2_2.jpeg image1_2.jpeg image4.jpeg

金田地区社会福祉協議会の皆さまからお声をかけていただき、赤い羽根共同募金活動のお手伝いに参加しました。
木更津市社会福祉協議会や民生委員の皆さま、市役所福祉部職員さんも集合し、女性グループは三井アウトレットパーク木更津で、男性グループはベイシア木更津店と2箇所に分かれて活動しました。

「赤い羽根共同募金運動」は今年で71回目を迎えました。共同募金の約70%は、市内の子供たちや高齢者、障がいのある人等、支援を必要とする 方 々 を 支 援 し 、木 更 津 市 を 良 く す る た め に 使 わ れ ま す 。残 り 3 0 % は 、県 内 の 福 祉 施 設 な ど へ 助成され、さまざまな福祉活動に役立てられます。災害時には「災害ボランティアセンター」 の運営にも役立てられます。 みなさんのやさしさが地域の身近な福祉活動を支えています。
皆さんの真心に感謝申し上げます。ご協力ありがとうございました。

今日はとても暑く、道路も大変に混雑していました。帰宅後は地域内の訪問挨拶まわりをさせていただき、会話に花が咲きました。皆さまありがとうございました。

image1.jpeg image2.jpeg image3.jpeg

金田地区社会福祉協議会主催による第17回敬老大会が一
昨日開催されました。

式典の部では、渡辺市長や木更津市社会福祉協議会 滝口会長も駆け付けてくださり参加された皆さんへ励ましの祝辞をいただきました。

演芸の部では、地元の金田幼稚園児、金田小中学校の児童生徒や一般有志の出演などで盛り上がりました。私も演芸の部で地元市議として恥ずかしながら毎年恒例のカラオケを披露させていただきました。地域の先輩方に感謝の気持ちを込めて歌いました。

地域ぐるみで敬老大会を盛り上げ、たくさんの運営役員の皆様の陰の支えに感謝を申し上げます。いつまでも健康で長生きしていただき、変わりゆく金田を見守り続けていただきたいと願います。

今、日本社会は急速な高齢化が進んでおり、これから「人生100年時代」に突入していきます。たとえば、自公政権が主導し「無年金者救済法」が成立。年金受給に必要な納付期間を25年から10年に短縮しました。これにより、新たに64万人の方々が年金を受け取れるようになり、今月から支給が始まります。この法律によって、将来的にも無年金となる人が少なくなることも期待されています。

また、2019年10月の消費税10%への引き上げと同時に実施予定である「低年金者への 加算」と「介護保険料の軽減対象拡大」の前倒し実施をめざします。

高齢者の皆さまが健やかに長生きできる社会をめざし、ハード・ソフト両面での高齢者支援について考えていきたいと思います。

image1_4.jpg image2_4.jpg image3_3.jpg

「また来たい」と思っていただける町づくりに挑戦するニセコ町の観光事業を視察しました。
株式会社ニセコリゾート観光協会は、かつて任意団体であったニセコ町の観光協会が、ニセコ町とニセコ町民が50%ずつ出資して2003年9月1日に設立した、全国ではじめて株式会社化した観光協会です。
コンセプトは地域内部の農業事業者等に対して公共性を担保する地域経営会社を掲げています。行政依存体質からの脱却を図り、柔軟で市場の変化に対応したスピーディーな意思決定や、民間経営体制のメリットとして地域産業の発展を目指しています。
行政の枠を越えたニセコ町の観光の促進事業は、木更津市におけるDMO(観光地域づくり)設立に向けて参考になる視察となりました。

ニセコ町駅では、観光客へのおもてなしのハロウィンのディスプレイ、小樽運河では観光事業の様子も視察しました。

image1_3.jpg image2_3.jpg image3_2.jpg

建設経済常任委員会の行政視察のため、北海道滝川市を訪問しました。農村と都市を結ぶ取り組みや地域産業の活性化、地産地消推進のための関係者との連携など施策の体系づくりは容易ではないようです。

木更津市では今月20日に、「道の駅 木更津うまくたの里」がオープンとなります。道の駅のオープンを機に市民に対して地産地消の啓発や消費者と生産者の交流を通して、木更津の良さをアピールできる拠点となっていけたらと思います。本日説明を受けた滝川市の地産地消の取り組みを参考にして木更津市の産業振興に役立ててまいります。
滝川市はヒョウが降り寒かったです!

image1_2.jpg image2_2.jpg image3.jpg

昨日、JA木更津市本店メイン広場にて、公明党街頭演説会が開催されました。衆院解散後、初めての日曜日、比例南関東ブロック予定候補の富田茂之千葉県本部代表と角田秀穂千葉県本部副代表が揃って木更津へ駆けつけ、実績と決戦に向けての訴えがありました!大勢の聴衆の皆さんありがとうございました!また、会場を提供いただきましたJA木更津市本店様に心より感謝申し上げます。

政治は結果であり、日本のため、地域のため、困っている人のために生活者目線の政策を実現できるよう、公明党は全力で頑張ってまいります!

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江
t.nobue@ab.auone-net.jp