高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

挑戦は樫田にある

□議長公務 いいね!!たかつき 式典・イベント / 2019年12月9日

幼・小・地域交流発表会~全校児童出演ミュージカル・義経と弁慶~

53D25C3A-5DBA-4E2D-9032-DB170FC3677D7日(土)、樫田小学校の体育館において、「義経と弁慶」と題して、樫田小の児童51名が出演するミュージカルを観賞させていただきました。今回は、議長としてお招きをいただき、また、ご紹介もしていただいて感謝申し上げます。

手づくりの衣装や小道具、風景、児童たちの大きな声のセリフ、舞台いっぱいに走り回る姿。“壇ノ浦の戦い”等、場面や風景が変わっていく演出がすごいと感じました。たくさんの方々の協力で大成功のミュージカル。この日の晴れ舞台のため、たくさん練習してこられたと思います。

「感動しました。」

最後の講評では、一生懸命、頑張った児童へ、ミュージカルの大成功を伝えられるとともに、スポットライトが当たっているところだけが舞台ではなく、スポットライトが当たっていないところも含めて、すべてが舞台。全員の力で完成できたミュージカルという趣旨のお話しにもあり、その通りだと。特認校である樫田小の一体感、地域の一体感を感じました。

このほかにも、間に合いませんでしたが、“園児たちの劇”おむすびころりんや、私もいっしょに“樫田地区住民”のスミレ合唱隊の皆さんと合唱、♬春の小川、赤とんぼ、夕やけこやけ♬を。“かしだおやじの会”のお父さん達のサイエンスショーでは、神様からもらったスモーク砲の大きな輪は大成功、みんな大興奮、“PTAのお母さん達”のハンドダンスも良かった、米津玄師さんの♬パプリカ♬、アンコールも・・・楽しいひと時、感動の時間。

最後に会場の皆さんといっしょに♬ふるさと♬を大合唱、樫田がふるさと。 樫田小学校のスローガン「挑戦は樫田にある」、皆さんが挑戦し大成功した一日。これからも頑張っていただきたい。私も日々挑戦を。

高槻の魅力を再発見

□議長公務 いいね!!たかつき 式典・イベント / 2019年12月8日

たかつき産業フェスタ2019が開催

20191207_060418604_iOS7日(土)、「たかつき産業フェスタ2019」が盛大に開催され、オープニングセレモニーにおきまして、市議会を代表してお祝いのごあいさつを申し上げました。また、主催者、ご来賓の皆さまと一緒に、可愛い“はにたん”の“TAKATSUKI SANGYO FESTA 2019”のテープカットをさせていただきました。

(ごあいさつ)“たかつき産業フェスタ2019が、このように盛大に開催されますことを、心よりお慶び申し上げます。

皆さま方におかれましては、日頃から本市産業の振興と発展に多大なるご尽力を賜り、この場をお借りいたしまして、改めて敬意を表しますとともに心から感謝申し上げます。

恒例となりました「たかつき産業フェスタ」ですが、多数の企業の皆さま方にご参加・ご協力いただき、体験ブースやセミナー・教室などのさまざなイベントを開催いただきます。

このフェスタを通じて、地元産業の素晴らしさに直接触れていただくことで、高槻の魅力を再発見される機会としていただければ大変嬉しく思います。

また、本日は、ご家族でお楽しみいただけますステージイベント「はにたんダンスステージ」やご当地グルメの「高槻うどんギョウザ」、「高槻バーガー」などの出店も多数あると伺っておりますので、こちらもぜひ、お楽しみいただければと思います。

市議会といたしましても、この「たかつき産業フェスタ」が、遊び・学び・食・発見を通じて、高槻の産業を広く市民の皆様に知っていただく機会となりますことを願うとともに、地域産業の振興発展並びに民間活力のさらなる活性化に向け、一層の努力をして参ります。

結びになりますが、「高槻産業フェスタ」のご成功と、本日ご出席の皆様方の、ますますのご健勝とご活躍を祈念いたしましてお祝いのあいさつとさせていただきます。ご開催、誠におめでとうございます。”

ドローン整備にお礼と要望

□総務消防委員会 議会活動 / 2019年12月7日

総務消防委員会で要望

006845日(木)、「総務消防委員会」が開催され、委員として出席。議案第114号、一般会計補正予算、消防費、「無人航空機(災害用ドローン)整備について」、市民の方からご寄付をいただき、その「お礼」と、消防本部の皆さんへは「要望」をさせていただきました。

“まずは、今回、ご寄付いただきました方へお礼を申し上げたいと思います。この度、寄付をされた方は、以前にも救急車と救急資機材一式を寄付されたともお聞きしております。

