高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

自分たちの地域は自分たちで守る03-(11)

□ホームページ □防災・減災 高槻市HPへリンク / 2019年7月23日

「まちづくりハンドブックⅡ~自主防災活動編~より 自主防災の取り組み」をご紹介

Ⅱ災害時に対応する活動内容 今日は、ハンドブックの20ページです。

5 災害発生時におけるライフライン(電気・ガス・水道・交通機関など)の供給停止などに備え、給食給水活動は、次のようなことに配慮しよう!! (ライフラインの供給停止は大阪府北部地震で実際に経験しましたから、準備することの大切さはよくわかります。でも、できていないのが現実かも・・・)

① 備蓄資機材等を活用し、炊出し等の給食給水活動が行えるよう備えましょう。
② 災害時には、井戸・水槽・池・プールなどの水を、生活用水として使用しましょう。
③ 食料品などの救援物資は、配給計画を策定し、高齢者、障がい者などの災害時要援護者に配慮しながら、公平・平等に整然と配布しましょう。また、女性用物資の配布方法を含め、女性による配布体制づくりにも取り組みましょう。
④ 各家庭においても、数日間生活できる程度の非常持出品(※下記一覧表参照)などは、備蓄しておきましょう。

2019-07-23

※ その他、貴重品(硬貨を含む現金、貯金通帳、印鑑、保険証、パスポート、携帯電話、各種かぎなど)も忘れずに!!

まちづくりハンドブックⅡ~自主防災活動編~

自分たちの地域は自分たちで守る03-(10)

自分たちの地域は自分たちで守る03-(9)

自分たちの地域は自分たちで守る03-(8)

自分たちの地域は自分たちで守る03-(7)

自分たちの地域は自分たちで守る03-(6)

自分たちの地域は自分たちで守る03-(5)

自分たちの地域は自分たちで守る03-(4)

自分たちの地域は自分たちで守る03-(3)

自分たちの地域は自分たちで守る03-(2)

自分たちの地域は自分たちで守る03-(1)

大阪北部を震源とした地震の情報

高槻市消防本部のホームページから

□ホームページ □議長公務 視察・研修会 高槻市HPへリンク / 2019年7月21日

警防救急課からのお知らせ

20190719_213454438_iOS高槻市消防本部のホームページに、7月4日(火)消防訓練センターにて行われた、救助技術の総見の様子が紹介されています。

この救助技術の総見は、今月20日(土)に兵庫県広域防災センター(三木市)で行われる第48回消防救助技術近畿地区指導会に向けて、救助隊が日頃の訓練成果を披露し隊員の更なる士気向上を図り、高槻市の安全安心をより強固なものにする目的で開催されたもの(写真はホームページからの抜粋)

4日当日は私たちも、日ごろの感謝と近畿指導会に向けての激励とともに、総見の視察をさせていただきました。

当日の様子は、吉田あきひろのごきんじょニュース“あきひログ”でもご紹介させていただいたところですが、救助隊を代表しての統括救助隊長からの力強い決意表明に大いなる期待を寄せたところです。

記事には、本市消防本部から、陸上の部でロープブリッジ救出訓練と引揚救助訓練に各2チームの出場を予定されており、来る7月20日(土)に開催される近畿地区指導会では安全確実迅速な救助技術を近畿地区の全消防本部(局)で競い、各種目の成績上位2チームのみが全国消防救助技術大会へ出場することができること。本市救助隊は、全国消防救助技術大会へ出場できるよう、全力を尽くしますので是非とも会場でのご声援を宜しくお願い致しますとも。

昨日、近畿地区指導会が開催されたんですね。皆さま、本当にお疲れ様でした。これからも地域の安全・安心に向けた取り組みをよろしくお願いいたします。

「災害時の議会・議員活動のあり方」を学ぶ

□議長公務 □防災・減災 視察・研修会 高槻市HPへリンク / 2019年7月17日

第147回北摂市議会議長会が開催

2AE1CBF4-AB7A-41C1-9580-51D3F97FEE76本日は、ホテル阪急エキスポパークにおいて「第147回北摂市議会議長会」が開催されました。当番市の茨木市議会議長様から開会のごあいさつをいただき、豊中市、池田市、吹田市、高槻市、箕面市、摂津市の順に正副議長、議会事務局長の自己紹介からはじまりました。

協議事項は、⑴平成30年度北摂市議会議長会会計歳入歳出決算について、⑵その他で、中でも歳入歳出決算については、平成30年度は本市が当番市でしたので、高槻市議会議長としてご報告を申し上げ了承をいただいたところです。

