高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

市政の発展と市民福祉の向上のため

□議長公務 議会活動 / 2019年5月27日

令和元年5月臨時会にて

AMA_0034 - コピー2今日の高槻市議会ホームページに正副議長ごあいさつとして、ご紹介いただきました。

振り返って5月21日、5月臨時会の初日。臨時会の開会に当たって、濱田剛史市長からのごあいさつ等ののち、議会運営協議会を経て、議長選挙が行われました。

この度、議員各位のご推挙を賜り、令和元年度の議長に就任させていただきました。

〈本会議場でのごあいさつ〉議長就任に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。ただ今は議員各位のご推挙を賜り、高槻市議会議長に就任をさせていただきました。心より感謝と御礼を申し上げます。

さて、全国的な課題である少子高齢化・人口減少社会の環境下にあって、本市はビッグプロジェクトをはじめ、様々な事業展開を行い、大きく発展を進めているところであります。

しかしながら、これからの近未来を思う時、課題は、まだ、たくさんあり、さらなる市政発展に向けて取り組んでいかなければなりません。

令和元年の節目に、大きな使命を賜り身の引き締まる思いでいっぱいでございますが、引き続き議会権能を十分に活かし、今までの教訓を忘れずに、公平無私の精神をもって、市政の発展と市民福祉の向上のため、誠心誠意、議会運営に努めてまいる決意でございます。

何卒、議員並びに理事者各位には、今後ともご指導・ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、就任のご挨拶とさせていただきます。 ありがとうございました。

はじめての経験

□ホームページ □議長公務 議会活動 / 2019年5月24日

議長公務スタート

iwai_01_農業・酪農21日からはじまりました5月臨時会におきまして、71代目の高槻市議会議長に就任させていただきました。役選もすべて決まり、臨時会は昨日、閉会となったところで、今後、高槻市のホームページでも委員会等の体制も紹介されることになります。

改選後の新しい体制で高槻市議会がスタートいたしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

早速、昨日、今日と、議長公務があり、今まで以上に忙しくなってきましたが、できる限り、“吉田あきひろのホームページ”でも発信していきたいと思いますので、併せてお願い申し上げます。

さて、昨日は、高槻市の関係団体等への議長就任のごあいさつ。暑くなってきた今日は、北摂他市の議会へのごあいさつをさせていただき、後半は“令和元年度、高槻交通安全協会総会後の懇親会”に出席し、ご紹介をいただきました。

ご来賓のごあいさつから、社会問題となってきている交通事故の課題等、一瞬にして被害者にも加害者にもなってしまうことへ、安全対策の重要性をお聴きして、改めて、外部サイトへ高槻交通安全協会の役割の重要性を感じた次第です。

高槻交通安全協会は、住民の交通安全思想の普及と高揚を図り、交通事故のない安全で安心して住める社会づくりに寄与することを目的に設立された団体。今後の取り組みやご活躍に期待を寄せ、私自身も交通安全への取り組みを行い、歩行者自転車自動車等の安全対策にも力を注いでいきたいと思います。

今後、正副議長あいさつ等も、市議会のホームページで紹介されます。後日、私の思いも“あきひログ”でご紹介させていただきたいとも思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

はじめての議長公務、はじめての緊張感、はじめての経験。これからも、この気持ちを忘れずにしっかりと頑張ってまいります。

地方から全国に

□ホームページ □一般質問 □公明新聞 党活動 議会活動 / 2019年5月20日

5月18日の公明新聞「人工内耳の電池代助成」神戸市

IMG_6940「親の会」の声受け公明推進。神戸市は4月から、聴覚障がい者が装用する人工内耳の電池代の助成を開始し、関係者に喜ばれていると記事。

市は今回、片耳で電池は1カ月当たり2500円、充電池と充電器は合わせて3年当たり3万円を上限に助成することを決めた。

人工内耳を装用している息子を持つ親の会会長は昨年9月、「経済的負担が大きい上に、子どもが大人になった時に少しでも維持費を軽減できるようにしてほしい」と公明市議に相談。同10月の決算特別委員会で助成を求めていた。

