高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

いつも安全運転で

□その他 地域 安全実績ナウ / 2018年7月24日

高槻ICへの案内板改善

20180614_082932703_iOS昨年、 新名神高速道路(高槻JCT・IC~川西IC間)が12月10日に開通した後、八丁畷交差点から阪急電車の高架をくぐり、JR京都線の高架を上がって成合方面へ。新名神や名神を目指していく際、「道路の案内板がわかりにくいのではないか」とのご意見を年末にいただきました。

早速、現地を確認。写真(上)は街路灯の光で少し見にくいですが、従来の案内板の支柱を利用して、緑色地で縦文字の「新名神」「名神」と案内いただいてました。

「これはわかりにくい」、翌日、市に相談を。

過日、市の担当者からご報告をいただきました。縦の案内板をなくし、従来の案内板の中に、「新名神」「名神」と標示をしていただきました。(写真下№530) 6月18日の地震発災前の確認でした。

改善されたことによって、市域の方も市外から来られた方々も安心して走行できるのではないかと感じます。新名神は現在、神戸まで開通、皆さん、いつも安全運転で。

関係者の皆さまに感謝。

新名神

どうか皆さんお気をつけて!!

□ホームページ □防災・減災 高槻市HPへリンク / 2018年7月6日

東・西日本では6日午前、活発な梅雨前線のため非常に激しい雨

20180706_000108496_iOS各地で記録的な雨量になっていると報道されています。雨は8日にかけて続く見通しで、気象庁は土砂災害や河川の増水・氾濫、低地の浸水に厳重に警戒し、自治体の情報に注意して早めに避難するよう呼び掛けています。

本市も、5日の大雨警報(土砂災害)発表してから、洪水注意報、土砂災害警戒区域等に避難勧告・指示情報のお知らせをしています。

今日も早朝から緊急メールが4回、市民相談でもブルーシートの配布場所の確認や住居の心配事のお電話もいただき心配しています。

私の方も気になって朝一現場へ、淀川や芥川の雨量を確認、河川では勢いのある濁流状態。お昼の12時過ぎ、災行政無線でのサイレンや防災情報で「避難指示(緊急)(【土砂災害】JR以北住宅地域)が放送されました。

どうか皆さんお気をつけて!!

◆◇◆◇◆

20180706_030817000_iOS避難指示(緊急)(【土砂災害】JR以北住宅地域)の発令について
緊急

避難指示(【⼟砂災害】北部⼭間地域)の発令について

市立小中学校の授業について

市立学童保育室について

避難準備・高齢者等避難開始(【水害】女瀬川・檜尾川周辺地域)の発令について

現在開設している避難所

新名神高速道路(高槻IC⇔神戸JCT 上下線)の通行止について

大阪北部を震源とした地震の情報

議会運営委員会の委員長に

議会活動 / 2018年5月21日

5月臨時会において

00714高槻市議会5月臨時会は16日から18日の3日間で開催。特に役員選出では、平成30年度の各役員が決定したところです。

私の方は、「議会運営委員会委員長」のご指名をいただき、身の引き締まる思いと、常任委員会では昨年に引き続いての「福祉企業委員会委員」、特別委員会では「新名神・交通体系等対策特別委員会委員」に選任されました。

また、公明党議員団からは笹内和志議員が副議長に、吉田忠則議員が監査委員に就任され、さらに、公明党議員団の会派代表(議会幹事長)にも吉田忠則議員が就任されました。

次回の6月定例会に向けて、議員団としてさらに団結して頑張っていく決意で、皆さまには、今後とも、ご指導・ご鞭撻を賜りたいと感じています。

正副議長ごあいさつ  委員会の構成  会派の構成  議会活動

府内初の一方通行自転車道

□自転車の安全利用 お知らせ 高槻市HPへリンク / 2018年5月16日

都市計画道路南平台日吉台線を見学

20180222_052110183_iOSたかつきDAYS」で紹介されていましたが、整備された南平台日吉台線(幅員22m、長さ1・1km、北行きは下り坂で、名神高速道路と並走する道路)では、府内初の一方通行自転車道が設置され、5月末に開通されるとのです。

改めて、市のホームページを見てみますと、南平台日吉台線(事業概要資料)は、高槻市域北部と新名神高速道路高槻 ICを結ぶ アクセス道路で、外環状幹線道路として位置づけられる重要な道だとか。 同線の整備をすることにより、高槻 ICを利用する交通 をスムーズに市域全体に流すことができ、渋滞緩和などの交通利便性の向上が図れるとのことです。

