高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

Wネットワークいいですね

□ホームページ あきひろ日記 いいね!!たかつき / 2019年5月18日

今日は兵庫の友人宅へ

IMG_6952新名神高速道路、高槻JCT・ICから宝塚北SAへ、安全運転で快適なドライブ。宝塚北にはETC専用の出口がありビックリ。工程は宝塚市から川西市、そして名神の尼崎ICから高槻JCT・ICへ、途中、尼崎市の自転車専用レーンも見れて、青いレーンの写真をパチリ。名神の吹田SAでもパチリ、無事帰宅。

新名神走行の感想は快適のひと言。宝塚北までのいくつかのトンネルを通る時、緑のライトに驚き。

2018年春に開通した新名神高速道路の高槻~神戸間(43・1km)の上下線トンネル8カ所に、緑色の光の輪、ペースメーカーライトと呼ばれる設備が設置されているらしい。光を追う心理を利用して減速を防ぎ、渋滞を起きにくくする効果を狙ったものだとか。

また、ETC専用の出口は、スマートインターチェンジと呼ばれ、宝塚市北部地域(西谷地域)を通る新名神高速道路が西日本高速道路株式会社にて整備されることとなったことから、北部地域の玄関口としての地域振興や、高速道路利用者の利便性向上、災害時等の緊急輸送機能の向上を目的としてスマートインターチェンジ(SIC)が設置されたそうです。上下線とも出入り可能で、運用時間は24時間だとか。

さらに帰路に利用した名神高速道路、Wネットワークの利便性を感じ、結合点が高槻JCT・ICというところがいいですね。

1階フロアがキレイに便利に

いいね!!たかつき お知らせ / 2019年5月8日

行政サービスのさらなる充実

2019-05-08 (2)本日、登庁すると市役所1階の受付やトイレがすごくキレイになっていることに気付きました。現在、市役所本館は耐震化工事に併せて、窓口の内装や導線の改装工事も進んでいます。

以前もあきひログ「先駆者のように」で1階フロアの一部分をご紹介させていただきましたが、いい感じで充実してきています。工事は現在進行形で、西側が工事中のようですが、完成すれば、導線も含めてすごく利用しやすくなると思います。

また、本市のホームページを見ていると、「窓口の呼出・混雑状況」のタイトルで、1階の一部の窓口(市民課・長寿介護課・国民健康保険課・税制課・市民税課)の呼出・混雑状況を、インターネットで確認できるようになりましたと紹介されています。

庁外または、ご自宅にいながら、パソコンや携帯電話において、現在の窓口状況を確認することができますので、ご利用くださいとも。

現在のお呼び出し番号とお待ちの人数を以下のリンクから確認することができます。
外部サイトへ窓口の呼出・混雑状況の確認(外部リンク)

受付が終わり交付をお待ちの方は、以下のリンクから交付状況を確認することができます。
外部サイトへ市民課6番】交付窓口お呼出し状況の確認(外部リンク)外部サイトへ【税制課23番】交付窓口お呼出し状況の確認(外部リンク)

行政サービスのさらなる充実、いいね!! (※改装工事は進行中のため写真は変化しています)

幸福感を大切に

□ホームページ □街宣活動 いいね!!たかつき 党活動 高槻市HPへリンク / 2019年3月26日

今日も青空のバス停交差点

20190325_233039000_iOSいつものバス停交差点。交わすあいさつに春が一歩ずつ近づく実感を。毎朝、お会いする同じ団地で、最上階にお住いの高齢のご婦人はいつもお元気な様子。いつも階段を上がり降り。一言、二言、交わす言葉に思わず笑顔がこぼれます。

本市の高齢化率は28%、約40年後には40%まで上昇すると言われています。私たちが住む団地の高齢化率は、本市平均よりも高いようにも感じながら、今朝の新聞記事に目が。

「いち、にー、さん、し」「ごー、ろく、しち、はち」「ます! ます! げん! き!」と30人ほどの高齢者が口をそろえて体操の掛け声。「ますます元気体操」、皆さんお元気!!

