Twitter
外部リンク
サイト管理者
岡山市 竹之内則夫
no.1city@pure.ocn.ne.jp
バックナンバー 2011年 10月

10月30日、芥子山小学校体育館で開催された敬老会にはじめて出席させていただきました。
この小学校は昭和54年に開校し、今では1100名を超える児童が学んでいる大規模校です。
体育館に入った第一印象は、うわっ!狭い。どう見ても児童数に見合わないサイズです。来賓として挨拶された近藤校長先生も「開校当時の規模(約900名)に合わせてつくられた学校です」と語っておられました。ちなみに今ここは旭東中学校のエリアですが、私が旭東中学校に在学中はもちろん芥子山小学校はなく、可知小学校区と西大寺小学校区のたんぼでした。
さて、この日の集いは、74歳よりも年齢を重ねられた方1149名が対象(だいたい小学生と同人数)で、約1/4にあたる276名が参加されました。
参加者が並んでおられる会場を見渡しながら、どうやら概ね私の父(82歳)よりも若いようだなあと思っていると、急に肺炎球菌ワクチンのコマーシャルを思い出し、加賀まりこさんと共演している俳優さんの名前がどうしても思い出せなくてムズムズと面映ゆいまま会場を後にしました。
たまたま父が午後に訪ねてきたので、その話をしたところ、「わしは肺炎球菌ワクチンの注射をしたから85まで5年間は肺炎にならんのじゃ」といって、それから85歳の注射まで生きられるかどうか自信がなかったのでしょう、しばらくは黙ったままでした。2週間ほど前から右手足ともしびれがあったり、「最近食べるたびに咳き込むんじゃ」と、近頃はめっきり健康には悲観的な日々を送っている様子です。
そして「中尾彬じゃ」と。二度軽い脳梗塞をして言葉がなかなか出てこないと嘆く父の方が私より優秀でした。
ともあれ予防ワクチンの接種を勧めたのは私の数少ない親孝行のひとつとなったようです。誤嚥性肺炎にかからないよう、口の中をなるべく清潔にし歯周病予防をするよう付け加えることも忘れませんでした。

大勢の参加で賑わう入口通路

10月23日、城東台コニュミティ祭が開催されました。昨年と比べ随分と来場者が増えたようでした。とてもいいことです。コミュニティハウスが手狭に感じられましたので、来年はパティオの部分を活用してレイアウトも工夫が必要かもしれませんし、あるいは室内での作品展示等がすでにかなり窮屈になっていますので、フリマを館外へ持って行って、中でお茶を飲んでいただくなど、今よりも時間消費をして寛いでいただくことも考えられます。一方、展示と合わせ実演が増えることで来場者の楽しみが増すように思います。今回もバルーンアートは参加型にしたことで子どもたちは随分楽しんでいました。

ガラス越しにフランクフルトを焼く木村さん

あるいは、フランクフルトも(実演の域ではないものの)ガラス越しに見えているのが良かったと思います。
実は今、このコミュニティハウスを地域の高齢者の気軽な居場所(サロン)にとの声がではじめています。この度の「祭」は恒例の単発イベントではありますが、認知度が高まり(みなさまのご努力のおかげで)、流れができかけているように感じました。交流が進む地域にと私も頑張ります。

なかなかの力作が勢揃いでした

また、午後は百花プラザで健康市民おかやま21東区地区実行委員会の主催で心の健康づくり等のイベントが行われました。台風12号のせいで延期になっての開催で、皆様のご苦労も多かったことと思います。丁度、保健福祉委員会で歯と口腔に関する条例の制定に向けて取り組んでいるところでもあり、歯の衛生週間図画コンクール受賞作品に思わず目が行きました。

県・市選手団の代表が知事・市長に選手宣誓

連日、行事に参加をさせていただいていますが、昨日(10月20日)は第11回全国障害者スポーツ大会「おいでませ!山口大会」の結団壮行式がJR岡山駅前広場で行われました。
また、本日は、岡山市東区選出議員と行政との懇談会が百花プラザで行われました。
実はどちらも岡山県と岡山市が合同での開催でしたので、敢えて括ってアップすることにしました。
障害者スポーツ大会については、石井知事、高谷市長が並んで岡山県選手団と岡山市選手団の選手宣誓を受けておられました(写真)。
私は保健福祉委員会所属ということで初めて参加いたしました。いつもは“むつかしい”顔をしておられる障害福祉課長(対応はやさしいのです)が、トレーニングウエアを着て元気に市長から団旗を受け取るセレモニーを微笑ましく拝見しながら、みなさん現場の方がイキイキしておられるなぁと思いつつ拍手を送りました。
そういえば、こうして様々なイベントでしょっちゅう顔を合わせられる知事と市長ですが、私が二重行政の解消に向け、まずお二人が定期的に会談するリズムをつくったうえで、実務者協議を前後に貼り付けるよう要望してのち、会談をされるようにはなったのですが、それが年一回なんですよね。政策をスピーディに行ううえでも、四半期に一度程度は開いていただきたいものだと思うのですが・・・。

