Twitter
外部リンク
サイト管理者
岡山市 竹之内則夫
no.1city@pure.ocn.ne.jp
バックナンバー 2011年 9月

岡山市がん対策推進条例の制定を記念した講演とシンポジウムが9月30日、さん太ホールで開催されました。記念講演の講師は東京大学医学部附属病院、准教授の中川恵一先生。
開会前に控室にお邪魔したところ、公明党の取り組みを評価していただき、「今日は公明新聞の記者は来ていないの」と聞かれました。(実は、岡山市主催の事業だったので、呼んでいませんでした。残念)
先生は、厚生労働省委託事業である、がん検診受診促進企業連携推進事業(略称=がん検診 企業アクション)の座長でもあられ、11月初旬にも来岡予定とのことでした。
さて、演題はお馴染の「がんのひみつ」。ただし、「3.11」を意識され、被曝の話題にも触れられました。
私たちは年間1.5ミリシーベルト程度の自然被曝を受けていることを話された後、仮に、年間100~200ミリシーベルトの被曝をした場合、発がんのリスクは1.08倍となるとの数値を示されるとともに、生活習慣による発がんリスクを対比して示されました。
それによると、運動不足では1.15~1.19倍、肥満は1.22倍。そして日本酒換算で毎日2~3合の飲酒は1.4倍(これは500~1000ミリシーベルトの被曝に相当)、喫煙は1.6倍(これは2000ミリシーベルト以上の被曝に相当)と、生活態度が悪いことのリスクを指摘されました。(特に男性は要注意です)
もちろんこうした指摘はメインテーマではなく、あくまでも、「岡山市民がどうすればがんで死なずにすむか」というテーマへの解答として、「定期的にがん検診を受ける」というアクションが導き出されるためには、「がんを知る」ことが最も効果があることを分かりやすく説明されました。特に、何度も「子どもたちへの教育が大事です」と繰り返されていました。(私も、教育委員会に対して何度も申し上げていますが、反応は鈍いままです)
一方、会場を見渡しますと、参加者のほとんどは愛育委員をおぼしき方々ばかりです。地域でこうした啓発に取り組んでおられるみなさまであり、お世話になっている方々ではあります(感謝)が、こうした既存路線では検診率が低迷から抜け出せないのも現実であり、今回の講演会を週末に開催し、中学生を招待するなど、ひと工夫が欲しかったと感じました。
第二部はシンポジウムでした。概ねそれぞれのお立場から現状をご報告いただく内容でしたが、感想を申し上げれば、保健福祉局の身内でイベントをこなした印象が強く、残念な感じは拭えませんでした。
本来なら行政からは市長(最低でも副市長)と教育長、医学界からは医師と看護師、そして患者会やNPOなどの関係団体、要は3者がそれぞれの立場で何が足りないのか、何に困っているのかをぶつけ合うような本気度が溢れるものにしていただきたかったと思います。当然コーディネーターは中川先生でしょう。
ともあれ運営に当たられた職員のみなさまは大変だったと思います。いろんな意味でお疲れさまでした。

市議会議員として2期目、敬老会のご案内をたくさん頂戴した。
今日は、地元小学校区での開催日。かくいう私も実行委員会のメンバーの一人として4回の協議を重ね、昨日は関係者が会場設営に集い、最後の確認を行った。
セレモニーに続いて、アトラクションが5演目。約1200世帯となった城東台学区には、実に多くの「達人」がいらっしゃる。
テナーサックスの演奏、バルーンアート、日本舞踊、腹話術、そして学童クラブ「レインボー」のけん玉と、客席からの反応も上々。
学区単位の開催に変更になってから今年で2回目だが、集まるにも、集まった顔ぶれも距離感が良い。
終了後の反省会では、今後の、地域での高齢者サロンについて話の花が咲くなど、実り多い敬老会。
実行委員会のみなさま、お疲れさまでした。

台風15号が迷走し、開催が心配された区民体育大会だが、蒸し暑いとはいえ、雨の心配がない天気となり、神崎山公園で予定通り開催されました。雨に洗われた競技場はくっきりと美しく、特にフィールドは、岡山市では初めて採用されたティフトン(バミューダスラス)が色鮮やかでした。いままで岡山市のグラウンドでは野芝を使っていたので、管理上、グラウンドの使用制限を厳しくしなければならず、多くの利用者にご迷惑をかけていましたので、改善の第一歩となりました。
参加者はみなさん意気盛んでしたが、ひとつ気になったのは、以前からの「西大寺」の枠がなかなか外れないことです。今回は「瀬戸」からの参加がありましたが、依然「上道」5小学校区からは参加がないままとなっています。東区全体の交流を深め一体感を醸成するためにも関係者の一層のご努力に期待したいところです。

13年ぶりに岡山を直撃した台風12号は、岡山市内だけでも浸水家屋4500棟を超える大きな被害をもたらしました。東区では山南地域で浸水がありましたし、多くの道路が冠水しました。
また砂川も5mを超え危険水位に達し、改めて河川堤防と排水機能の脆弱さを浮き彫りにした台風でもありました。9月議会の冒頭、しっかり対策に取り組むよう申し上げ、個人質問に入りました。
以下、その報告をいたします。