本市が考案した「ますます元気体操」、介護予防を目的に作成された健康体操。市域全体でも積極的な取り組みを。地域の老人会の会長さんも笑顔で推進。

自分自身が元気になるとともに、市が発行する記録手帳「健幸パスポート」にスタンプを押印して、一定のポイントが貯まると、100・200・300ポイントコースのいずれかで、記念品交換または寄付を選ぶことも。ステキな取り組み。

健康体操などで背筋を伸ばしたり、筋力をつけることは、年齢を重ねる身体の予防には重要なよう。

ちなみに私も議会活動で、約10年前に予防への取り組みを推進。「介護保険制度を活用した高齢者のボランティア活動の支援について」/2008(平成20)年6月27日介護保険制度を活用した高齢者のボランティア活動の支援について(会議録)と一般質問。

結婚して団地に入居してから35年、老人会の会長さんとも長いお付き合い。本当に笑顔が似合うステキな方。変わらぬ姿勢を貫くリーダーとしての取り組みに敬意を表しながら、誰もが年齢を重ね、高齢になっても笑顔・元気でいることの大切さを感じる記事でした。

今朝見た、一輪のたんぽぽの英語の花言葉は「happiness(幸福)」、年齢を重ねるほど幸福感を大切にしたいと。健幸ポイントを貯めながら・・・

高槻のNEWスポット

□街宣活動 いいね!!たかつき 党活動 式典・イベント 高槻市HPへリンク / 2019年3月23日

つづくビッグプロジェクトの完成

20190323_022049944_iOS本日は皆さん待望の、記念すべき一日で2つのイベントが開会。高槻のNEWスポットが完成しました。「安満遺跡公園」の一次開園と「高槻子ども未来館」の内覧会が開催。子どもから大人まで、多くの市民の皆さんが安満遺跡公園に集われ大賑わいでした。

今回、一次開園される安満遺跡公園は4・1ヘクタールで、3年後の2021年には21・8ヘクタール、甲子園球場5個分の広さで全面開園される予定です。

高槻のセントラルパークともいわれる安満遺跡公園、地下に弥生時代の環濠集落跡が眠り、長年、京大農場として親しまれてきた貴重な空間。本市の未来に向けて、新たに子どもから大人まで青空と緑の中や、パークセンター等で楽しく過ごせる憩いの場所が一部オープンとなりました。

広大な公園の特徴は、近畿で最初に稲作がはじまったとされる弥生時代前期の遺跡が発見された公園、全天候型の子どもの遊び施設を有する公園。また、災害時には最大で2万8000人が3日間過ごせる防災公園でもあります。

そしてハーフメイドの公園として、時代やニーズにあわせて変化し、市民力や民間力で成長し続ける公園となっています。

今日のオープニングイベントでは、人工芝のメインステージに特設の舞台が設けられ、主催者の濱田剛史市長らのごあいさつのあと、来賓紹介「皆さま、おめでとうございます」、そして、みんなでテープカットを。160名の皆さんと一緒に、特別なテープに記念のハサミを入れさせていただきました。(感動と拍手)

このあと、じゃんけん大会や縄文・弥生人コンテスト、安満人(あまんど)倶楽部の体験プログラム等、ご参加の皆さんが楽しめるイベントが続いたようです。

20190323_061039000_iOSつづいて、公園に隣接する市街地に建設された「高槻子ども未来館の内覧会」へ。以前も福祉企業委員会協議会でパークセンターを含め、視察をさせていただきましたが、今日は記念の式典。本当におめでとうございます。

こちらでも主催者の濱田市長からのごあいさつ、子ども未来部長からの施設の概要説明。就学前の子どもたちが健やかに成長し、そして生きる力を育むために、新たな子育て支援の拠点として、3つの機能を備えた複合施設が誕生。ご来賓の方から保育士の育成に期待を寄せる声が印象的でした。

6154・61平方メートルの延床面積で3階建ての建物。1階は高槻認定こども園、2~3階は子ども保健センターと子育て世代包括支援センター、3階には子育て支援人材育成施設が。公立ではじめてのサービスとして、病児保育や休日・一時預かりなどの多様な保育。保育の担い手の育成。乳幼児健診などの母子保健機能の充実などが特徴です。

今朝は、記念式典に向かうため、いつものバス停交差点では、ございさつできませんでしたが、夕方、交差点へ。帰宅後、安満遺跡公園の一次開園を祝して、テープカットのテープを持って思わずパチリ。

4月1日オープン 合葬式墓地

□街宣活動 いいね!!たかつき 党活動 式典・イベント / 2019年3月21日

高槻市合葬式墓地の開所・お披露目会へ

20190321_030645312_iOS春分の日の今朝のバス停交差点は雨。あいさつ終了後、高槻市合葬式墓地の開所・お披露目式へ。雨も上がり曇り空でしたが、多くの市民の皆さまもご参加されての記念式典は、そのニーズの大きさを物語っているようでした。