その方の「救える命を救って欲しい、そのことに役立ててほしい」との思いが伝わって参ります。どうか、寄付された方のご意向に添えるよう、一人でも多くの命を救っていただきますようお願いします。 

公明党議員団といたしましても、この9月に、市民の皆さんのお声をいただきながら予算要望して参りました。昨年来より、災害対策としての要望を「最重点項目」としてまとめてきたものでございます。

安全・安心のまちづくりについても、災害時などの、ドローンの積極的な検討を推進していたところで、高く評価するものでございます。 

本会議での質疑、本委員会での質疑に対する消防本部の答弁をお聞きして、ドローンを活用した様々な災害の対応が可能となることが理解できました。

今後のドローンを活用した消防の活動に大いに期待するのであります。

寄付された方のご意向を十分にに踏まえ、早期にドローンの運用ができるよう操縦者の人材育成、安全マニアルや体制の整備などを含め、運用開始に向けた準備をしていただくよう要望しておきます。”

会計年度任用職員の給与等に関する条例制定について

□総務消防委員会 議会活動 / 2019年12月6日

総務消防委員会で質問

006845日(木)、「総務消防委員会」が開催され、委員として出席。議案第103号「高槻市会計年度任用職員の給与等に関する条例制定について」質問を行いました。 

「地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律(平成29年法律第29号)」により、令和2年4月から、新たに会計年度任用職員制度が導入されます。 

これに伴い、会計年度任用職員の給与等に関する事項について新たな条例を制定するとともに、関係条例について、議案104号としても改正を行うものとなっています。

本会議での質疑もありましたが、改めてお聞きします。

(1問目)

まずは、何がどのように変わるのか?

現行制度では、特別職非常勤職員で専門性が高く、労働者性の低い職、附属機関の委員や学校医、産業医等は変更がなく、これら以外の労働性の高い職、行政事務嘱託員、本市では、約1,000名、臨時的任用職員、事務補助のアルバイト職員等、約1,500名が新制度に移行することになります。ご説明をお願いします。

また、給付の種類や月々の支出について、何か変更はあるのでしょうか? 2点、お聞きします。

(答弁)

会計年度任用職員に関する2点のご質問にお答えいたします。

1点目の今回の法改正により何がどのように変わるのかについてですが、これまで、非常勤職員や臨時的任用職員の任用形態や勤務条件等の取扱いに関しては、各地方公共団体がそれぞれに解釈・運用してきたところです。このような中、この度の地方公務員法及び地方自治法の改正により、統一的な基準・取扱いが定められたことから、すべての地方公共団体において、令和2年4月の法施行に合わせ、臨時・非常勤職員制度を運用していくこととなりました。

本市におきましても、委員仰せのとおり、令和2年度より特別職非常勤職員のうち労働者性の高い職、及び臨時的任用職員について、会計年度任用職員として任用するものでございます。

次に、2点目の給付の種類等についてですが、現行制度では、特別職非常勤職員には、時間外勤務や通勤に係る費用等を合わせた月額報酬を支給しております。一方、新制度導入後の月額報酬については、時間外勤務に係るものは、引き続き、月額報酬に合わせて支給しますが、通勤に係る費用は旅費として支給することとなります。また、臨時的任用職員に対して、現行制度では、通勤に係る費用を含め、賃金として支出しておりますが、新制度導入後は、賃金ではなく、報酬として支給することとなります。この変更に合わせ、これまで、臨時的任用職員の賃金は、予算費目上、物件費として区分しておりましたが、費目が報酬に変更となることにより、人件費として予算計上していくこととなるものでございます。

(2問目)

次に、会計年度任用職員の勤務条件について、お聞きします。任用のあり方、給与について、その他、手当等について、何がどのように変わるのか、説明をお願いします。

(答弁)

会計年度任用職員の勤務条件に関する2点のご質問にお答えいたします。

1点目の任用のあり方につきましては、新制度ではフルタイムでの任用も可能となつておりますが、移行の対象となる現行の特別職非常勤職員と臨時的任用職員は、いずれもパートタイムでの任用となつており、新制度への移行に際して、引き続き、現行制度と同様にパートタイムでの任用を予定しております。

次に、2点目の給与についてですが、月額制の会計年度任用職員に期末手当を支給するにあたりまして、現行の特別職非常勤職員の報酬月額から期末手当相当額を減じたうえで新制度移行後の報酬月額を設定するものでございます。しかしながら、現在の特別職非常勤職員である方が、新制度の月額制会計年度任用職員に移行する場合、現行の行政事務嘱託員のケースで、影響額として月額で3万2千円程度生じますことから、この報酬月額の減額に伴う生活への影響に配慮し、2年間の経過措置を設けて減額による影響を緩和し、年収ベースで、今年度の年収を上回ることとしたものでございます。

