高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

新型コロナウイルス感染症について

□ホームページ □公明新聞 □街宣活動 お知らせ 党活動 高槻市HPへリンク / 2020年2月23日

公明党の一斉街頭を

20200223_033156750_iOS本日は、公明党大阪府本部の「一斉街頭」を実施いたしました。高槻市議会公明党議員団としましてはJR高槻駅南側で、“山本かなえ参院議員”とともに街頭演説を。ご通行の皆さまからお手をふってのご支援やお声かけをいただき感謝の思いでした。

さて、今月のテーマは現在、社会問題となっている「新型コロナウイルス感染症について」です。対策本部を設置しての公明党の取り組みをご紹介させていただきました。

皆さま、こんにちは!! こちらは「小さな声を、聴く力。」公明党です。

現在、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる感染症が、ここ日本でも増加している状況です。

公明党は「新型コロナウイルス感染症対策本部」を立ち上げ、2月6日、首相官邸で安倍晋三首相に対して「新型コロナウイルスによる感染症の対策に関する緊急提言」を提出いたしました。

この中では、地方における検査・治療体制整備への支援や、検査の迅速化に向けた最新技術の導入、産業へ の影響把握と支援などの対策を、自治体と連携して実行するよう強く要請を致しました。

現在、新型コロナウイルスによる感染症への対応について、様々な面において、公明党の提案が迅速に進められています。

具体的には、すでに全国に設置されている電話相談窓口の「帰国者・接触者相談センター」が全て24時間対応となるように、全国の自治体と連携し、適切な相談体制を確保できるように現在進めております。

感染拡大に対応するため、感染の疑いがある人を診察する「帰国者・接触者外来」を全国800か所程度設置、また感染症患者用の病床につきましても、全国で1800床以上の整備を進めております。

また、ウイルス検査の迅速化を目指して、国立感染症研究所に多量検体検査システムを整備し、全国地方衛生研究所に「リアルタイムPCR 装置」を導入して、適正な検査が行えるように整備をすすめています。さらに、現在の PCR 検査では 6 時間を要するところを公明党はこれを 15 分に短縮できる最新の機器の導入を要請しております。

マスクメーカーにはマスク増産を要請いたしました。現在、週1億枚、月に6億枚のラインを確保しております。

産業に対する対応としては、打撃を受けた中小企業支援のため、日本政策金融公庫に5000億円 の緊急貸付・保証枠を設けることが決定いたしました。

公明党は、新型コロナウイルスの感染症に関し、党の対策本部で得た情報を地方議員と共有すると同時に、各地からの要望や提案を、都道府県本部を通して集約する体制を整えております。

今後も、国会議員と地方議員の強力なネットワークがある公明党として、皆さまの不安解消、安心し ていただける十分な情報発信をしてまいります。公明党は、早期の終息に向けて全力で取り組んで参 ります。

何かお困りのことがございましたら、ご意見、ご相談頂きますようよろしくお願い致します。

追伸

IMG_7485高槻市では、1月28日の閣議で新型コロナウイルス感染症を“指定感染症”に指定することが決定されたことを受け、本市における今後の総合的対策の推進に向けて、高槻市健康危機管理対策本部を設置しました。

また、1月29日に新型コロナウイルス感染症に関する専用電話相談窓口を高槻市保健所内に設置し、保健師などが相談に応じ不安に感じていることがあれば相談できる体制を。(専用電話:072-661-9334)

新型コロナウイルス感染症の対応については、感染が疑われる場合に、どこの医療機関を受診すべきかがわからないという方々への不安を軽減し、また、患者を医療機関に確実につなぐため「帰国者・接触者相談センター」を高槻市保健所内に設置(専用電話:072-661-9335)しました。

さらに、令和2年2月19日付けで、大阪府から、新型コロナウイルス感染症予防の一環として依頼を受けたことから、市主催等のイベント等を中止または延期することになりました。

