Twitter
外部リンク
サイト管理者
岡山市 竹之内則夫
no.1city@pure.ocn.ne.jp
バックナンバー 2009年 7月

7月9日、岡山市選出の岡山市東区超党派議員団は、石井正弘・岡山県知事あての要望書を藤沢局長に手渡し、早期改修を強く求めました。

要望内容は以下のとおりです。

1.現在施工中の「広域河川改修事業」の一層の推進を図られるとともに下流工区の未改修地区の抜本的な整備を図られたい。

2.岡山市東区上道・西大寺知久の浸水・越水対策として、「広域河川改修事業」にさきがけ、浚渫、堤防補修等必要な対策を講じられたい。

 

 

7月7日、公明党岡山市議団(団長:則武宣弘)は、地域活性化に資する上記2事業が、より実効的な成果を生むよう、配慮ある具体策が必要との観点から以下のとおり、要望を行いました。

1.地域活性化・経済危機対策交付金活用事業について

本市は、依然として厳しい現下の経済情勢や雇用情勢を踏まえ、国の経済危機対策と歩調を合わせ、地域の活性化に資する事業や雇用機会の創出を図るため、平成21年度6月補正予算において、合計55億57百万円余の増額補正を行ったところであります。

特に、地域活性化・経済危機対策臨時交付金活用事業においては、各種整備事業費を盛り込んでいるところでありますが、地域経済活性化の観点からも地元企業への恩恵ある配慮が求められています。

よって公明党岡山市議団としては、以下の内容について緊急に要望いたします。

要望事項

以下の事業は地場企業を中心に発注を行うこと。

1.保育園運営・整備費(保育室へのエアコンの新設・更新132台)

2.新型インフルエンザ対策事業費(防護服やマスク等の備蓄)

3.校務用コンピューター整備費(小中学校パソコン1749台)

4.学校図書館図書充実費(小学校3000冊、中学校22000冊)

5.地上デジタル放送移行対策事業費(テレビ買換306台)

以上

2.太陽光発電システム設置事業の促進について

本年4月に政令市に昇格した本市は、環境先進都市を目指し地球温暖化対策事業にも積極的な取り組みを始めたところであります。

中でも、私どもが強く要望してきた住宅用太陽光発電システムへの設置費補助につきましては、30百万円の予算で4月から事業実施を行っていただきましたが、市民の関心も高く6月中旬に本年度事業費に達する好評ぶりとなっております。

今現在、追加措置をしていただいているところですが、新たに7月中には岡山県の補助(7万円/1kw)がはじまることを勘案いたしますと、早急に予算措置を行い、地場経済の活性化や市民ニーズの高揚に水を差さない配慮が求められています。

よって公明党岡山市議団としては、以下の内容について緊急に要望いたします。

要望事項

1.年間の申請に応えられる予算措置を早急に図ること。

2.住宅用以外にも太陽光発電システム設置事業の対象を拡げること。

以上