公明市議は、「助成事業がほかの自治体にも展開されるよう、働きかけていきたい」と。

高槻市でも、平成30年度から「人工内耳装置等購入費助成について」の事業を開始。私の方も平成28年3月の一般質問で、難聴児親の会の皆さんからのお声を受けて要望を。また、議員団としても毎年要望してきたところ。

平成31年3月19日の公明新聞でも、本市の取り組みを紹介いただき、あきひログでも「聴覚障がい児 支える」、障がい福祉についてや、一般質問会議録、平成28年3月28日 障がい福祉についてを紹介。

これからも地方から全国に広がることを望み、国でも一定の取り組みを求めたい・・・

いよいよ

お知らせ 議会活動 / 2019年5月15日

令和元年5月市議会臨時会付議事項のレク

IMG_6906本日は高槻市議会5月臨時会に付議される案件のレクチャーが行われました。当初提出される案件の内容は、■高槻市市税条例中一部改正の専決処分について、■高槻市介護保険条例中一部改正の専決処分について、■令和元年度高槻市一般会計補正予算(第1号)の専決処分報告について、■令和元年度高槻市介護保険特別会計補正予算(第1号)の専決処分報告についての即決4件

また、高槻市監査委員選任につき同意を求めることについてや、議会提出分として、高槻市議会議長選挙について等、選挙等関係案件が9件予定されています。

いよいよはじまります。

午後からは、市民相談でいただいている案件の現地確認、また、市民相談も。

これからも緊張感をもって

議会活動 / 2019年5月10日

令和元年、最初の議員総会協議会が開催

IMG_6729本日は、改選後最初の「議員総会協議会」が開催されました。協議内容は、一般選挙後の初会議に先立つ議会運営について、議会関係の庶務及び議事について、初議会等の日程について。

令和元年第2回臨時会(初議会)の開催については、5月21日(火)から23日(木)までの3日間の会期予定となり、議長をはじめ各役員が選出される議会となります。

私も4期目の市議会議員として、身の引き締まる思いで会議に出席。これからも誠心誠意頑張っていきたいと改めて決意する日となりました。

配付された資料の中に「高槻市議会関係例規・先例集」があり、ページの中に「高槻市議会災害時初動及び平常時における行動マニュアル(平成31年1月22日)」の記載がありました。

昨年の大阪北部地震等のあと、議会運営委員会を中心に審議され、全員賛成で成立した内容で、例規集上で確認できた時には、その重要性と議会改革の進展を改めて感じた次第です。

これからも緊張感をもって頑張ってまいります。

高槻市議会では

□ホームページ □防災・減災 党活動 安心実績ナウ 議会活動 高槻市HPへリンク / 2019年5月6日

「議会の災害対策 道半ば」の記事

IMG_6524大型連休の最終日。朝刊から「議会の災害対策 道半ば」のタイトルに目が留まる。大規模災害で被災した地方議会が機能不全に陥らないための対応マニュアル。早稲田大学マニフェスト研究所の調査結果、全地方議会1788自治体を調査。47都道府県と1398市区町村(回収率81%)、「定めていない」745議会(52%)、「定めている」697議会(48%)

国や自治体に地域防災計画の策定を義務付けている「災害対策基本法」には、議会についての規定がない。東日本大震災では被災議会が機能停止し、首長が災害復旧の補正予算を議会に諮らず決める「専決処分」も多発。効果的な「情報収集」も後手、「行政のチェック機能」を十分に果たせなかったケースが相次いだと。

大規模災害時、議会はどう動けばいいのか!? マニュアルは議会として役割を果たすための最低限の備え。東日本大震災やその後の災害での被災地から「備え」を呼びかける声。

東日本大震災が起きた2011年3月11日・・・岩手県陸前高田市議会は、震災2年後、議員らにアンケート。2014年4月に災害対応指針や行動マニュアルを策定。議長がトップの災害対策会議で情報収集・伝達を一本化する体制。発災翌日までは地元で情報収集。7日目までは被災状況を調査し、8日目以降は提言や要望活動。時期ごとの議員の取るべき行動を定めた。