イベント等の中止・延期など

お知らせ 高槻市HPへリンク / 2020年2月20日

市のホームページより「新型コロナウィルスの感染症対策について」

新型コロナウイルス感染症対策に伴うイベント等の中止・延期」として、市のホームページに掲載。

本市では、令和2年2月19日付けで、大阪府から、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、次のような取り扱いを行うよう依頼を受けたことから、以下に掲載するイベント等を中止、または延期することとなりました。ご理解とご協力をお願いします。と。

【当面原則中止または延期とするイベント等】

  • 市(教育委員会等含む)が主催する市民が参加するイベントや集会
  • 上記に該当するイベント等であって、3月20日までに実施を予定しているもの

ただし、学校の卒業式等は感染予防に配慮したうえで実施します。このほか、年度内に実施する必要性が高いもの等については、個別に判断します。

なお、市の主催するイベント等以外につきましては、主催者において実施の判断をされるものですが、参加される皆様等においては、次のとおり、ご留意いただきますよう、お願いします。

 

【多くの方が集まるイベントや行事等の参加・開催について】(厚生労働省ホームページから抜粋)

多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、イベントや行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討いただけますようお願いします。とも

 

新型コロナウイルス感染症対策に関する情報  <高槻市ホームページ

保健所 健康医療政策課まで

お知らせ 高槻市HPへリンク / 2020年1月29日

高槻市のホームページより

920DA6D2-44BA-4D55-A0B8-B0FEBF218CAC連日、報道されている“新型コロナウィルス”のニュース。高槻市では、対策本部を設置し対応していくことになりましたので、お知らせさせていただきたいと思います。

29日、市のホームページに「高槻市健康危機管理対策本部の設置について」が掲載されています。

本市では、1月28日の閣議で“新型コロナウイルス関連肺炎”を指定感染症に指定することが決定されたことを受け、本市における今後の総合的対策の推進に向けて、“高槻市健康危機管理対策本部”を設置しましたと記載。

今後、国や大阪府の対策本部とより一層の連携を図り、迅速な情報収集を行い、市民への周知啓発に努めてまいりますとのこと。

お問い合わせは、健康福祉部 保健所 健康医療政策課、電話番号:072-661-9330

「専用電話番号:072-661-9334 まで」

議長インタビュー~新年のごあいさつ~

□議長公務 お知らせ 式典・イベント / 2020年1月2日

ケーブルテレビ広報番組 「情報BOXワイドたかつき」から

IMG_4074 111日号の「情報BOXワイドたかつき」、議長インタビュー・新年のごあいさつが、令和211日から9日まで、13回、9時、1215分、2215分から放映されます。皆さまぜひ、ご覧ください。 私は元旦の日に録画をして・・・今後、市のホームページやYouTubeでも。

(インタビュアー)
吉田議長、新年あけましておめでとうございます。

(議長)
おめでとうございます。

(インタビュアー)
まずは、市民の皆さまに新年のご挨拶をお願いします。

(議長)
新年あけましておめでとうございます。市民の皆さまにおかれましては、希望に満ちた令和初の新春を、お迎えのこととお慶び申し上げます。

日ごろより市議会に対しまして、ご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

(インタビュアー)
さて、吉田議長は昨年5月、第71代高槻市議会議長に就任されましたが、どういった1年でしたか?

(議長)
昨年4月の市会議員選挙後、5月の臨時議会において、第71代高槻市議会議長に就任いたしました。

誠に身に余る光栄であり、改めて、その職責の重さを痛感いたしております。市民の皆さまのご期待に沿えるよう、高槻市の発展と議会の円滑な運営に全力を尽くしてまいりました。

◇◆◇◆◇(中略)

(インタビュアー)
それでは議長、最後に市民のみなさんへメッセージをお願いします。

(議長)
市議会といたしましては、これからも、市民の代表として、引き続き市民の目線に立って、より住みよい高槻市にするため、行政の監視機関としての機能や政策提言機能等、議会としての役割を十分に発揮してまいりたいと考えております。

市民の皆さまには、今後とも、ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。結びになりますが、皆さまのご健勝とご多幸を祈念いたしまして、新年のごあいさつとさせていただきます

