image1_14.jpg image2_9.jpg image3_3.jpg

総務常任委員会の所管事項調査として、今年3月に完成したばかりの土浦市消防本部庁舎の現地視察に参加しました。
旧土浦市消防庁舎は築50年経過による老朽化のため新消防庁舎が建設されました。
〜市民に開かれた庁舎〜をコンセプトに一面ガラス張りの建物に講堂、防災学習コーナー、展示コーナー、免震装置見学コーナー、トレーニング室、などが整備。訓練塔は、濃煙迷路、燃焼実験、ロープブリッジ、潜水訓練など、充実された設備を見学しました。
木更津市消防庁舎は昭和47年に建設され、増築を繰り返してはいるものの、老朽化が激しいため、新消防庁舎建設に向けて、今年度実施設計が予定されています。
今日の視察を参考にして、予算内で充実した消防庁舎の完成を目指してまいります。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江
t.nobue@ab.auone-net.jp