高槻市議会としても行政視察を重ねながら、昨年の大阪北部地震や台風21号での被災後、行動マニュアルの策定は喫緊の課題とされ、議会運営委員会に一任されたことから適切な議論を経て、「高槻市議会災害時初動及び平常時等における行動マニュアル」を全員一致で可決成立、2019年1月22日に策定されました。

また、市ホームページの街フォト「1月22日 高槻市議会 災害時の行動マニュアルを策定」等でも紹介していただきました。

特徴として、情報収集・伝達の一本化など、陸前高田市議会と同趣旨だと思いますが、他にも議員自らの安否報告や、会議等中に発災した場合、登庁する場合の注意事項、平常時の取り組みなどが記載され、別表には、地震発生時の規模別や風水害発生に関する行動の目安基準も示されています。

大切なことは、市民の生命、身体及び財産を災害から守り、安全で安心した暮らしを確保する ため、市議会が市と連携し、災害対策活動を支援するとともに、 市議会議員自らが迅速かつ適切な対応を行うことができるよう、 災害時の初動内容などを明確化することです。

本市は、697議会の中の一つで、着実に議会改革が進んでいるまちであることをご理解いただければと感じることと、防災・減災の取り組みは、広域的な対応が重要だと思うことからも、今後より多くの議会で策定されることに期待も。

行動マニュアル  大阪北部を震源とした地震の情報 <あきひログ

最終の開票速報

議会活動 / 2019年4月22日

当選御礼

IMG_6012昨夜、事務所で皆さんと万歳をしたあと、午前1時頃でしょうか、自宅で高槻市のホームページを再確認すると最終の開票速報が掲示されていました。

「吉田あきひろ」、皆さまの力強いご支援を賜り、3,005・139票をいただき、晴れて当選となりました。

皆さま、本当に本当にお世話になりました。本当にありがとうございました。多くの皆さまにご支援いただき当選することができました。

皆さまの思いにお応えするのは、これからもお声を原点に、市政発展はもとより、住みやすさナンバーワン、子育て支援や高齢者福祉等、安全・安心のまちづくり、賑わいのあるまちづくりに向けて、全力で取り組み結果を出していくことだと感じています。昨日のあきひログでも決意を書かせていただきましたが、これからも誠心誠意頑張ってまいります。

ちなみに、14日告示日の掲示板番号は19番でしたが、得票順位も19番目でした(定数34)

また、今日は午後から「当選証書付与式」があり、高槻市選挙管理委員会委員長より当選証書を付与いただき、受け取らせていただきました。本当にありがとうございました。

高槻市議会議員選挙開票速報 <高槻市ホームページ

よし、やるぞ!! あきひろ

今日が最終日

議会活動 / 2019年3月20日

平成31年3月定例会

007143月4日に開会された17日間の3月定例会も今日が最終日。先日の各委員会で付託・議決された内容が各委員長の方から報告され、本会議場で質疑、採決。条例中一部改正等が25件、道路の認定や廃止、町の区域の変更が2件、平成31年度の一般会計、特別会計の予算が11件、包括外部監査の締結について1件。他にも議員提出議案の意見書3件が審議され適切な決定を見たところです。

さらに外郭団体の事業計画及び予算の提案について8件の報告がありました。定例会は最後まで慎重審議され平成31年度の予算等が決定されました。

最後に、濱田剛史市長から閉会に当たってのごあいさつ、そして議長からも。

今春は、統一地方選挙があり新年度予算は骨格予算ではありますが、内容は重要なものばかり、適切に執行していただき、これからも行政サービスの充実に期待をしていきたいと思います。

この4年間は経てば早く感じますが、やるべきことがまだまだ多くあり、これからも現場第一で、着実に一歩一歩進んでいきたいと思っています。

明日は、大阪府知事選の告示、29日は府議会議員選挙の告示、来月7日は投開票。14日には市長・市議会議員の告示、21日には投開票日と。政治の役割は、国民の生命を守ること、市民生活の安定、行税サービスの充実だと感じています。市民の代表として、これからも一生懸命、真剣に誠実に、そして謙虚に・・・