濱田剛史市長のごあいさつのあとシンボルモニュメントの除幕式、たくさんの拍手とともに完成の喜びに盛り上がりました。

高槻市公園墓地内(市葬祭場[安満御所の町]に隣接)に完成した合葬式墓地、小高い山の中腹から見るまちは、今月23日に一次開園される安満遺跡公園新名神高速道路等が展望できる抜群の場所。桜が咲く頃には本当にステキな場面に出会えると感じます。

市民から選ばれたモニュメントの地下には合葬室、1万体の焼骨をそれぞれ専用の布袋に納めて合同で埋葬。また、個別保管室には、最大4千体の焼骨を個別に保管。保管期間は10年間または20年間とされています。また、記名板もあり、故人の氏名等刻印して御影石にはめ込まれるようになっています(本日は、合葬室や個別保管室は見学できませんでした)

市のホームページに、本市は、昭和40年代に高度経済成長期を反映した人口流入の結果として、12万人ほどだった人口が、10年余で30万人を超えるという人口急増期を経験しました。現在は、本市に定住した市民の皆さんが年齢を重ねられ、住み慣れた土地で新たな墓地を求める方が多くおられます。今後も、急激な高齢化が進む本市においては、さらなる墓地需要の高まりが予想されます。

20190321_025154000_iOS一方で、若い世代には、「個人だけの墓地で十分」「もっと安価な墓地はないか」など、墓地に対する新たなニーズも生まれています。

合葬式墓地は、個人や家族単位で個別に墓石を建てる墓地とは異なり、ひとつの大きなお墓に焼骨をまとめて埋蔵する墓地で、管理される人がお亡くなりになっても、将来の墓守の負担や承継などの手続きの必要がなくご使用いただけます。と

多くの方々の、新たなニーズにお応えする合葬式墓地。4月1日にオープン。市民の生前予約もできるそうです。詳しくは市のホームページまたは斎園課へ(☎072-674-7192)

公明党議員団として要望してきた事業。私もここで眠りたいと真剣に考えてしまいます。

聴覚障がい児 支える

□公明新聞 いいね!!たかつき 党活動 / 2019年3月20日

公明新聞(3月19日付け) 大阪・高槻市 人工内耳 買い替えなどに助成

20190318_215619058_iOS今朝は晴天の交差点。今日も一日よろしくお願いいたします。

昨日の公明新聞に「聴覚障がい児を支える」と高槻市の記事。(記事全文)大阪府高槻市では現在、人工内耳を装用している18歳未満の子どもを対象に、人工内耳装置本体の買い替えや修理費用に年20万円(上限)、装置の電池購入費用に年3万円(同)を助成し、関係者から喜ばれている。

人工内耳装置等購入費助成について <市ホームページ

人工内耳は、対外に装着した音声信号処理装置が音声を電気信号に変え、側頭部に埋め込んだ受信機に信号を送ることで聴覚神経を刺激し、音声を伝えるもの。

受信機の埋め込み手術と装置の購入費用は保険適用だが、修理や買い替え、電池代などは保険適用外のため、全て装用者の自己負担となっていた。

こうした実情を踏まえ、市議会公明党の吉田あきひろ議員(市議選予定候補)は2016年3月の定例会で、人工内耳装置の買い替えや修理、電池購入に対する費用助成を要請していた。

20181101_022250770_iOS市議会公明党はこのほど、聴覚障がいのある子どもの保護者などでつくる「高槻難聴児親の会」のメンバーらと懇談。人工内耳を装用する娘を持つ同会の代表は「解決できないことが多い中、支えてくれたのが公明党」と感謝していた。

同席した市の担当者は人工内耳の早期装用による聴覚獲得効果に触れ、「重度の聴覚障がい児への支援をさらに充実させていきたい」と話した。

人工内耳 <あきひログ

障がい福祉について/健康福祉部障がい福祉課/2016年3月28日 <一般質問
平成28年3月28日 障がい福祉について(会議録)

公立ではじめてのサービス

□福祉企業委員会 □街宣活動 いいね!!たかつき 党活動 議会活動 / 2019年3月8日

新年度予算(骨格)の審議・付託を受け福祉企業委員会が開会「高槻子ども未来館について」

IMG_4114寒の戻り、少し肌寒い朝となりました。どうかお気をつけて行ってらっしゃい!!と 今朝のバス停交差点。今日はわざわざ会いにきてくださったご夫婦がいらっしゃり感謝と感激。そして感動の思いを。そして御礼

さて本日は、3月定例会で付託を受けた福祉企業委員会が開会。私の方からの質問は・・・

議案第39号 平成31年度高槻市一般会計予算について(児童福祉施設運営)

