Twitter
外部リンク
サイト管理者
岡山市 竹之内則夫
no.1city@pure.ocn.ne.jp

8月15日、斉藤政調会長、谷合青年委員長とともに、岡山県本部の岡山市選出の県議会議員3名、市議会議員8名で、不戦の誓いも新たに街頭演説を行った。

話の中で、斉藤政調会長は、マスコミの報道で一斉になびく今の日本人の心象風景を、軍国主義の台頭を許した戦前の時代状況と比 較し、そうしたリスクを回避するうえでも大きく振れやすい今の選挙制度は変えていかなければならないと力説するとともに、広島での平和式典後、菅総理が 「核抑止力は引き続き必要」と発言したことは、核廃絶の先頭に立つべき唯一の被爆国の総理として、誠に遺憾であると訴えました。

また、谷合委員長は、自身の海外での災害現場へ駆けつけた体験を通して、貧困と災害と、紛争は一体的構造的な課題であるとし、人間の安全保障に向け、行動する平和主義の先頭に立って戦う決意を語りました。

コメントは受付けていません。