高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

大阪府警からの心得

□自転車の安全利用 / 2017年8月3日

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための心得

 

7月は、子どもの自転車乗用中の交通事故死傷者数が

最多となる時期!

 

2017-08-03子どもの自転車関連事故の約7割が出合頭!!

左の図は、大阪府下で過去3年間(平成26年から平成28年)に発生した交通事故で、子ども(15歳以下かつ中学生以下)の自転車乗用中の月別死傷者数。年平均331件で、7月は441件
右の図は、大阪府下で平成26年から平成28年に発生した子どもの自転車関連事故の内訳(出合頭2,339件、左折時314件、右折時232件、正面衝突103件、すれ違い85件、その他348件)

それぞれ(図も含む)大阪府警のホームページ資料から

自分自身の経験からも、夏休みになると自転車での行動が多くなるのかなと思いますね。過去3年間のデーターから7月が一番多く、また、“出合頭”事故の桁の違いに驚きです。

皆さん、どうか、自転車のルールを守って事故に遭わないように、お互い気をつけましょう!! 今日は私もヘルメットをかぶって市民相談から市役所へ

大阪府警からの心得

□自転車の安全利用 / 2017年5月22日

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための心得

3月は、自転車乗用中の交通事故死亡者数が最多となる時期!
自転車関連死亡事故の約4割が信号がある交差点で発生と心得よ!

◇自転車利用者の皆さん、信号を必ず守り、危険な横断はやめましょう!

◇ドライバーの皆さん、交差点を通行する際は、速度を落とし周りをよく見て
 特に、自転車の動きをしっかり確認しましょう。

大阪府警の「ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための今月の心得」で、過去3年間(平成26~28年)の自転車乗用中の交通事故の月別死者数等が紹介されていました。一年を通じても3月が最多の18人となっていますが、次に多いのが12人で6月と11月、その次が10人の1月、毎月5人以上とグラフには示されており、悲しい思いになりました。

また、過去3年間の自転車死亡事故件数の道路形状別信号機有無別内訳をみますと、「信号機あり交差点」が42%(48件)、「信号機なし交差点」が24%(28件)と信号機あり交差点は約倍の数値を示しています。

他にも、注意喚起として、自転車利用者の皆さんへ、自動車には様々な死角があるので、自動車の動きには十分注意しましょうと。

大阪府警からの心得 2ndステージ

□自転車の安全利用 / 2017年2月15日

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための心得

大阪府警からの心得が2ndステージへ。その11は・・・

12月から1月は、夜間における自転車乗用中の高齢者の事故死者数が最多!!

夜間に自転車のライトをつけずに走行した場合事故による致死率が約1.4倍と心得よ!!

自転車利用者の皆さん
・夕暮れ時や夜間外出する際は、ライトを点灯するとともに、明るい色の服を着用し、反射材を活用しましょう!!

ドライバーの皆さん
・早めにライトを点灯し、ハイビームとロービームのこまめな切り替えを!!

2017-02-13

※1/左図は、大阪府下で平成25年から平成27年に発生した夜間(18時から6時)における自転車乗用中の高齢者の月別事故死者数
※2/右図は、大阪府下で平成25年から平成27年に発生した夜間(18時から6時)における自転車乗用中の事故のライト点灯有無別の死者数/死傷者数 (ライト点灯あり:死者12人/死傷者4,229人、ライト点灯なし:死者20人/死傷者4,999人)

大阪府警からの心得 2ndステージ

□自転車の安全利用 / 2017年1月24日

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための心得

大阪府警からの心得が2ndステージへ。その7は・・・

自転車対歩行者による人身事故件数は10年間で約1.6倍に増加!!

自転車対歩行者による人身事故の自転車側当事者の約4割は30歳未満と心得よ!!

自転車利用者の皆さん

1 歩道は歩行者優先です!! 歩道を通行する際は車道寄りを徐行し、歩行者の妨げにならないようにしましょう!!
2 交通違反は重大事故に直結します!! 交通ルールを守りましょう!!

2017-01-24

▲大阪府警察ホームページの資料より

〈感想です〉客観的なデーターが物語る事実。誰も自分のこととは思わないかもしれません。遵守されている方も多くおられると思います。そんなん関係ないはと思う方もいてるかも…慌てることも。焦ることもありますよね。でも、「事故が起こってからは遅い」、後悔することもありますよね。私も含めて、日頃からの注意と思いやり。大切にしたいですね~(*゚▽゚*)

.

自転車保険の加入義務化

大阪府では、大阪府自転車条例により、平成28年7月1日から自転車保険の加入が義務化されました。自転車利用者の皆さん。自転車保険に加入しましょう!!

大阪府警からの心得 2ndステージ

□自転車の安全利用 / 2017年1月11日

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための心得

大阪府警からの心得が2ndステージへ。その1は・・・

高齢者の自転車乗用中の死者の約8割は負傷部位が頭部と心得よ!

65歳以上の自転車利用者の皆さん!! と注意喚起されています。

1.自転車に乗る際は、事故の衝撃から頭部を守るためヘルメットをかぶりましょう!!
2.加齢に伴い身体機能は低下します。安全運転と安全確認をお願いします!!

