image1_12.jpg

昨年9月末、井尻地域の市道から県道木更津根形線へ合流する危険なT地路のご相談がありました。現場を確認したところ、左右が見えづらく左側カーブになっている箇所に草木が生い茂り、車両の確認ができないような状況でした。
地元住民からは、事故も多く何年も前からカーブミラー(反射鏡)整備を希望していたそうです。その道は危険なので絶対に通らないという住民もいらっしゃいました。
行政へ相談したところ、県道の所轄へ連絡し、除草作業を行っていただき、一時は見通しも良くなりました。しかし、草木が繁茂するたびに除草依頼をするのでは根本的な解決にはなりません。
その後、県との協議にてカーブミラー整備が決定した旨の連絡があり、地元の皆さんも喜ばれていました。最近の確認で今年度中(3月末)までにカーブミラー整備が実現するとの事です。整備完了したらご報告します!

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江
t.nobue@ab.auone-net.jp