また後半は、研修として「災害時の議会・議員活動のあり方」をテーマに、跡見学園女子大学観光コミュニティ学部コミュニティデザイン学科教授の鍵屋一教氏を講師にお招きし、ご講演をいただきました。

鍵屋先生は、秋田県男鹿(おが)市のご出身。伝統行事「ナマハゲ(来訪神)」で有名なまちとのこと(ユネスコの無形文化財にも指定)、“なまけをはぐ”との意味から“ナマハゲ”と言われるそうです。

男鹿市は、男鹿半島の海岸地域のまちで、400年に一度津波が襲ってくるとのことです。“ナマハゲ”の伝統行事。ここに防災・減災の重要なヒントがあるそう。平常時は五穀豊穣、家内安全を祈る来訪神ですが、災害時は、要配慮者情報(ナマハゲ台帳)に基づいて避難支援を行い、神社を避難場所とし、神社までの参道を整備することで、確実で安全な同行避難を促しているとのことでした。

本市でいう「災害時要援護者支援事業」ですかね。

課題、このような活動をしていても、「なぜ、人は備えない? 防災の優先順位?」、「正常化の偏見」「経験の逆作用」=「自分は大丈夫」、もう一度確認、「防災の正四面体」=自助、共助、公助、近助。

今の環境と対策、進展する高齢化、減少する近所づきあい、町内会自治会活動、自治体職員数や消防団員。高齢社会の災害として、最重要な応急対策は、災害関連死を防ぐこと。避難所生活の支援が重要と。

介護保険法のケアプラン、障害者総合支援法の個別支援計画に、災害時の対応を組み入れることが重要だとも(北摂からぜひ!! 取り組んでくださいと)

“応急対策期の議会、議員”として、支援活動の「じゃまをしない」を超えて、①議長への情報一元化、②行政、市民へ積極的な情報提供、③積極的な地域活動等。

また、議会ルールの策定の順序と災害時、法制度も実態も役割が明確でない現状。平常時の議会質疑、そして災害時の議会・議員の使命は、住民の命を守ること。それは市当局と協働して。但し、議会の災害対応規定の状況は、議会基本条例等は5・2%(2016年)、議員行動マニュアル19・9%(2016年)が現状。(最近はもっと高いと思いますが)

さらに議会・議員の方向性として、行政と議会、議員は、平時と異なり、心を合わせ、同じ方向性で応急対策期を乗り越えることが重要と。行政批判は行政と市民を分断してしまい、復興が遅れることも。災害対応を学び、60点で満点の共通認識をもつことが大切だと。

「議会こそ」平時から危機管理を!!(易経:古来より国家にとって忘れてはならない要諦が「三不忘」、①治まりて乱を忘れず、②安くして危を忘れず、③存して亡を忘れず)

これからの防災は?
問題解決・損失を減らす防災から、「価値向上型」の防災へ。それは日常から「人間関係」、「近所関係」を良好にし、排除される人がいない、魅力ある地域をつくることが、災害や危機にも強くなる。

人を健康で幸福にするのいは良い「人間関係」に尽きると(不便だけど不幸でない、利便性ではなく幸福感)、

質問のコーナーでは、私の方から、大阪府北部地震で、はじめて被災地になったこと。他市からの、たくさんの支援とお見舞いに感謝の思いを。市議会においても「行動マニュアル」を策定したことをご紹介しながら今後、防災訓練のあり方のポイントなどをご質問。当時、経験したことを報告用紙等でまとめ集計し、優先順位を整理すること等のアドバイスを。

各市の方々と意見交換もできて、大変、充実した北摂市議会議長会でした。特に今回の研修内容は、多くの方に聴講いただけたらとの思いを。

風水害に備えましょう

□ホームページ □防災・減災 お知らせ 高槻市HPへリンク / 2019年7月16日

夕方に猛烈な雨

00562夕方頃、猛烈な雨と雷の音。ニュースでは、「16日夜のはじめ頃まで低い土地の浸水に警戒してください」とありました。1時間あたりの雨量が80mmを超える雨で、雨の強さの分類上、最も程度の激しい段階を、予報用語で「猛烈な雨」と言い、程度が1段階下回る1時間当たり雨量が50mmから80mm程度の雨は「非常に激しい雨」と言うらしいです。

