Twitter
外部リンク
サイト管理者
岡山市 竹之内則夫
no.1city@pure.ocn.ne.jp
バックナンバー 2009年 10月 4日

10月4日、インドネシア・スマトラ沖地震と南太平洋・サモア諸島沖の大地震による被災者救援を行う岡山県民の会とともに、公明党岡山県本部から、谷合参議院議員と岡山市選出の県議会議員2名、市議会議員10名が、岡山駅前(ビックカメラ前)にて募金活動を行いました。

スマトラ沖地震では、死者1100名以上、3000〜4000名が依然としてがれきの下敷きになっているとの、国連及び国際赤十字社の発表があり、被害の拡大が懸念されています。被災地・パダンには、2日、日本の国際緊急救助隊が到着し、活動を開始しましたが、停電や道路の寸断、重機や装備の不足が重なり、生存者救出は困難を極めています。また、病院は患者がパンク状態で、猛暑のため遺体の腐敗も始まり、感染症の蔓延も懸念されています。

私たちは、せめて義援金を届けようと、代わる代わるマイクを握っては、ご通行中の皆様にご協力を呼びかけました。

高校生など若い方たちが多く協力してくださいました。未来への希望を感じると共に、次世代のための政治を心に誓いました。

ご協力くださいました皆様、本当にありがとうございました。