Twitter
外部リンク
サイト管理者
岡山市 竹之内則夫
no.1city@pure.ocn.ne.jp

冒頭、挨拶をされる上岡耕一会長

2期目の任期がちょうど1年過ぎたところですが、農業水利土木員のみなさまの総会に初めて声をかけていただきました。
多くが農家でいらっしゃるし、伝統的に保守本流のみなさまで構成されていることから、いわば“なじみ”が薄かったのですが、地域で行き来しているうちに、5年の中で彼方此方でお目ににかかる機会も増えました。
立ち合いが多いこと、農家の減少で負担が増していること、地域インフラの維持管理費が年々削られていることなど、委員会のみなさまはご苦労も多い上、昨今、防災対応も求められているのが実情です。
公明党は地域経済の回復と安全安心の観点で必要な公共事業を、デフレの今こそ実施すべきであると、「防災減災ニューディール」を訴えている(私も2月の代表質問で訴えました)ことを挨拶の中で申し上げました。農業水利土木員のみなさまに、一番必要な政策を推進しているのが、それこそ“なじみ”の薄い公明党であることが伝わったのならうれしいのですが。

コメントは受付けていません。