1.公有資産の管理・運営と市民視点の行政

(1)岡山市デジタルミュージアム
市長から岡山市デジタルミュージアムへ、戦災資料の常設展示を行うと表明がありました。「戦災資料の展示には、デジタルミュージアムが望ましい」という判断は、「デジタルミュージアムは戦災資料の展示に使うのが望ましい」という判断とイコールではありません。前者はあくまで「部分最適」です。「全体最適」の視点、つまりデジタルミュージアムという、岡山駅に隣接する好立地の56億円かけた施設を最も有効に活用するための議論こそ先行するべきだったと私は考えています。端的に言えば「もったいない」ということです。
平成28年までは起債の償還という足かせがありますが、しっかりと煮詰めた議論で再設計ができた暁には、戦災資料の展示の移設もありうるとの答弁に矛を収めました。
(2)新規コンベンション施設
次に、㈱林原の所有地に、新規コンベンション施設を建設したいと市長が表明した件です。今の施設は規模が小さく、思うように誘致が進まなかったことを思えば、いい判断だと思います。ただ、コンベンションの経済効果やメリットが、市民にもっと伝わるよう努力を求めました。
また、林原駐車場が再開発された場合、既存の機能が欠落する恐れがあります。例えばバス駐車です。現在、観光バス22台分の駐車スペースがありますので、リスクヘッジも含め対応を求めました。
(3)指定管理者制度
岡山市は「岡山コンベンションセンター」「ママカリパーキング」の初の指定管理者公募で、候補者に第3セクターであり外郭団体である、株式会社岡山コンベンションセンター(以下OCC)を選定しました。
選定を行った検討委員会のメンバーは、全員市の職員です。今回のように、市との関係が浅からぬ企業が選定されれば、いくら適正に審査が行われていても、疑いの目で見られます。
「市の施設の管理者を市の職員が決める」、一見何事もなく通り過ぎそうなルールですが、公平・適正に審査するのと同じくらい、市民が公平だと感じられるかどうかが重視されるべきです。
透明性を高める改善を求めたところ、「できるだけ早い時期に結果を出すように努めたい」と、前向きな答弁がありました。

2.地域で支えあう仕組みづくり
今秋、2010年国勢調査の数値が発表されます。今回は5年前の数値を使いましたが、高齢化や孤立化(単身化)が速いスピードで進んでいます。
例えば、10年間で高齢者の単身世帯は2倍近くに増加し、人数では1万人近くの増加となっています。
また、晩婚化・未婚化及び離婚増で、35歳から64歳まででは男女とも4人に1人近くは配偶者がいません。結果、世代間扶養(家族内扶養)の基盤が崩れているのが見て取れます。
では、どうやって支えるのか。データから見る限り、支えあう解決策は家族をつくること。でなければ住まいを家族型・開放型にすることです。他人をつなげるのは行政の仕事だからです。
(1)住宅政策について
待ったなしで「お一人様」が増えているということと、それを支える住環境がどんどんミスマッチを起こしてくる、というのがこれからの社会の課題です。行政が民間をリードしないと、こういう構造的な大きなカーブは、舵を切れません。
集合住宅の中に、ダイニングキッチンや庭など、相互に交流し、支え合うことのできる共有スペースを設けるには財政支援が必要です。また戸建て住宅の多いエリアには交流拠点となるコニュニティスペースが必要です。整備するよう求めました。
(2)地域での支えあい事業について
社会福祉協議会が概ね月に一度、高齢者サロンを開いています。ありがたいのですが、こうしたイベントを日常(例えば週5日)へと拡大していかなければ、これからのお一人様社会は介護でパンクします。なぜなら、在宅介護が成立しないからです。
その予防事業が、「自宅で、一人で過ごさない日常を提供する」サロン事業です。だからといって、それを地域で頑張ろう、というのは負担が大き過ぎて現実的ではありません。どうしてもある程度の専門性や事業という仕組みが必要になってきます。だからNPOなんです。それをやってる灘崎の「なんだ村」を紹介しましたが、ここは別格です。よほどしっかり支援してあげないと、「なんだ村」の後には続けません。
サロン事業を行うには、居場所、つまり、集まって半日過ごしていただく「おうち」が必要ですが、NPO法が改正されたとはいえ、NPOの運営は資金面が厳しいのが現実ですから、それが利用料に跳ね返ったら本末転倒になってしまいます。
そこで、空き家の改修費を補助しませんかという質問をぶつけました。「集会所を作る補助を活用していただきたい」という答弁でしたが、それじゃあダメに決まってるじゃないですか。今までやっていない、そして、これからは必要になってくる事業ですので再度、副市長に迫りました。「福祉部門と地域部門が連携して検討していきます」と、一定の認識はしていただいたようです。

3.道路まわりの維持管理
(1)道路脇、法面
各町内や農家では道路脇や田んぼの畦の草刈りは頭痛の種ですが、行政も政令市移行で国県道が増え、手を焼いています。そこで、維持管理の負担を軽減する手法として、県内でグランドカバープランツ(地面を植物で覆う)事業を視察してきました。
センチピードグラス(和名:むかで芝)などの種子を吹き付けるのですが、草丈が低く(センチピードグラスだと伸びても10~15cm)、水遣りや施肥がほとんど不要、地面を覆う力が強いので2~3年でほとんど他の雑草の侵入を許さないなど管理が楽に済みます。ただ、吹き付け前の除草と、最初の1~2年は侵入した草の高刈りなどの管理が必要です。

効果の検証と併せ、やり方のノウハウを岡山市の職員が取得できるよう、試行的な取り組みを求めたところ、前向きな答弁が返ってきました。成果を期待しています。
(2)側溝、排水路
側溝や排水路の掃除も労作業です。地域が高齢化していること、蓋をしたり暗渠が増えたことなどで掃除されずに放置されたままの個所が増えています。このままでは豪雨の際、排水の障害になります。
特に東区は支所時代から地域のみなさまに清掃していただきましたが、他の区は仕事として掃除する部署を持っており、格差構造が今も続いています。
これを予算実績面から指摘するとともに、これまでの経緯に鑑み、今後の側溝、排水路管理のあり方を改善するよう求めました。