(インタビュアー)
吉田議長、今回はどうもありがとうございました。

(議長)
ありがとうございました。

令和2年1月20日まで

□一般質問 お知らせ 高槻市HPへリンク / 2019年12月26日

(仮称)高槻市手話言語条例(素案)に対する意見を募集

20190405_023520069_iOS「(仮称)高槻市手話言語条例(素案)に対する意見を募集します」と市のホームページ“ホットニュース”に。

市は、市民に対する手話への理解と普及を促進するための「(仮称)高槻市手話言語条例」の素案に対する市民の皆さんのご意見を募集しますと。

実施期間は、令和元年12月20日(金)~令和2年1月20日(月)

「(仮称)高槻市手話言語条例(素案)」骨子

お問い合わせは、高槻市健康福祉部、福祉事務所「障がい福祉課」、高槻市役所本館1階⑬番窓口、電話番号:072-674-7164、ファクス番号:072-674-7188です。

公明党議員団として、多くのお声をいただき、市に要望をしてきたところです。 
2018(平成30)年3月28日 障がい福祉について <私の一般質問

ストーブ消しましたか?

あきひろ日記 お知らせ 高槻市HPへリンク / 2019年12月11日

消防本部では歳末特別警戒を実施 “こちら消防長室”から

IMG_2092数日前から、急に寒くなってきましたね。私は小型バイクで移動していますのでジャンパーは必須です。令和元年も12月、もう冬ですね。

この季節に思うのは、身体に十分気を付けて、風邪等、注意をしたいのが一つ。いつも元気なのに、「何だか今日は身体がだるい」とかってありますよね。そんな時、私は、“病は気から”精神力で「大丈夫、大丈夫」と自分に言い聞かせてます(笑)、すぐに薬も飲みますが・・・

 空気が乾燥すると風邪をひきやすくなるそうです。特に冬場の低温乾燥の環境で空気中のウィルスの飛散量が増加するそうで、これが原因だとか。

詳しいことはわかりませんが、インフルエンザも、似たような症状なのですかね? 11月~3月に流行するそうなので、皆さま、お気をつけいただきたいと思います。

市のホームページのインフルエンザ発生情報では、第47週には大阪府のインフルエンザの患者報告数が定点医療機関あたり1.2となり、「流行の始まり」である「1.0」を超えたそうです。

特に、寒い冬は暖房を使用します。空気は暖めると乾燥するので、乾燥している冬の大気が暖房により、さらに乾燥が進むというわけですね。

もう一つ思うことは火災予防です。暖房器具の使用を考えると、消し忘れて、外出してしまうとか、就寝してしまうとか要注意ですね。今もうちの玄関には、息子が小学生の時に書いてくれた「ストーブ消しましたか? 消し忘れは“火事”のもと!」を貼って注意しています。

高槻市消防本部のホームページ、“こちら消防長室”では、 本格的な冬の到来を迎え、火気を使用する機会も多くなりますが、空気が乾燥しやすいこの季節、火の取り扱いには十分にご注意いただきますようお願いいたしますとあります。

消防本部では、市民の皆さまに災害のない明るい新年を迎えていただくため、12月10日(火)から31日(火)までの間、警備体制を強化し、併せて防火意識の高揚を図ることを目的として、“歳末特別警戒”を実施しますと、注意喚起をされています。

ホームページの過去の記事にも、ご自宅においても暖房器具の使用がかかせない日々が続きます。それと同時に、暖房器具を誤って取り扱えば、瞬く間に火災となる恐れがあります。

各ご家庭におかれましては今一度、暖房器具の取り扱いにかかる「安全チェック」を行い、火災が発生しないよう十分に御注意下さいとあり、安全チェック8つのポイントが紹介されてます。

