Twitter
外部リンク
サイト管理者
岡山市 竹之内則夫
no.1city@pure.ocn.ne.jp
バックナンバー 2011年 5月

昨年好評を博した「全国都市緑化おかやまフェア」のメモリアルイベントとして、百花彩2011が百花プラザで行われました。
岡山地方は例年より大幅に速い梅雨入りのため、残念ながら朝から雨で、10時開催に向けて準備されているみなさまも、少し元気がなさそうでした。
それでも9時半には映画観賞会楽しみに来場された親子連れの列ができていました。
ただ、西大寺うまいもん市など戸外で予定されていたイベントの関係者にはなんとも気の毒な天候となってしまいました。
今後様々な開発計画が予定されているエリアですが、私は、この環境が中核として機能することが、西大寺の“良さ”を維持していけるポイントではないかと考えています。人が人らしくある“文化”の拠点でありますようにと、雨空を見上げながら思った次第です。

5月27日、岡山県本部から岡山県議団、岡山市議団等15名で、公明党本部へ統一地方選の報告を兼ねて訪問。
続いて、参議院会館の谷合事務所で鳥取県本部の一行と合流した後、国会内に山口代表を訪問、斉藤幹事長代理も駆けつけてくださいました。
代表から今後4年間の活動姿勢について「ひとりの市民の声に全力でお応えするのが議員の務めである等」激励をいただきました。
また、岡山市議団については、岡山市で初めて公明党の議長が誕生したことに関して、8人が団結して期待に応えていくようエールをいただきました。

5月25日に、岡山県本部での人事を受けて、第二総支部、また各支部の新出発となる合同支部会を開催させていただきました。
当日は、ご来賓をはじめ多くの党員のみなさまがご参加くださり、党勢拡大へ向け意気軒昂な集いとなりました。
また、議員として長年にわたり貢献してこられた吉田県議、高月市議に、みなさまから大きな拍手をいただくシーンもあり、現職一同、あとを受け、頑張り抜く決意を新たにしました。

5/18に開会した臨時会では、最大会派・政隆会の議長三選への多選批判が強く、共産党を除く会派から公明党・則武議員を議長にとの推挙があり、政隆会による夜を徹しての巻き返しも奏功せず、翌朝19日に再開された議会で、則武議長が誕生しました。
公明党の議長は岡山市では初めてです。
就任の挨拶で、議会改革に全力を尽くす決意を表明した議長を支え、庶民目線で働く公明党らしさを発揮できるよう公明党岡山市議団全員で一致団結してまいります。
また、私は、常任委員会では、保健福祉委員会(副委員長)、特別委員会では、豊かな循環型社会構成調査特別委員会に所属となりました。これから2年間、しっかりと役割を果たしてまいります。

5月13日、山陽マルナカ平島店での、春の交通安全運動行事=交通安全のPRに参加しました。岡山市の生活安全課が音頭を取って、岡山東警察署管内の交通安全対策協議会、交通安全協会、交通安全母の会、交通警察協助員など、関係団体から多くのみなさまが参加されての開催となりました。私もこの春から城東台学区の交通安全対策協議会と交通安全協会の役をさせていただくことになり、11日から始まった交通安全週間に先駆けて、ノボリを立ててまわるなど、地域の交通安全、無事故に取り組ませていただいております。

5月8日、ゴールデンウィークの最終日は9時から地元の学区民体育大会に参加しました。
昨夜来の雨も上がり、上着を着ていると汗ばむ陽気(日中の最高気温は27℃の予報)の中開会式が始まりました。
朝起きてグラウンドの様子を心配していたのですが、水はけの良いグラウンドで、一部がぬかるむ程度まで回復していました。(雨の程度にもよりますので、芝生化していればこんな心配もないのだがと、ついつい考えてしまうのですが・・・)
写真はラジオ体操の模様ですが、エンジの帽子をかぶって模範演技をしているのは環太平洋大学(IPU)の学生さんたちです。ありがとうございます。
今日はこの後、安全安心ネットワークの総会、夜は連合町内会の定例会です。日曜ごとに行事が錯綜する日々が始まる、新しい4年間がスタートをしました。二期目も、より一層のネットワークを広げてまいります。