備前県民局長、東区長をはじめ県市合同の懇談会

さて、今日の議員と行政の懇談会は、行政では岡山県から中田・備前県民局長、岡山市からは川野・東区長以下、特に災害インフラに関連した責任者が参加され、県会議員3名、市会議員6名と西大寺地区の農業水利土木委員等の要望や課題提起を受けるかたちで行われました。
一番の課題はやはり砂川の河川改修ですが、百年河清を待つがごとしではありませんが、毎年4億円の事業費で百年の事業になると言われては、交通渋滞や洪水対策をはじめとした課題解決を待つ市民の思いをスピードを持って進めようにも、要望を向ける先がなくなってしまいます。

通学路の視界を遮る護岸の樹木

また、写真の干田川の護岸のように樹木が繁茂して通学路の見通しが悪いので、見守りに心配があるといった保護者や地域の方の声についても、一切伐採事業は行いません(川が流れるのに障害にならないのであれば)との返答でした。
しかしともあれ、今回の懇談会ははじめての試みであり、今後も意見交換を定期的に行うことで情報の共有や解決できる課題など、成果も現れてくるものと思います。
縦割りを超え、力を合わせていきたいと思います。

園児たちの入場行進

城東台小学校区の交通安全対策協議会会長として、浮田幼稚園の運動会にお招きをいただき参加させていただきました。
というのも地元の城東台小学校区には市立幼稚園はなく(団地の開発プランでは幼稚園予定地があったのですが)、浮田小学校に隣接している浮田幼稚園へ何人もの園児が通っています(ちなみにわが家の長男も通いました)。
昨夜来の雨が明け方まで断続的に降っていたのでグラウンドの状態を心配していましたが、大丈夫でした。
園児たちが元気に(適度に自由な感じで)入場行進して運動会がスタートしましたが、年長組に比べて年少組の園児数が少ないのが気になりました。
また、先生方は少人数で役割りを掛け持ちされ大忙しで頑張っておられる様子を拝見しながら、先日読んだ調査結果のことを思い出しました。
それは幼稚園で積極的に運動指導を行っている幼稚園よりも、行っていない園の方が園児の運動能力が高いというものです。異年齢交流がよるある園の方が運動能力が高いという結果も出ています。
こうした調査も参考にしていただき、あまり熱心にかまい過ぎないで、のびのびと育てていただきたいと思います。

元気にマル・マル・モリ・モリ体操

(ちなみに、これは浮田幼稚園にではなく、一般論としてですので、念のため)

元気に入場行進

まさに雲ひとつない秋晴れの一日でした。9時にはたんぽぽ保育園の運動会へ、そのあと宿毛保育園へもうかがいました。園児のご家族が、今年は一段と多かった印象です。
さて、東区では、昨年12月時点での保留児童が61人、そのうち30人は上南中学校区です。この中学校区にある「たんぽぽ保育園」には昨年から定員を20人増やしていただいたのですが、それでもこの結果です。比較的保留児が少ない東区においても、多くの期待に応えられていないことをしっかり認識しなければなりません。

はつらつと体操

今年募集した新規園は北区と南区の計4園ですが、今年度末の開園はなく、来年度途中(おそらく年末)の開園に向け2園が調整をしていただいているようですが、保育士の確保等の課題が大きいと思われます。子育て支援をさらに進めるためには、間髪いれずに次の一手にかかる必要があります。
(写真はたんぽぽ保育園の運動会入場行進と体操の模様です)

秋晴れというよりも、やや肌寒い気候となった日曜日、市内東区では小学校区の運動会が随所で開催されました。
私は地元・城東台小学校の「ふれあい運動会」に出席させていただきました。ご来賓のなかには「着込んで」参加された方もいらっしゃった気温とはいえ、思えば今年も残暑は厳しく、子どもたちはその暑い日々に練習を重ねて(夏休みだって打ち合わせや練習を頑張っていました)今日を迎えた訳です。熱中症対策として例年より2週間後ろ倒しの日程にしたとは言え、それは当日だけのこと。行事日程が様々にあるのを承知で言えば、もう2~3週間後ろへ倒す措置も検討が必要です。でなければ、やはり運動場を「芝生化」し、気温を下げる対策を再考すべきです。
ともあれ、「敬老席」で観戦されていらっしゃった地域の方が、「自分の孫でもないし、名前も知らない子たちなんだけど、運動会が一番感動するわね」と話されていましたが、一生懸命頑張っている子どもたちの姿は、何物にも替え難いですね。頑張れ未来っ子!