バックナンバー 2014年 9月

2020年までに現在583駅から800駅に増やすとの目標値が示されました。
JR高槻駅への設置も含まれているが、平成28年度ホーム拡幅供用開始に合わせたホームドア設置を切望するものです。

増田氏の「地方消滅」に、全国市区町村別の将来推計人口の一覧が掲載されています。大阪府の一部を参考までに貼付します。
2010年と2040年の総人口が明示され、若年女性人口変化率が%で示されています。生まれる子どもの95%が20歳から39歳の女性の出産によるもので、この若年女性人口が減少し続ける限り、総人口の減少に歯止めがかからないと指摘されています。
ちなみに高槻市は、2010年357,359人から2040年320,434人。若年女性人口変化率-27.8%です。
この推計をどう受け止め取組みを進めるか大変重要です。

昨日9月22日、時事通信社主催の時事通信プレミアムセミナーに参加。増田寛也元総務大臣と牧瀬稔氏(地域開発研究所)を講師に迎え、全国から自治体首長、職員、議員が参加していました。テーマは「自治体消滅〜人口減少社会の今、何をすべきか〜」
日本創成会議の座長である増田氏が、2040年には全国896の市区町村が「消滅可能性都市」に該当、うち、523市区町村は人口1万人未満となり、消滅の可能性がさらに高い。と提唱されたことが話題となり、国においても地方創生大臣が新設された。
今回、直接お聞きできる機会があり参加させていただきました。

9月定例会もこれから後半に入ります。
9月19日正午締切で一般質問の通告を行いました。
私のテーマは、「今後の市教育行政の方向性について」です。
今回は、20人の議員が予定されています。
私の順番は、8番目となっていますので9月29日の午後から夕方ぐらいの予定です。?

決算委員会を前にしていますが、全力でやりきります!

9月定例議会において付託された議案について、委員会を開催し審議させていただきました。審議された議案は次の通りです。

議案第114号/高槻市立総合スポーツセンター条例中一部改正について
議案第116号/町の区域の変更について
議案第119号/平成26年度高槻市一般会計補正予算(第2号)

いずれも全員賛成で可決されました。

詳細は、9月29日開催の本会議で委員長報告をさせていただきます。

また、委員会終了後、引き続いて委員会協議会を開催し。所管事務報告の聴取をしました。報告された案件は4件でした。

平成25年度分を審査する、決算審査特別委員会(11人)の委員に選出されました。

平成25年度の一般会計、特別会計、企業会計についての決算から、予算の執行状況、不要不急の事業の精査、次年度予算編成に対する要望などを質疑します。議会としての役割を果たせるよう頑張って参ります。

予定されている日程は、次の通りです。
10月20日、21日、23日、24日、27日(予備日)
お時間がありましたら傍聴においでください。

本日9月5日(金)に高槻市公明党議員団は、濱田剛史高槻市長に平成27年度高槻市政の施策と予算編成に関する要望書を提出し、早急なる取組みを強く要望させていただきました。
要望は全132項目で、集中豪雨対策をはじめ、市民の安全安心やさらなる住民サービス向上の具体対策です。

ブログバックナンバー
カレンダー
2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
吉田ただのりツイート
公明党広報
ブログパーツ
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
公明党広報
サイト管理者
高槻市 吉田忠則
yoshida-tadanori@mail-osaka.com