Twitter
外部リンク
サイト管理者
岡山市 竹之内則夫
no.1city@pure.ocn.ne.jp
バックナンバー 2009年 6月 20日

安全安心ネットワークを強力に推進する高谷市長に、防災に関する地域の課題を直接聞いていただくために、防災上懸案を抱えている砂川流域の自治会に入っていただきました。

市長には、特に、県、国との連携が重要な事業であることを踏まえた上で、前向きに受け止めていただきました。

皆さまからのご意見は以下のとおりです。

 

◆安全安心関連

町内会エリアは昭和51年に床下浸水しており、また町内の集中浄化槽は水をかぶるとメンテナンスには多額の費用がかかってしまう。

また、砂川西のエリアは頻繁に水をかぶっている。

 

水害時の避難場所に公民館・上道中学校が指定されているが、団地からは水があふれた橋(上道地域センター前)を渡らないと避難場所に行けない。

 

救急患者が出たときには、川東(中区・東区)には救急指定病院がなく、心配している。配慮をいただきたい。

 

◆交通アクセス関連

宍甘交差点までの岡山方面行きの混雑解消をお願いしたい。

 

地理的には西大寺へというよりは、上道・瀬戸が一体感が強いし、現実バス路線も西大寺へはなく、瀬戸間はある。上道・瀬戸エリアでの拠点整備(医療や福祉など)をお願いしたい。

 

◆その他

  下水道の敷設の決定は感謝しているが、早急にお願いしたい。