市のホームページの一番上の段に“大事なお知らせ”、「風水害に備えましょう」が紹介されています。

“風水害に備えましょう”をクリックすると、「風水害の基礎知識」には、6月から10月にかけての前線ができやすい時期には、つとめて早く気象情報を知るようにすることが大切です。大雨や洪水の注意報・警報が出たら、集中豪雨の起こり得る場合を考え、避難対策を考えましょう。梅雨期や台風襲来時に雷が鳴ったり、どしゃぶりの雨が続くようなときは注意が必要です。と・・・

他にも、はにたんと学ぶハザードマップ(学習動画)や、土砂災害警戒区域・避難所等の緊急周知簡易水防工法高槻市水害・土砂災害ハザードマップ日ごろからの備え風水害に関係する市の窓口総合雨水対策についてなどの項目も紹介されています。

大変だった、平成24年8月に降った時間当たり110mmの集中豪雨を思い出してしいます。まずは、自分自身や家族を守る「自助」が大事で、様々な知識を持つことが大切だと思います。

集中豪雨 ゲリラ豪雨 総合雨水対策 土のうステーション <あきひログ

猛烈な雨は、しばらくするとやみました。でも備えは大事なことですね。

「街フォト」で紹介

□議長公務 いいね!!たかつき 高槻市HPへリンク / 2019年7月14日

表敬訪問をいただき

2019-07-13 (1)市のホームページ「街フォト」で紹介。(全文)JFA全日本o-50(50歳以上)サッカー大会に関西代表として出場する“ブレス大阪”の(写真左から)青木光宏さんと杉田和宏さんが27日、出場報告のため市役所を表敬訪問しました。

ブレス大阪は、高槻市内の中学校、高校の同級生で編成されたチーム。大阪大会、関西大会を全勝で優勝して、見事全国大会出場を決めました。青木さんは、「全国大会優勝を目標に頑張ってきたので、日本一を勝ち取ってきたい」と決意を述べました。

この日は市議会議長として、副市長とともにブレス大阪の代表のお二人をお出迎え。全国大会出場のお祝いと、日本一への期待を。懇談会の中では、学校関係でご縁があるとがわかり感動も。

ブレス大阪がO-50のサッカー全国大会へ出場

また表敬訪問では、6月3日、ICUチアリーディング世界選手権(国別大会)とThe Dance Worlds(クラブ別大会)に出場し、チームヒップホップ部門で優勝した市内在住の松岡つぐみさんが3日、濱田市長を表敬訪問しました。

松岡さんは、4歳からダンスを始め、高校は、三島高校ジャズダンス部に所属。現在は、プロフェッショナルダンスアカデミーに通いながら、同大会で優勝したWORLDWINGSに所属し、チアリーディング・チームヒップホップに情熱を注いでいます。

濱田市長は「市民として誇りに思います。さらなる活躍を期待しています」と称えました。との“街フォト”全文の記事

チアリーディング世界選手権優勝の松岡つぐみさんが濱田市長を表敬訪問

この日も、議長としてお出迎えさせていただき、本当にすごいことだと感動しました。

RE:スタート

□議長公務 いいね!!たかつき 議会活動 高槻市HPへリンク / 2019年7月6日

社会を明るくする運動強化月間

2019-07-06“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~はすべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で、2019年で69回目を迎えます(法務省の記事から)

7月1日(土)から31日(月)までの一か月間を強化月間として、社会を明るくする運動に対する市民への啓発期間とされ、本日、本市でも、「第69回高槻・島本地区“社会を明るくする運動”中央集会」が開催されました。

「防ごう犯罪と非行 助けよう立ち直り」、高槻・島本地区社会を明るくする運動推進委員会の皆さまにおかれましては、平素から、罪を犯した人々の更生に取り組まれ、犯罪や非行の防止活動に献身的なご尽力を賜っておりますことに、深く敬意と感謝を申し上げる次第です。

連日のように様々な犯罪事件がマスコミ等で報道されていますが、児童虐待、高齢者の孤独死や介護疲れによる殺人、いじめによる子どもの自殺や、些細な理由で暴力行為に及ぶ事件などが、たびたび発生しています。

これらの事件の背景には、様々な要因がありますが、少子高齢化、核家族化などにより家庭や社会が急激に変化している中、悩みや問題を抱えた人や家庭を見守り、支え合うことのできる地域社会を作っていくことが今求められていると思います。

