カテゴリー(●津之江町2丁目)
image1_15.jpeg

歩道の段差で転倒事故が発生した為、市当局に相談し対応していただきました。関係者の皆様に感謝申し上げます。

2月度議員総会の席上、樋口尚也議員から、これまでの公明党キャッチコピーの人気ランキングのお話しがありました。
本日の公明新聞に掲載していただきました。(写真)
津之江二丁目摂津荘園自治会全域のU字溝更新工事が好評継続中です。地域の皆様、おめでとうございます!

先週末、近郊の自治会の方から、歩道の盛り上がり部分につまずいて転倒し、同自治会で数人、転倒している。とのお話しを受け現地確認し市当局に要請しました。緊急対応で本日朝一番で工事完了。一定の時間を要すると思っていましたが、迅速な対応に地域の皆様が喜んでいます。ありがとうございました!

台風11号においては、芥川と女瀬川については避難判断水位までにはいたらなかったものの、長雨の影響で心配する声は多く、市職員同行でそのお声を聴いて参りました!(写真)
また今回初めて鳴らされた「サイレン」について、避難勧告された地域のみに鳴らせないか?との質問がありました。市内の中での状況を知っていただくことで、後々の状況変化に即応するため、市内全域にサイレンが鳴らされたとお話すると御理解していただきました!
7月23日(午後):住民・市当局・警察との現場立会い!
当該自治会内の生活道路において、朝夕の通勤時、通り抜けるバイクが多く、自転車歩行者専用道路などの規制を行う必要があるとして、これまで、市当局、警察と相談していましたが、再度、現場立会いを実施し、今後の対応について、市当局の提案に対して意見集約、警察への要望を行いました。(写真無し)

10月24日一週間にわたる決算審査特別委員会が無事終了しました。質疑項目はH.Pのブログに掲載しましたので御覧ください。http://www.komei.or.jp/km/takatsuki-yoshida-tadanori/blog/
写真は翌日25日開催した地元地域内での語る会の模様です。台風、ゲリラ豪雨時の自助共助公助の役割をipadとTVを活用しながら確認させていただきました!
政策や活動報告はこちらまで

http://www.komei.or.jp/km/takatsuki-yoshida-tadanori/

10月20日から24日(22日休会)において、
25年度予算執行状況を審議する決算審査特別委員会が開催されました。
私は市事業43項目について質疑し、それぞれ要望させていただきました。
(事務事業報告書641事業中)
1、財政における将来負担の状況について
2、普通財政管理について
3、人事考課制度と職員研修について
4、職員提案制度について
5、機動政策の取組みについて
6、高槻営業戦略の取組みについて
7、広域行政の推進について
8、業務継続計画(BCP)について
9、災害見舞金支給について
10、ボランティア 市民活動センターについて
11、CSWの取組みについて(要望のみ)
12、緊急通報装置設置の周知について(要望のみ)
13、生活福祉総務課・支援課の窓口の効果について
14、基幹相談センター窓口について(要望のみ)
15、被保護者に対するジェネリック医薬品の普及促進について(要望のみ)
16、障がい者庁内職場実習事業について(要望のみ)
17、児童発達支援事務所と巡回支援専門員整備事業について
18、子ども・子育て支援事業計画策定事業について
19、保育士等処遇改善臨時特例事業費補助について
20、ペット焼却(返骨)施設について
21、路上喫煙禁止区域の指定について
22、自然保護の対策について(モニタリングの実施)
23、市営葬儀・葬祭センターの利用状況について
24、市営葬儀の夜間電話予約制の導入について
25、新型インフルエンザ等対策行動計画について
26、サービス付き高齢者向け住宅について
27、マイホーム借上げ制度について
28、公共施設(公園等)に設置されている汚水枡について
29、ダム整備関連事業に対する負担金について
30、再就職資格取得支援助成金事業について
31、たかつき創業塾について
32、創業・個店支援事業について
33、安否確認における救急活動について
34、教育全般について
35、学校における防災・減災の環境整備の取組みについて
36、奨学金について
37、学援隊について
38、特色ある学校づくり推進事業について
39、2学期制について
40、総合雨水対策事業について
41、地域活動組織への支援・協力等について
42、認知症総合対策事業について
43、水道部の効率的運用について
審議の結果、交通部のみ多数賛成、他は全員賛成で認定されました。

あのまちこの街/川沿いに転落防止柵を設置/大阪・高槻市

高槻市内を流れる女瀬川沿いの津之江4号橋から津之江公園までの約250メートル区間に先ごろ、転落防止柵が設けられ、地域住民から喜ばれている【写真】。
 この柵が設置された区間は、同川に沿って走る道路の幅が狭く、通行車両を避けようとして転落する事故がたびたび起きていた。
 こうした実情を住民から聞いた市議会公明党の吉田忠則議員が、流域の自治会長らの署名を添え、市側に安全対策を講じるよう要望していた。
 吉田議員は「地域の住民から喜びの声が寄せられている。安全な街づくりに今後も力を注ぎたい」と語っていた。【公明新聞掲載】

ブログバックナンバー
カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
吉田ただのりツイート
公明党広報
ブログパーツ
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
公明党広報
サイト管理者
高槻市 吉田忠則
yoshida-tadanori@mail-osaka.com