〈安全チェック8つのポイント〉
1 外出・寝る前には必ず消す。
2 燃えやすい物は近くに置かない。
3 ストーブの上に洗濯物を干さない。
4 電気ストーブを使わない時は電源プラグをコンセントから抜く。
5 電源プラグやコードが痛んでいたら使用しない。
6 石油ストーブのカートリッジタンクの給油キャップは確実に締める。
7 給油中にこぼした灯油が引火する恐れがあるので必ずきれいに拭き取る。
8 使用前に取り扱い説明書をよく読む。

〈その他有効な対策〉
・火災を早期に発見するために住宅用火災警報器を設置しましょう。
・燃え広がりを抑えるために寝具類やエプロン、カーテンなどは防炎品にしましょう。

皆さま、ご自身の身体と火の元には、十分、気を付けたいですね。

暴風警報発表

お知らせ 高槻市HPへリンク / 2019年10月12日

ホームページを災害モードに切り替えています。

高槻市のホームページは、台風19号の接近に伴い、災害モードに切り替えて情報提供をしています。皆さま、どうかお気をつけて

暴風警報の発表については、令和元年10月12日午前4時23分、高槻市に「暴風警報」が発表されました。今後、非常に強い風が吹き、激しい雨が降るおそれがあります。低い土地への浸水、河川の増水やはん濫、土砂災害に警戒してください。今後の気象情報に十分注意してください。

また、開設している避難場所は、10月12日(土曜日)午前6時から、31箇所の避難所を開設しています。今後の気象情報等に十分ご注意ください。

12日最接近か

お知らせ 高槻市HPへリンク / 2019年10月11日

台風第19号に注意してください

2019-10-11 (2)高槻市のホームページに「大事なお知らせ」として紹介されています。「台風第19号に注意してください」、台風第19号は、非常に強い勢力を維持して、12日(土曜日)に本市に最接近する見込みです。台風の接近に伴い、暴風や非常に激しい雨が降るおそれがありますので、今後の気象情報にご注意ください。

風水害

防災情報の入手に役立つページ(おおさか防災情報メールの登録など)

外部サイトへ気象庁のページ(気象警報・注意報)

高槻市水害・土砂災害ハザードマップ

12日に予定されている行事等も順次、順延や中止の情報が入っていますので、ご確認をお願いいたします。 また、「台風第19号の接近に伴う避難場所の開設について」が予定としてホームページに案内されています。

はにたんプレミアム付商品券を

お知らせ 高槻市HPへリンク / 2019年10月9日

家計の負担緩和などに

はにたんプレミアム付商品券消費税率の10%への引上げに伴い、家計の負担緩和地域の消費下支えのため、プレミアム付商品券事業が実施されています。全国の市区町村で対象となる方々(住民税非課税の方、小さな乳幼児のいる子育て世帯)に対して、25%もお得に買い物ができる「プレミアム付商品券」です

高槻市では、「はにたんプレミアム付商品券」として購入していただけます。

購入できる対象の方は
①非課税者分、2019年度の住民税(緊張割)が課税されていない方(但し、住民税が課税されている方に扶養されている方[生計を一にする配偶者、扶養親族等]、生活保護の受給者は除かれます)

②子育て世帯分、2016年4月2日から2019年9月30日までに生まれたお子さまがいる世帯の世帯主

※①②両方の要件に該当する方は両方の立場で商品券を購入することができます。

〈販売期間〉
2019年10月1日(火)~2020年3月2日(月) ※2019年10月1日~2020年3月31日まで商品券は使用できます。

〈手続き等〉
商品券を購入するには、あらかじめ市が発行する購入引換券の交付を受ける必要があります。市民税非課税者が購入引換券の交付を受けるためには、事前の交付申請による要件確認が必要です。子育て世帯主には、9月以降に順次、購入引換券を市から郵送されています。子育て世帯主の交付申請は不要です。

〈プレミアム付商品券〉
500円券、10枚綴りで1冊。1冊ごと購入可能で、お一人様5冊まで購入できます。

〈おトク!!〉
最大20,000円で25,000円のお買い物ができます。

〈購入窓口〉
プレミアム付商品券の購入窓口(販売場所)について

〈商品券が使えるお店〉
商品券が使えるお店

お問い合せ先
詳しくは、高槻市はにたんプレミアム付商品券専用ホームページをご覧ください。

https://www.hanitan-premium.jp

高槻市 0120-60-2036(平日8:45~17:15)
全国共通ダイヤル 0570-02-2036(平日9:00~18:00)

外部サイトへ「はにたんプレミアム付商品券」特設サイト(外部リンク)

〈ご注意〉
「プレミアム付商品券」を装う、“振り込め詐欺”や“個人情報の搾取”にご注意を!!