犯罪や非行をなくすためには、取り締まりを強化し、あやまちを犯した人を処罰することも必要なことです。しかし、それ以上に大切なことは、あやまちからの立ち直りを支えていける地域づくりであり、再び犯罪や非行に走るのを防ぐ仕組みだと思います。

IMG_0918私たちも、犯罪や非行のない、誰もが安心して暮らしていける安全な地域社会の実現に向け、行政と一体となって、最大限の努力をしてまいります。

どうか、皆さま方におかれましても、今後とも「社会を明るくする運動」にお取組みいただき、安全・安心な地域づくりに一層ご尽力をいただきますよう、お願い申し上げます。

結びに、この「社会を明るくする運動」の取り組みが、高槻・島本地区のすべてに浸透し、住みよく、明るいまちづくりの実現につながりますことを心から祈念して、市議会を代表してのごあいさつとさせていただきました。

7月は“社会を明るくする運動”強調月間です <市ホームページ(過去の記事)

今日の式典では、推進委員会・委員長の濱田市長のごあいさつをはじめ、副委員長の島本町長、社会福祉協議会会長、高槻地区保護司会会長のご紹介と、高槻市議会議長、島本町議会議長、高槻警察署長、大阪保護観察所・統括保護観察官のご来賓のごあいさつがありました。さらに、私たちが退席させていただいたあと、第一部のハーモニカ演奏会から第二部の市立冠中学校ブラスバンド部による吹奏楽演奏と進行し閉会となるようです。

また、第69回目の「社会を明るくする運動」は7月1日に「オープニングセレモニー・パレード」を行われ、本日が「中央集会」、13日・14日には「更生保護茶会・矯正施設等作品展示即売会」が開催されることになっています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

輝かしい未来へ さらなる飛躍を

お知らせ 高槻市HPへリンク / 2019年6月27日

たかつきDAYS 令和元年7月号に掲載

IMG_0746令和元年6月18日、本会議1日目に、濱田剛史市長より「令和元年度施政方針」を表明。たかつきDAYSの7月号に、「輝かしい未来へ さらなる飛躍を」と、今年度の重点施策など、施政方針が掲載されました。

濱田市長は、令和元年度の市政運営の基本方針や重点施策などをまとめた施政方針を発表。3期目に当たり、これまでの経験と実績を生かし、市の将来を見据えた新たなまちづくりに取り組むと決意も表明されました。

委員会付託へ

□議長公務 議会活動 高槻市HPへリンク / 2019年6月26日

本会議3日目

2019-06-26本日は、本会議3日目。議案第60号から議案第80号に至る21件(条例案件と予算案件)を一括議題としてそれぞれ質疑に入り、質疑終結後、それぞれ所管の常任委員会へ付託することが決定しました。

委員会の日程は、総務消防委員会が7月3日、都市環境委員会が7月1日、福祉企業委員会が6月28日、文教市民委員会が7月2日の招集となり、それぞれ午前10時から開催されることになりました。

よって、6月27日から7月10日までの14日間は休会、7月11日10時から4日目の本会議を開会することが決定しました。

東京ディズニーリゾートスペシャルパレード

いいね!!たかつき お知らせ 議会活動 高槻市HPへリンク / 2019年6月25日

朝のニュース

IMG_0744本日は、高槻市議会本会議の2日目、「令和元年度 施政方針」に対する代表質問の日。緊張の朝を迎えながら、朝のニュースを見ていると、高槻市の“ビッグ”ニュース

ビッグニュースは、50回目の市民フェスタ“高槻まつり” 初日の3日(土)17時頃に「東京ディズニーリゾートスペシャルパレード」が開催される内容。さらに、朝刊にも、“ミッキー今度こそ来るよ”の記事

記事には、2018年に計画していたが、同年6月の大阪府北部地震の余波で取りやめになり、今年、実現することに。昨年は、市政施行75周年を記念しての予定だったが、復興を優先して。

今年は高槻まつり50回目。3日と4日

地震の教訓を風化させない

□ホームページ 高槻市HPへリンク / 2019年6月24日

情報BOXワイドたかつき

2019-06-24 (2)令和元年6月10日から19日にCATV広報番組「情報BOXワイドたかつき」で放映。約7分。市ホームページでもクローズアップNOW「6月10日号 大阪府北部地震から1年」で紹介されています。

大阪府北部地震から6月18日で1年。この節目に地震の教訓を風化させず、いつ起こるか分からない災害に対して、備えることの大切さや市民と行政が協力して減災対策の充実を図ることの大切さを伝えています。

(参考)大阪北部を震源とした地震の情報