任期最後の委員会

□街宣活動 □防災・減災 党活動 安心実績ナウ 議会活動 / 2019年3月15日

議会運営委員会を開会

IMG_4543今朝は青空でしたが少し風が冷たく感じました。交差点では、セーフティボランティアさんや交通指導員さんが子ども達の見守りを。私も、いつものバス停交差点からお気をつけて行ってらっしゃいとスタート

さて、本日、午前中は委員長として、議会運営委員会を開会。委員の皆さまと、平成31年第1回定例会(3月20日)の議事運営について、議事日程と審議方法、議員提出議案等について協議いたしました。

20日(水)10:00から本会議が開会されます。最終日です。

昨年5月に議会運営委員会の委員長に就任させていただき、この一年間は緊張の連続でした。本日の議運が任期最後の委員会になると思い、私から一言ごあいさつを申し上げさせていただきました。

議会運営という重要な任務と、昨年の自然災害でのはじめての議会対応など、誠心誠意、務めることができましたのも、ひとえに委員の皆さまのお力添えがあったからこそと、心から感謝を申し上げる次第です。

また議会改革につきましても、高槻市議会災害時初動及び平常時等における行動マニュアルの策定や、議会だよりにおける一般質問の掲載内容のあり方等を進めることができました。

改めまして、この一年間の皆さまのご協力に対しまして御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

どれだけ備えているか―人生が変わる

□街宣活動 □防災・減災 党活動 議会活動 / 2019年3月11日

決意の日から130日目の朝は雨、皆さまお気をつけて

IMG_4155昨日からの雨がつづいて・・・今朝のバス停交差点でのごあいさつは早めに上がり議会へ

先週8日の大阪府知事の辞職の申し出を受け、「地方公共団体の議会の議員及び長の任期満了による選挙等の期日等の臨時特例に関する法律(平成30年法律第101号)」により、来る4月7日に大阪府知事選挙の執行が決定されました。

そのため平成30年度中に所要となる経費を「平成30年度一般会計補正予算(第8号)として緊急に上程され、休会中ではありましたが、本会議を開会し審議が行われました。

選挙日程につきましては、大阪府議会議員選挙と同日の4月7日(日)、告示日は大阪府知事選挙が3月21日(木・祝)で大阪府議会議員選挙は3月29日(金)となります。

さて本日は、平成23年3月11日に発災した東日本大震災より8年が経過しました。本会議冒頭、お亡くなりになられました方々のご冥福をお祈りし全員で黙とうをさせていただきました。

政府は8日の閣議で復興に関する新たな基本方針を決定し、2021年3月末で設置期限を迎える復興庁について後継組織を置くことを初めて明記。新たな基本方針は、2016年3月に策定した内容を被災地の声や復興の状況を踏まえて見直したもので、国が重点支援する「復興・創生期間」(2016~2020年度)後を見据え、課題と必要な対応を示しました。

新たな基本方針で、復興庁の後継組織については「司令塔として各省庁の縦割りを排し、政治の責任とリーダーシップの下で復興を成し遂げるための組織を置く」と表明。

党として現地調査を重ね、提言した内容に沿うもので評価しており、まず、残り2年の復興・創生期間で、復興の総仕上げに取り組み、少子高齢化や人口減少などの課題先進地である被災地から、全国のモデルになる創造的復興を進めるとしています。

朝刊には、災害への備えを考える「防災シンポジュウム」の記事も。「激化する自然災害からどう命を守るのか」をテーマに、南海トラフ地震や首都直下地震など、現在、想定されている超巨大災害について意見交換が行われたようです。ここには濱田剛史市長も出席され、高槻市の現状を語られていました。

新聞のサブタイトルに「どれだけ備えているか―人生が変わる」とありました。

大きな出来事や、小さな出来事でも人生が変わることはあると思います。まして災害では。防災・減災については優先的に準備を進めていくべきだと思います。これからの出来事に、どれだけ準備ができるのか!? 今が大事だと感じます。

何事にも、未来を良くしていくため、守るため。人は一人ではなく、対話の中で意見を交わし、何が大切か、優先順位を決め、ルールを決めて改善していくことが大切ではないでしょうか!? それは家族でも、地方自治体でも、国レベルでも同じだこと感じます。

特に税金を使う事業については公益性やその理由が大切