最後に、手当等についてですが、期末手当については、法律上、これまで非常勤職員等には支給することができませんでしたが、今回の法改正の趣旨を踏まえ、勤務時間等一定の条件を満たす者に対し、正規職員と同じ2・6月分を支給するものでございます。また、通勤手当についても、支給上限額等を正規職員と同等の条件へと引き上げるものでございます。

(意見)

国は、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の概要で、地方公共団体における行政需要の多様化に対応し、公務の能率的かつ適正な運営を推進するため、地方公務員の臨時・非常勤職員の適正化を確保し、並びに一般職の会計年度任用職員の任用等に関する制度の明確化を図るとともに、会計年度任用職員に対する給付について規定を整備するとしています。

中でも、会計年度任用職員に対する給付規程においては、地方の非常勤職員については、国と異なり、労働者性が高い者であっても期末手当が支給できないため、任用の厳格化や制度の明確化に伴い、期末手当の支給が可能となるよう、給付に関する規定を整備することが義務付けられ、令和2年4月1日から施行されることになっています。

高槻市においては、適切に執行を願うところですが、現在の報酬月額約18万円で期末手当がないところを、施行後は、経過措置を実施した上で、令和4年には報酬月額15万円、期末手当2・6月分を支給する内容となっています。

さらに、2問目で確認した勤務年数による報酬額の決定等、実施するとのことでした。 

平成21年の3月定例会において、当時の総務部長のご答弁より、行財政改革の観点から、非常勤職員等を活用しながら、職員定数を抑制、削減しつつ、行政運営を行うこととしてきたこと。

非常勤職員を任用してきた結果、本市の円滑な行政運営に、もはや欠くことのできない存在となっている認識を示されつつも、実は、監査委員の指摘を受けながら、期末手当を報酬に含める、今回と逆の条例改正が行われてきました。

私は、時代背景の中で、適切に対応してこられたと思っていますが、今回対象になられる方々、約2,500名の非常勤等の職員へ適切・丁寧にご説明され、私たちは市民の福祉等の向上のために働いていることを認識しながらも、国が示す、働き方改革を一歩でも前進できるよう、よろしくお願いして質問を終わります。

各常任員会で審議

□福祉企業委員会 □議長公務 議会活動 / 2019年12月5日

総務消防委員へ

006844日(水)、福祉企業委員会が開催され、議長として参加いたしました。11月28日(木)の12月定例会1日目に議案が提案され、2日(月)の本会議2日目に委員会に付託された案件の審議が行われました。まとめとしては、16日(月)に本会議場において委員長が報告され採決となります。

議案第109号:高槻市立養護老人ホームの指定管理者の指定について
議案第110号:高槻市立青山老人デイサービスセンター外に施設の指定管理者の指定について
議案第111号:高槻市立山手老人福祉センターの指定管理者の指定について
議案第112号:高槻市立療育センターの指定管理者の指定について
議案第114号:令和元年度高槻市一般会計補正予算(第4号)について(所管分)

◇◆◇◆◇

委員会終了後、委員会協議会が開催され、所管事務報告がありました。

1.市営バス高齢者無料乗車制度の見直しについて
2.(仮称)高槻市無料低額宿泊所の設備及び運営に関する基準を定める条例(素案)について
3.(仮称)高槻市手話言語条例(素案)について
4.(仮称)第二次高槻市子ども・子育て支援事業計画(素案)について

◇◆◇◆◇

この日は、文教にぎわい委員会も開催、本日、5日(木)は、市民都市委員会と総務消防委員会が開催されました。私は総務消防委員会委員ですので、こちらに出席。後日、質問内容もご紹介させていただきたいと思います。

地域と行政をつなぐパイプ役

□議長公務 いいね!!たかつき 式典・イベント 高槻市HPへリンク / 2019年12月4日

高槻市民生委員児童委員委嘱状伝達式が挙行

20191203_051959000_iOS3日(火)、「民生委員・児童委員委嘱状伝達式」が挙行されるにあたり、市議会を代表いたしましてご挨拶を申し上げました。

“はじめに、民生委員・児童委員の皆さま方には、日頃より地域住民の身近な相談相手として、地域福祉の向上のために、ご尽力をいただいておりますことに、敬意を表しますとともに、心から感謝を申し上げます。

