image1_7.JPG

委員会行政視察3日目は、だんじり祭りで有名な20万都市 岸和田市の、ため池水上太陽光発電事業についてです。
「ドリーム ソーラー フロート1号 神於山」と名付けられた施設の概要について、神於山土地改良区、大和リース、岸和田市役所農林水産課より説明を受けました。大阪府初となる水面に浮かべた太陽光パネルによる発電事業が3か月前にオープンとなりました。年間の発電量は約1000キロワットの出力を持つメガソーラー(大規模発電所)です。ため池を活用した この取り組みは地球環境や農空間の保全に役立ち、自治体の魅力を次世代へとつなげていけるのか注目されており、問い合わせも多いようです。今後、再生可能エネルギーの普及促進や企業、土地改良区、行政が協働した取り組みのモデルとして期待されています。iPhoneから送信

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
竹内 伸江
t.nobue@ab.auone-net.jp