特に注目したのは、前述した、大阪府内ではじめて設置される、自転車の規制道路。「一方通行」の自転車専用道路です。規制されるということは、違反すれば・・・

また、歩道も広く設置されていますので、散歩やジョギングも楽しめそうですね。

自転車道の印象ですが、北行き下りでの自転車走行は楽々のようですが、反対の登りは、ちょっと厳しい感じがしました。でも最近は、電動式自転車があるので、そんなことはないかもしれませんね。

見学している時に、2台の自転車とすれ違いましたが、2台とも電動式自転車で、歩道を逆走さてていて、これからの周知が重要だと感じました。

今月26日には、自転車道開通式典が予定されているそうなので、すごく楽しみにしています。皆さま、ルールは守りましょうね。

19時開会

党活動 議会活動 / 2018年4月29日

4月の市政報告会を

20180428_130738986_iOS大型連休がはじまった昨日。「高槻市議会議員 吉田あきひろの市政報告会」を開催させていただきました。ご多忙の中、多くの方々にご参加いただき心より感謝申し上げます。

19時開会、「皆さま、本日は市政報告会にご参加いただきありがとうございます。それでは、吉田議員よろしくお願いいたします」と、司会は妻。

テーマは「平成30年度施政方針大綱」のご報告と質問、市民相談。

1.都市機能の充実に向けた取り組み、2.安全・安心のまちづくりに向けた取り組み、3.子育て・教育環境の充実に向けた取り組み、4.健康・福祉の充実に向けた取り組み、5.産業の振興に向けた取り組み、6.良好な環境の形成に向けた取り組み、7.市民生活の充実に向けた取り組み、8.効果的な行財政運営の推進に係る取り組み等々。地域のごきんじょニュースもご紹介、ご質問・ご意見もいただいての1時間となりました。

2018-04-29 (1)ご参加いただきました皆さまの声には、「今日の市政報告会のご感想」では、参加できて良かった。わかりやすくて良かった。パワーポイントでの説明がわかりやすかった等(感謝)「関心の高かった項目」は、市制施行75周年記念の高槻まつりでのディズニーの記念パレードや、子育て・教育、国保広域化の保険料アップ。「高槻市政へのご意見・ご要望」では、水路・河川のゴミや、地域に焦点をあてた施策を。新名神高速道路が完成し、このGWは渋滞が緩和されると聞き感謝しているなど。

ご参加・ご意見をいただきました皆さまには、貴重なお時間をいただき本当に感謝の思いです。これからも、大きな単位や小さな単位の市政報告会を積極的に開催させていただきますので、またのご参加をよろしくお願いいたします。

市域を結ぶ道路

いいね!!たかつき 式典・イベント / 2018年3月17日

 原成合線開通

20180317_014731000_iOS青空広がる今日は、新名神関連道路である「市道原成合線」の開通の日、私も、たくさんの市民と来賓の方々とともに式典に参加させていただきました。

新名神高速道路の高槻JCT・ICから川西IC間が昨年12月10日に開通し、明日の15時には川西ICから神戸JCTが開通します。本日は、高槻から神戸の全線開通を前に、市域関連道路の市道が開通します。

マイクロバスで原方面から式典会場へ。地域の幼稚園児と保育士さんによる力いっぱいの竹太鼓のオープニングセレモニー。式典では、市長、議長のごあいさつ、来賓紹介、子どもたちのお祝いソング、そして記念のテープカットとくす玉割。本当におめでとうございます。

原成合線改良事業は平成20年から着手。2・1kmの道路は、市域北部から新名神高速道路高槻 ICを結ぶ道路であり、市域の東西を結ぶ道路として地域の活性化も図り、また、防災対応なども含む多面的機能を果たす道路としても重要な路線とされています。工事については、蛍が生息する山間部であることから一定の配慮もされてきたとのご説明もありました。

当該路線は市域北東部と北西部を連絡する道路が乏しいなか、原・成 合双方の住民から、府道枚方亀岡線と府道伏見柳谷高槻線を結ぶ地域間道路として期待されてきた道路でもあります。

式典では、幼稚園児から手づくりの金メダルが工事関係者にかけられ、微笑ましい場面もあり、終了後には記念撮影など和やかな式典となりました。

帰り道は成合方面から、新名神高速道路と並走しながら山の緑と青空を楽しませていただきました。

原成合線 <高槻市ホームページ

筑後市の視察報告

□ホームページ □一般質問 □公明新聞 党活動 視察・研修会 高槻市HPへリンク / 2018年3月3日

会派視察一日目は筑後市

180211012月8日、会派視察として福岡県筑後市へ。報告書がまとまりましたので、あきひログでは、概略のご報告をさせていただきたいと思います。

人口48,339人で面積41・78平方キロメートル。県南部、筑後平野のほぼ中心に位置するまちで、新幹線の久留米駅から南へ20分程で羽犬塚駅に到着。車で少し走ると、筑後市役所があり、南北に広がるまちです。