議案第42号 平成31年度高槻市国民健康保険特別会計予算について

議案第48号 平成31年度高槻市自動車運送事業会計予算について

まず一般会計の当初予算の中から、児童福祉施設・高槻子ども未来館の運営についてを質問。今月、23日に待望の安満遺跡公園が一次開園、全面開園は2年後とされ、甲子園球場5個分の広大な面積で、2500年前の弥生時代の人々が住家に決めたこの地から、本市の新たなシンボルとなる公園がオープンします。

ここには、民間力を生かした全天候型の子どもの遊び施設が併設され、4月には隣接する市街地に、こちらも待望の高槻子ども未来館が完成・オープンを予定しています。新年度予算では、この子ども未来館の運営費等が新たに計上されていることから、まずは、その内容と考え方をお聞きしました。

子ども未来館全体の施設管理費4,649万7千円のほか、高槻保育所の移転と併せて、新規に認定こども園として開設する高槻認定こども園の運営費及び、当該園において公立ではじめて実施する「休日・一時預かり」や「病児保育」に関する費用を計上しているところ。

施設の特長として、未来館内の高槻認定こども園では、休日・一時預かりや、病児保育のサービス提供がされるところで、私たちも要望してきたサービス。これらの内容についても確認しました。

多様な保育ニーズに対応するべく、新たなサービスとして

休日・一時預かり保育
保護者が急な用事などで保育ができない場合に備え、日曜・祝日を含めて一時的に子どもを預かる随時利用と、主として働いていないなどの理由で、認可保育施設等への入所が難しい方に対し、求職活動の機会が確保できるよう、最大3か月の一時預かりを実施する定期利用の二つの類型を実施

病児保育
子どもが病気のためにいつも通っている保育所に預けられず、仕事も休めない人などを対象に、市内のどの保育所等に通っているこどもでも利用できる施設

最後に要望として
安満遺跡公園については、市内外からの交流人口増加への期待、子ども未来館では、子ども保健センターも異動され、市内の子育ての中心地になってくることが期待されます。

子育てにやさしいまちを、どこまでも目指しながら、新年度予算として、他にも児童発達支援や、児童手当、施設型保育、地域型保育、三箇牧・五領の認定こども園整備等、予算額の大きさが子育てと本市の未来に向けての期待がいっぱい詰まっているように感じています。

今年10月からはじまる、幼児教育・保育の無償化についても、全国共通で、日本の未来を構築する取り組みといっても過言ではないと思っています。

国からの指針が順次でてきているようですので、適切に対応をお願いしたい。サービス内容として、選択肢や条件が複雑に感じるところもありますので、丁寧な情報提供をお願いしました。

また本市では、平成30年度から5歳児の幼児教育の無償化を先進的なサービスとして行っていますので、10月に向けて整理・整合し、サービスの低下がないように要望をさせていただきました。

今日から、高槻認定こども園の申込受付がはじまっていると聞きました。皆さん、よろしくお願いいたしますと。つづく・・・

PS:福祉企業委員会協議会も開催

たかつきニュース

□街宣活動 いいね!!たかつき 党活動 高槻市HPへリンク / 2019年3月2日

三つの話題

IMG_3855春の気配を感じる晴天の土曜日。寒い冬を耐えてきた桜も芽吹きそうな感じ。今日も一日よろしくお願いいたしますと朝のスタートから、訪問活動でたくさんの激励とご意見をいただきました。皆さま、ありがとうございました。

さて、私が選ぶ高槻の三つのいいニュースです。

一つ目は、高槻市の新たなシンボルとなる甲子園球場5個分(約22ヘクタール)の広大な「安満遺跡公園」、その一部が3月23日(土)にオープンするニュース。市のホームページから

オープニングイベントでは、みんなで記念式典でのテープカット(先着100名様限定)ができることや、安満人倶楽部などによる体験型プログラム「1000人の足あとアート」、縄文・弥生人コンテスト、美味しい食べ物などが盛りだくさん!! らしいです。

新しい公園で思いっきり遊ぼう!!と・・・市のホームページ、安満遺跡公園オープニングイベントの開催について

二つ目のニュース、「合葬式墓地」が4月1日にオープンします!! オープンに先立って、3月21日(木・祝)、合葬式墓地の開所・お披露目会が開催されます。当日は、合葬式墓地の除幕を行う開所式と市民の皆さんに職員から施設の説明をされるお披露目会。参加は自由となっているそうです。ぜひぜひ。

