image2_4.JPG

今日は木更津市南部地域包括支援センター主催の「認知症サポーター養成講座」を受講しました。認知症を理解し認知症の人や家族を温かく見守り、支援する「認知症サポーター」を1人でも増やし、認知症になってもその人らしく暮らしていける地域をつくるための運動です。現在全国に770万人のサポーターがいて、今後は1000万人達成を目指しているそうです。木更津市内には5100人ほどのサポーターがいます。私も受講して今日からサポーターとなりましたが、これは私にとって「財産」だと思います。講師の話しは目からウロコでした。認知症の方にやってはいけないことや、好ましい対応の仕方を聞き、そうだったのか、と納得したりしました。5人ほど集まれば出前講座にも来てくださるそうです。今日の話しはもっともっとたくさんの皆さんに聞いていただき広めたい内容でした。iPhoneから送信

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江
t.nobue@ab.auone-net.jp