年間10万人以上が利用する、スポーツ・レクリェーション施設として整備が進み、市南部には、「筑後広域公園」があり、公園の中に新幹線の駅「筑後船小屋駅」があることで有名なまちのようです。また、近くには、「福岡ソフトバンクホークス(2軍・3軍)」の本拠地球場が開業(平成28年)されていて、芸術文化の交流と併せてスポーツ文化の一大拠点として「元気で豊かな筑後市づくり」を目指されています。

今回の視察テーマ①は「人工内耳の助成について」、②は「北部交流センターについて」です。

まずは、人工内耳の助成についてを学ばせていただきました。

人工内耳の助成事業については、公明新聞を通して、公明党の地方議員から議会質問での意見や要望をよく目にします。そこでは、地方自治体が検討を進め事業化され、経済的な負担の軽減について喜びの声が掲載されています。

実は、私も平成28年3月定例会で「障がい福祉について(人工内耳の助成)」一般質問をさせていただきました。

課題として、人工内耳の装用つにいては、初期費用は保険適用されるものの、劣化等による買い替えやバッテリー購入は自己負担で高額。特に幼少の頃に装用することで、言語獲得に大きな期待があることを考えると、自治体による助成事業が重要なことだと感じていて、今回の視察となりました。

当時、筑後市では、全国調査を行いながら厚労省への確認もされ、私が同感したのは、補聴器と人工内耳は何が違うのか。「日常生活用具」よりも「補装具」の一つとして国や県、自治体が取り組むべきでなないかと。

本市も市長会等を通じて要望活動をしていただいておりましたが、実は、この3月定例会で・・・。

◇◆◇◆◇

20180208_074321838_iOS次に、「北部交流センターについて」、筑後市は南北に距離のある平地。市南部は、「筑後広域公園」があり、公園の中には、新幹線の駅や「福岡ソフトバンクホークス」があって充実しています。(前述)

しかし、北部の土地利用については、国立病院廃業後の景観的な問題があり、市民の北部充実の要望が市を動かし、事業計画が進んできたようです。

跡地利用からの、「北部交流センター」計画は全域252haの広大な公園。中でも、市民の交流センター「チクロス」は全国公募で愛称を決定した施設。他にも、野球やサッカーコート、防災時のヘリポートと充実しています。

「チクロス」は平成29年11月に開業、こちらの施設で「人工内耳の助成について」や「北部交流センターについて」を学ばせていただきましたが、交流センターの全面開業は平成31年4月の予定で、高槻市においては、現在、進行中の「安満遺跡公園」の完成に期待を寄せながら、共有できる情報を調査させていただきました。

北部地域は、短期大学や小学校、水辺公園があるだけで、ほかに公共施設がない地域。現地視察で感じることは、「チクロス」は市民の交流と生涯学習の場として設置されており、車では八女インターチェンジ等があり利便性も確保。また、ヘリポートが設置される計画で、周辺に住宅があることから、地域との調整は重要だと感じました。災害時には大型トラックで物資搬入も考えておられるようで、万が一の時のドクターヘリ等の活用も可能となっています。

「チクロス」開館時のイベントでは、地元の中学生による合奏や絵画展、地域の方々がお食事の用意もされながら、食事は、あっという間に売り切れたとエピソードもお聞きしました。

現在の稼働率はまだ19・46%のようですが、地元に密着した施設となることは間違いないと感じました。高槻市でいうと、コミセンの大型版のようです。

本市の「安満遺跡公園」は、駅近でアクセスも良好だと思いますし、新名神インターチェンジも供用開始されましたので、多くの方々にご利用いただき、市民から愛され、交流人口の中心になるようにと期待をしています。ただ、完成までの取り組みは丁寧にしていただきたいと思います。

筑後市の関係者の皆さま、貴重なお時間ありがとうございました。

(参考)あきひログ 筑後市と大牟田市

高槻から神戸まで

いいね!!たかつき お知らせ / 2018年1月25日

3月18日開通

00335新名神高速道路(川西IC~神戸JCT)が平成30年3月18日15時に開通すると、高槻市ホームページに掲載されています。これにより、昨年12月10日に開通した高槻JCT・IC~川西IC区間と合わせ、新名神高速道路・高槻JCT・IC~神戸JCT(43・1km)の全線が通行可能となります。