皆さま方は、自らも地域住民の一員として、市民からの様々な生活上の相談に応じ、行政をはじめとした適切な新サービスへの「パイプ役」となるとともに、高齢者や障がい者世帯などの見守りや安否確認を行うなど、重要な役割を担っておられます。

さて、わが国は、過去に例のない人口減少社会を迎えております。さらに、ソーシャルネットワークなどの普及により、顔と顔を合わせる深いコミニケーションは、希薄になりつつあります。

子育てや介護をしている方などが、周囲に相談できるに孤立してしまうケースは後をたちません。このような社会情勢のもと、地域の身近な相談相手がいることは大変心強いことです。

民生委員・児童委員の委嘱を受けられました皆さまには、これから、様々な相談事が寄せられてくると思いますが、市民の身近な相談相手として、なお一層のお力添えをよろしくお願いいたします。

結びになりますが、ご列席の皆さま方、並びに、関係各位の今後益々のご活躍とご健勝をご祈念申し上げまして私の挨拶とさせていただきます。”

民生委員児童委員は民生委員法・児童福祉法に基づき、厚生労働大臣から委嘱される地域福祉向上のためのボランティアです。この日は、500名の方々が、民生委員・児童委員の委嘱状を厚労大臣、高槻市長から受けられました。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

民生委員児童委員 リーフレット「あなたの身近な相談役 民生委員児童委員」 <高槻市ホームページ

緑豊かな森の風景

□議長公務 いいね!!たかつき 式典・イベント / 2019年12月3日

12JR高槻南駅前イルミネーション点灯式へ

08E34F74-A3A2-4391-9B30-0C49A55B64802日(月)、昨日の朝は雨。この日は本会議の2日目で、夕方に“イルミネーション点灯式”があるので心配していましたが、皆さんの願いが叶って晴れ間が・・・

点灯式には、市議会議長としてお招きをいただき、濱田剛史市長らとともに出席させていただきました。関係者の皆さまありがとうございました。

市議会を代表して一言ごあいさつ、“皆さん、こんばんは。ただいまご紹介をいただきました、高槻市議会議長の吉田あきひろでございます。

今回、12回目を迎える「イルミネーション」の点灯式が、このように盛大に開催されますことを、心よりお喜び申し上げます。

本日より1月31日まで点灯されるとのことで、私もこの季節に点灯しているイルミネーションを見て、時には希望を抱き、時には優しくなれる自分自身を発見したことを思い出します。

JR高槻南駅前では、多くの皆さまに愛されるイルミネーションとして、これからも発展されますことをお祈りいたします。

結びとなりますが、“高槻景観園芸クラブ”さまをはじめ、関係者の皆さま方のご尽力に、改めて敬意を表しますとともに深く感謝を申し上げ、私の挨拶とさせていただきます。”

JR高槻駅南駅前の高架橋付近には多くの人々。

点灯式では、槻ノ木高校の弦楽部の皆さんによる優しい音色の演奏での歓迎を。また、本市ご出身の歌手、松浦さんの温かな歌声。私も濱田剛史市長や子ども達とともに、舞台からイルミネーション点灯のカウントダウン。「5・4・3・2・1、点灯」、“おめでとうございます”

緑のシャワーのような幻想的なイルミネーション。応援参加の“はにたん”のイルミネーションも。

本市の玄関口であるJR高槻駅前を「楽しく」また「平和」を願う「愛の光」として表現され、色鮮やかなイルミネーションで彩っていただきました。

今年のテーマは「緑豊かな森の風景」、これからの季節、クリスマスや新しい年を、皆さまにとって、楽しく、希望溢れる思いで、素晴らしい思い出ができれば、ステキなことだと感じました。

人権について考える

□議長公務 いいね!!たかつき 式典・イベント / 2019年12月2日

フェスタ・ヒューマンライツ2019が開催

20191201_013748000_iOS皆さま、おはようございます。1日(日)、オープニングセレモニーにおいて、市議会を代表して一言ご挨拶を申し上げました。

“本日は「フェスタ・ヒューマンライツ2019」の開催、誠におめでとうございます。

このイベントは、人権尊重し住民の交流促進等を目的に毎年開催されている事業で、4日から“人権週間”が始まり、いろいろな取り組みが予定されておりますが、このフェスタ・ヒューマンライツはその中でも子どもから高齢者に至るまで多くの市民の方々が交流される大変意義深いイベントです。

