カテゴリー(●庄所町)

⭕️写真上
集中豪雨時に公園からあふれる浸水被害対策として、ブロックを積んでいただきました。
⭕️写真下
高西霊園から東向き道路について、長年舗装工事が見送られていましたが、このほど舗装工事が完了しました。
いずれも、当局が緊急対応として
取り組んでいただいものです。ありがとうございました!

庄所地域の皆様お疲れ様です。雨もあがりすがすがしい天候となりました。まずは連合会長にご挨拶、その後いろんな人にお会いできました、おおくま議員にも、また家内が所属するボランティアグループの方々にも。昨年は雨で中止になった分、皆さん楽しいお祭りとなり喜ばしく思います!

台風11号においては、芥川と女瀬川については避難判断水位までにはいたらなかったものの、長雨の影響で心配する声は多く、市職員同行でそのお声を聴いて参りました!(写真)
また今回初めて鳴らされた「サイレン」について、避難勧告された地域のみに鳴らせないか?との質問がありました。市内の中での状況を知っていただくことで、後々の状況変化に即応するため、市内全域にサイレンが鳴らされたとお話すると御理解していただきました!
7月23日(午後):住民・市当局・警察との現場立会い!
当該自治会内の生活道路において、朝夕の通勤時、通り抜けるバイクが多く、自転車歩行者専用道路などの規制を行う必要があるとして、これまで、市当局、警察と相談していましたが、再度、現場立会いを実施し、今後の対応について、市当局の提案に対して意見集約、警察への要望を行いました。(写真無し)

 高槻市営バスの東庄所バス停にこのほど、屋根が設置され、利用者などから喜ばれている【写真】。
 この屋根の設置は4年ほど前に、利用者や地域からの要望として声が上がっていたが、土地の所有者との交渉が難航。
 このため、市議会公明党の吉田忠則議員が折衝を重ねる一方、バス停が府道16号沿いだったこともあり、林啓二府議とも連携し、実現に向けて奔走していた。
 設置後、バスの利用者は「ようやく屋根が設置された。公明党が願いをかなえてくれてうれしいです」と話していた。

高槻市の芥川に架かる城西橋東側の坂道に先ごろ、通学児童らの安全を確保するガードレールが設置され、地域住民や学校関係者から喜ばれている【写真】。
 ガードレールが設けられた坂道は小学校の統廃合に伴って、新たに同市庄所地域の通学路として指定された道で、児童らの安全を確保するために設置を求める声が上がっていた。
 こうしたことから、公明党の林啓二府議と吉田忠則市議が各関係当局に働き掛けてきた。住民らは「安心して通学させることができるようになり、感謝している」と語っていた。      <公明新聞2008年9月19日掲載分>

最近の投稿
ブログバックナンバー
カレンダー
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
吉田ただのりツイート
公明党広報
ブログパーツ
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
公明党広報
サイト管理者
高槻市 吉田忠則
yoshida-tadanori@mail-osaka.com