次は、高槻から淀川を越えて・・・

E1A 新名神高速道路(川西IC間~神戸JCT)の平成30年3月18日開通についてのお知らせ <高槻市ホームページ

未来へつづく高槻市

広報活動 / 2018年1月20日

吉田あきひろのごきんじょニュース№47完成

20180119_023701000_iOS3期12年目を迎える平成30年、ごきんじょニュース№47ができました。皆様のお宅にお届けさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

内容は、昨年12月定例会での一般質問「今後の水道事業等のあり方について」、念願の「新名神高速道路・高槻JCT・IC~川西ICの開通」と「Wネットワークの完成」、さらに市議会副議長の時に、「JR高槻駅に特急サンダーバードの停車が決定した出発式」の模様など。

裏面には「皆様のお声をお聞かせください

記事は平成29年のもの、今年、30年も全力で頑張ります。

「未来へつづく高槻市の事業を・公明党議員団の全力」

ホームページ「吉田あきひろのごきんじょニュース」“毎日ブログ”もよろしくお願いいたします。

青年の声を

□街宣活動 党活動 / 2018年1月8日

祝「成人の日」 石川ひろたか参院議員・林けいじ府議会議員とともに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA(私の街頭演説)皆様こんにちは、公明党でございます。今日はあいにくの雨ですが、どうか皆様におかれましてはご自愛いただきたいと思います。

平成30年1月8日、本日はご当地におきまして「成人の日・記念街頭演説会」を、林けいじ府議会議員とともに高槻市議会公明党議員団で開催させていただいております。新成人の皆様・保護者の皆様、本日は誠におめでとうございます。心からお祝い申し上げます。

先ほど、本市でも「新成人のつどい」が開催をされ、みんなで祝福させていただき、新成人の決意の言葉に「責任と感謝」の思いが印象的でした。今年3,298人(男性1,657人、女性1,641人)の方々が人生の節目を迎えられました。

本市も、今年は市制施行75周年、中核市移行15周年の節目。昨年はJR高槻駅において特急サンダーバードの停車が実現し、新名神高速道路では、高槻JCT・ICと川西ICの開通が実現しました。(交流人口の増加など)未来を拓くためにも重要な事業です。

昭和18年、約3万人からはじまった高槻市、40年・50年代には人口急増を経験し約35万人の都市へ、幼稚園・小・中学校の学校建設に注力、必要な時に必要な建設を行ってきました。しかし、そのことにより建設費が増加し赤字財政を余儀なくされました。そしてこのあと行政と議会が賢明な判断を行い、昭和58年以降、黒字基調に回復させました。今後は人口減少社会を確実に迎えることになります。財政の厳しさがより心配されています。未来を拓いていくのは青年です。

青年が希望をもてる未来(若者を支えるご家族が安心して応援することのできる社会を目指し)へ、公明党は全力で頑張って取り組んでまいります。

公明党は、青年の声を国政に反映させるべきだと、18歳選挙権の導入をいち早く主張。昨年は導入されてはじめての総選挙が実施されました。多くのお声とご支援をいただきましたことに改めて感謝を申し上げます。(引き続き、被選挙権年齢の引き下げなどさらなる取り組みを推進していきます。)

2年前、政策アンケートとして「VOICE ACTION」を全国で実施、(1,000万人を超える青年からお声を寄せていただきました。)特に関心の高かった非正規雇用の待遇改善と最低賃金1000円へのアップも、国会論戦や予算編成を通じて着実に前進しています。また、不妊治療に悩むご夫婦への支援充実も皆様のお声が後押しとなって、政府は治療費助成の増額措置の継続を決め、不妊専門相談センターの拡充予算が盛り込まれました。(皆さんと公明党がタッグを組んで、国を動かすことができました。)

(平成32)2020年代には高齢化率は30%を上回り、少子高齢化は今後急速に進んでいきます。そのうち少子化を招く最大の原因の一つといわれているのが教育費の負担です。

先の総選挙では、私立高校授業料の実質無償化、保育所や幼稚園、認定こども園すべてを対象とした幼児教育無償化を公約に掲げて、皆様に実現をお約束させていただきました。これにより、先日発表された少子高齢化に対応するための政府の2兆円政策パッケージには、(この2つの)無償化対策が盛り込まれました。引き続き、教育費負担のさらなる軽減へ全力で取り組んで参ります。

最後に、林けいじ府議、(駆けつけていただいた)石川ひろたか参院議員ともマイクを握ってのごあいさつ。

本日は、石川ひろたか参院議員・林けいじ大阪府議会議員とともに、高槻市議会公明党議員団で成人の日記念街頭演説会を開催させていただきました。これからも、国・府・市の公明党のネットワーク力の強みを活かしながら頑張ってまいります。どうか公明党への力強いご支援、ご指導をよろしくお願い申し上げます。