私たちは、すべて同じ人権を持っていて、一人ひとりが、かけがえのない存在だと思って思います。

自分だけではなく、他の人の権利や尊厳についても理解し、お互いを尊重し、差別を許さないと言う人権意識の醸成を図っていくことが大切であると認識しています。

この後は、舞台発表や大衆演劇があるとお聞きしておりますので、今日は楽しみながら「人権」について考える機会にしていただけたら幸いです。

市議会といたしましても、行政や皆さまと連携し、人権が大切にされる住み良いまちづくりの推進に尽力して参ります。結びになりますが、本日ご出席の皆さま方のご健勝とご多幸を祈念いたしまして私の挨拶とさせていただきます。”

“フェスタ・ヒューマンライツ2019”は、“富田ふれあい文化センター”、“富田青少年交流センター”、“サニースポット”の3会場で開催。併せて、ボーダレスアート展2019も文化センターで開催され、人の賑わいや、はてしない創造力のこころの景色を、自己表現する数々の作品が展示されていて心から感動を。

また、富田の行商の歴史から“天秤棒”で荷物を担げる体験コーナーや、情報格差解消(はじめてのタブレット講座)、作品展、子ども達の遊びの広場では、けん玉、コマ、皿回し、積み木遊びなど笑顔がいっぱい、フリーマーケットも大賑わいでした。

関係者の皆さま、お疲れ様です。本当にお世話になりました。

共に生き、ともに笑おう、この街で

□議長公務 いいね!!たかつき 式典・イベント / 2019年12月1日

39回高槻市福祉が盛大に開催

AC0D6D94-E976-4F2B-B5FA-D6CF131745FA皆さんこんにちは。高槻市議会議長の吉田あきひろです。11月30日(土)、福祉展の開催にあたり、市議会を代表してご挨拶を申し上げました。

“「第39回高槻市福祉展」が、関係各位のご尽力により、このように盛大に開催されますことを心よりお祝い申し上げます。

さて、“障がい者基本法”では123日から9日までの1週間を“障がい者週間”と定め、この期間を中心として全国各地におきまして、いろいろな意識啓発の行事が執り行われております。

この福祉展も、その一環として開催され、今年で39回目を迎えられ、多くの企業・団体の協賛のもと、各関係団体が実行委員会に参加し様々な取り組みがなされております。

また、障害者差別解消法においては、すべての国民が障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重しあいながら共生する社会の実現につなげることを目的としています。

しかしながら、今なお、日常・社会生活を営む上で、障壁となるような事物、制度、慣行、その他の“社会的障壁”が存在しています。

これらの社会的障壁を取り除くことによって、自己の持つ能力や生きる力を十分に発揮し、障がいの有無にかかわらず、すべての人が住み慣れた地域で、自らの意思で、自ら望む暮らし方を選択し、自己実現できるよう支援していくことが何よりも重要です。

市議会といたしましても、“ノーマライゼーション”の理念のもと、本市が目指す「障がいのある人もない人もみんなが生き生きと暮らせる共生のまち」の実現に向けて、より一層努力をいたします。

結びになりますが、実行委員会委員長はじめ、役員の皆さま及び関係者の皆さまのご尽力に感謝申し上げますとともに、高槻市福祉展が、今後ますます充実し、実りあるものとなりますことをお祈りして、私のお祝いの挨拶とさせていただきます。

本日のご開催、誠におめでとうございます。” 

「共に生き、ともに笑おう、この街で」のテーマのもと会場は大盛況。12月1日(日)も開催されまので、皆さまもぜひ足を運んでいただければと思います。

素晴らしい文化フェスタ

□議長公務 いいね!!たかつき 式典・イベント / 2019年12月1日

第5回 桃園文化フェスタが開催

IMG_197611月30日(土)、桃園コミュニティセンターにおいて開催されている「第5回桃園文化フェスタ」にお招きをいただき、見学をさせていただきました。濱田剛史市長らとも一緒に。

皆さんの知恵と工夫により、桃園地区の新しい文化の歴史を創ることを目的に、総合的に交流できる場として、地域の皆さんと桃園小学校の作品展示を30日(土)と、12月1日(日)の2日間開催。1日には、主催講座の発表会も予定されているそうです。

家からコミセンに行ってみようと、思われる楽しいイベントに。老若男女が新しい仲間を増やすきっかけになればとの思いで取り組まれ大賑わいの会場。

この日は、展示を見学させていただき、小学校の児童の絵画や、様々な展示に感動。中でも中学3年生の“星光る夜空”と書かれた、観峰賞受賞の素晴らしい習字に釘付けになりました。観峰賞は、日本習字の創設者、原田観峰氏の最高峰の賞と伺いました。金・銀・銅賞も素晴らしかったです。

アンケートにも、“素晴らしい文化フェスタ”ですとコメントを。関係者の皆さま、お疲れ様です。本当にありがとうございました。