たかつきの財政状況

お知らせ 高槻市HPへリンク / 2019年9月28日

平成30年度決算がまとまりました。 

20190405_023520069_iOSたかつきDAYS”の10月号に、「平成30年度決算 たかつきの財政状況」が紹介されています。

(たかつきDAYSより)決算は一年間の事業の内容を歳入(収入)と歳出(支出)で表したもので、平成30年度も引き続き「みらい創生」をキーワードに、次世代への積極的な投資として、子育て・教育環境や都市機能などの充実に向け、下記の施策を実施。また、昨年発生した大阪府北部地震および台風第21号などによる被害に対し、一部損壊した住宅への支援なども実施されました。

決算を通して、平成30年度に市が何にどれくらいのお金を使ったか、そして将来にわたり市民の皆さんが安全・安心に暮らしていけるよう、どのような施策を進めたか、お伝えしますと、たかつきDAYSで紹介されています。

平成30年度の特長として

「子育て・教育関係の充実」では、国に先駆けて5歳児の幼児教育無償化を実施・・・2億1,839万円、● 高槻子ども未来館を整備・・・19億6,346万円、● 全中学校コンピューター教室にタブレット型パソコンを導入・・・3億1,672万円、● 民間の認定こども園などでの体調不良児対応型の病児保育実施に経費を助成、●市立認定こども園を整備、● 公民館などで本の受け取り・返却ができる「まちごと図書館」事業を実施、● 外国語指導助手(ALT)を全中学校区に配置、小学校の英語教育を充実。

また、「都市機能の充実」では、●安満遺跡公園が一次開園・・・10億3,620万円、●妊婦とその同伴者に対する市営バスの特別運賃を導入、● 高槻IC周辺における土地区画整理事業を支援などを。

さらに、「市民生活の充実」は、●合奏式墓地の供用を開始・・・1億2,537万円、●将棋のタイトル戦を誘致など・・・716万円、●新文化施設の整備に向け、実施設計を完了、●分かりやすい窓口や快適な待合いスペース確保のため、市役所本館1階のレイアウト変更を実施。

「健康・福祉の充実」は、● 胃内視鏡検診の導入など、がんの早期発見・早期治療を推進・・・7億4,872万円

「良好な環境の形成」は、● エネルギーセンター第一工場を更新・・・87億6,215万円

「安全・安心のまちづくり」は、●市全域大防災訓練を実施、● 指定避難所である小・中学校などへ、マンホールトイレの整備に着手、● 総合雨水対策アクションプランに基づき雨水貯留施設などの整備を推進

「産業の振興」は、●オープンたかつきを実施・・・3,300万円、● 観光情報コーナーを活用したPR活動に取り組む観光協会の支援、●商工会議所と連携し、起業・創業を支援となっています。

平成30年度の市の“普通会計”では、歳入が1,243億2,000万円、歳出が1,217億5,400万円となり、歳入・歳出とも前年度に比べて増加。

歳出増加の主な理由は、エネルギーセンター第一工場の更新や、昨年発生した大阪府北部地震および台風第21号などの災害対応によるものです。翌年度へ繰り越すべき財源20億6,600万円を差し引いた実質収支は、5億円の黒字となりました。

また、“公営企業会計”では、下水道、水道事ともは黒字でしたが、市営バスでは、昨年の自然災害により運休が発生したことから赤字となりました。

今後、市議会としましては、休会中の10月に「決算審査特別委員会」を開催し、一般会計、特別会計、企業会計の決算等の審査を10名の委員の皆さんで行っていくことになっています。