合葬式墓地は、個人や家族単位で個別に墓石を建てる墓地とは異なり、ひとつの大きなお墓に焼骨をまとめて埋蔵する墓地で、管理される人がお亡くなりになっても、将来の墓守の負担や承継などの手続きの必要がなくご使用いただけます。市のホームページより

最後、三つ目は、高槻市と西日本旅客鉄道(JR西日本)とのまちづくり連携協定の締結。今日の新聞で報道されていましたね。駅周辺や鉄道沿線において相互に連携し、都市の持続的な発展を図ることを目的に、昨日「まちづくり連携協定」の締結が行われました。

内容は、高槻東部地域における新たな市街地形成と新駅設置等の可能性検討。西部地域における踏切課題の解消。駅を中心にしたコンパクトシティ・プラス・ネットワークの実現。定住人口、交流人口の拡大に向けた都市基盤の整備。その他、鉄道と連携したまちづくり。等々に関すること。

いいね!! たかつき。たかつきニュース。今も前進しています。 私たちも要望・推進してきました。

議会改革が前進

□街宣活動 □防災・減災 いいね!!たかつき 党活動 議会活動 / 2019年2月27日

議会運営委員会を開催

IMG_3750寒さがもどった水曜日。それでも皆さんと手を振り合いながら、元気に朝のごあいさつ。気をつけて行ってらっしゃいとのお声かけ。

今日の午前中は、議会運営委員会を開催。理事者の提案から、委員長として平成31年第1回定例会の議事運営について協議を行いました。3月定例会は3月4日から20日までの17日間。平成30年度の補正予算から条例案件、31年度予算案件等が審議されることになります。

またその他の案件では、先日「高槻市災害時初動及び平常時における行動マニュアル」を市執行部へ策定等の報告を行い、同日から適用されたこと。2月10日に実施された高槻市全域大防災訓練で、本マニュアルに基づき安否確認の訓練が行われ、ご協力に感謝し、今後とも適切な対応に努めていただけるようお願い申し上げました。

議会改革が進んでいます。

春が近づいているような火曜日の朝

□ホームページ □街宣活動 いいね!!たかつき 党活動 安心実績ナウ 高槻市HPへリンク / 2019年2月26日

今朝は阪急高槻市駅前から

IMG_3744春が近づいているような火曜日の朝。林けいじ大阪府議会議員らとともにはじまり、地元のバス停交差点でもごあいさつを。たくさんのご声援に感謝。皆さま、本日もよろしくお願いしますとの思い。

マイクを持って、私の方からは「住んで良かったまち・高槻」のビッグプロジェクトをご紹介。JR高槻駅の新ホーム完成から昇降式ホームドアの設置やスライド式ホームドアの設置工事で安全・安心が進んでいること。また、新名神高速道路の完成で既存の名神高速道路と併せてWネットワークが整備され、利便性の向上や渋滞緩和などの成果も上がっていること。

さらに3月23日オープンする安満遺跡公園の一次開園をご紹介。

約2500年前に弥生時代の人たちが生活の場所に選んだところ、その営みが現在に息づき、国宝級の石器が土器が発掘。高槻のシンボルといっていいような安満遺跡公園。この場所で、未来を担う子ども達が屋内外で思いっきり遊べる施設や、コーヒー片手におしゃべりしたり、お散歩やジョギングも楽しめる、みんなの憩いの場としての公園がオープンします。

甲子園球場5個分、約22ヘクタールの広さを持つ安満遺跡公園。どうか開園をお楽しみいただきたいと思います。全面開園は2年後です。

また、先駆けて公園の地下には2万リューベーの雨水貯留施設が設置、防災・減災についても防災公園としての位置付けもされています。

そして隣接する市街地には、子ども未来館が4月オープン。特長として、公明党議員団として、今まで要望してきたサービスの充実。保護者が仕事などで、家庭で病気の子どもの保育ができない場合に利用できる「病児保育」や、保護者が急な仕事や用事などで家庭で保育できないときなどに1時間単位で利用できる「休日・一時預かり保育」、求職活動などで一定期間子どもを預けたいときなどに、年度末までに最大3か月利用することができる「定期保育」など。子育てにやさしいまち・高槻が充実していきます。

詳しくは「たかつきDAYS 3月号」を・・・

私は市政発展や安全・安心のまちづくりを目指して取り組んでいます。これらの多くの実績ができたのも、公明党の国・府・市のネットワークが生かされたということで、今後も大切だと思うことは、政治の安定と皆さんの喜びだと感じています。そのためにも、これからも誠心誠意、全力で取り組んでいきたいと決意しています。