データーによると、大阪府下で平成25年から平成27年に発生した自転車乗用中の高齢者の月別死者数は10月が最多(9人/64人)。また、大阪府下で平成25年から平成27年に発生した自転車乗用中の高齢者の死者(64人)の負傷部位内訳は (頭部:50人、胸部:5人、腹部:4人、その他:5人)、頭部が最多の78%

死亡事故の事例も紹介されています。
自転車乗用中の高齢者が信号のない交差点で自動車と衝突。事故による衝撃で、頭部を強く打ちつけ亡くなる事故が発生。交差点では一旦停止して周囲の安全を確認しましょう。近所に出掛ける時でもヘルメットをかぶりましょう!(大切なことですね)

 

先日、高齢の方が、買い物帰りなのでしょうか、前のカゴと後ろのカゴに荷物をいっぱい載せて、歩道を通っていらっしゃるのを見ました。ヘルメットはなしです。反対方向から若い方の自転車がきました。高齢者の方は、よけようとされバランスを崩しながらも走っています。「ヒヤッ」とした場面でした。

一旦、自転車から降りてもいいのになぁと感じた瞬間です。どうか事故のないように・・・

大阪府警 50の心得より

□自転車の安全利用 / 2016年5月7日

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための50の心得(その27)

大阪府警察のホームページから、「自転車対歩行者事故の死傷者数は10年で約1.6倍に増加!」と示されています。

自転車対歩行者事故の自転車側の約6割は40歳未満と心得よ!

自転車利用者の皆さん
1 歩道は歩行者優先です。歩道を通行する際は車道寄りを徐行し、歩行者の妨げにならないようにしましょう!
2 交通違反は重大事故に直結します! 交通ルールを守りましょう!

※  大阪府下で平成18年から平成27年に発生した自転車対歩行者事故によって生じた死傷者数 約1.6倍

平成18年  平成19年  平成20年  平成21年  平成22年  平成23年  平成24年  平成25年  平成26年  平成27年
191 221 214 252 237 257 274 276 307 301

301÷191=1.58

(注)高槻市自転車安全利用条例 施行済<高槻市ホームページ 

.

※  大阪府下で平成25年から平成27年に発生した自転車対歩行者事故における自転車側当事者の年齢層別の内訳(40歳未満512人、40歳以上372人)

 40歳未満   40歳以上 
58% 42%

.

さらに…危険な「…ながら」運転
「携帯電話を使用しながら」「傘を差しながら」などの運転は片手運転になるほか、周囲の安全確認がおろそかになり大変危険です! 絶対にやめましょう!

以上の注意喚起をされていました。自転車に乗る時は、皆様気をつけましょうね~!! 何をするのしても、まずはルールを守ることが大切ですよね~!!

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための50の心得のホームページhttp://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/50thkokoroe/index.html

 

吉田あきひろのホームページ 「自転車の安全利用」について
大阪府警 ある日突然、大阪で事故にあわない50の心得(自転車編)あきひログ

.

思うこと…
自転車の歴史は古く、利便性の高さは誰しも認めるところだと思います。私も幼少の頃から、当たり前のように利用し、サイクリングの趣味もあったぐらいです。しかし、ここにきて自転車に関する事故が社会的に注目されてきたのも、事故件数は元より、高額な賠償命令が下される事実も見過ごすことはできません。子どもの頃、外に出る時は、自動車に気を付けるようにと、親は心配して忠告してくれました。また、近頃は、「道路交通法」の規制を学ぶ機会もありました。法律が適用されるのは、自動車だけに留まらず、自転車、歩行者にも至ることを。

思うことは、事故が増加するからこそ、規制するルールが必要となる。また、そのルールをお互い守ることが、万が一のことを防ぐことにも通じる。お互い思いやりがあれば、ルールを守り、お互いを守れるのではないでしょうか。

大阪府警 50の心得より

□自転車の安全利用 / 2016年4月5日

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための50の心得(その21=自転車関連のみピックアップしてます)

平成28年、大阪府自転車条例、自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例が制定され、4月1日から施行されました。お互いルールを守って自転車事故のないように気を付けたいですね。

さて、大阪府警のホームページの「50の心得」です。

3月(今は4月ですが)は、自転車の信号無視による死者数が最多となる時期。心得では・・・

自転車の信号無視による死者数の約半数が高齢者と心得よ!

①自転車利用者の皆さん信号を必ず守り、周囲の安全をしっかり確認しましょう!

②ドライバーの皆さん交差点を通行する際は、青信号でも自転車等の動きをしっかり確認しましょう!

 

◆過去3年間(平成25年~27年)自転車の信号無視による月別死者数
 1月:3/2月:0/3月:5/4月:2/5月:0/6月:1/7月:2/8月:2/9月:2/10月:0/11月:1/12月:2
◆過去3年(平成25年~27年)自転車の信号無視による死亡事故の自転車側当事者の年齢内訳
29歳以下:3/30~64歳:8/65歳以上:9 

◆信号無視をしない環境の実現へ
信号無視をしない環境をつくるためには、一人でも多くの方が信号を守ることが重要です。
自転車利用者に限らず、歩行者やドライバーも必ず信号を守り、大阪の街から信号無視をなくしましょう!

以上の注意喚起をされていました。自転車に乗る時は、皆様気をつけましょうね~!! 何をするのしても、まずはルールを守ることが大切ですよね~!!

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための50の心得のホームページhttp://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/50thkokoroe/index.html

 

吉田あきひろのホームページ 「自転車の安全利用」について
大阪府警 ある日突然、大阪で事故にあわない50の心得(自転車編)あきひログ

大阪府警 50の心得より

□自転車の安全利用 / 2016年2月18日

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための50の心得(その17=自転車関連のみピックアップしてます)

平成28年、早、2月も半月が経ちました。日々、交通事故の痛ましいニュースを聞くたびに、みんながルールを守って、交通事故がなくなることを祈る思いです。

久々に大阪府警のホームページの「50の心得」、自転車に関する記事を改めて観てみました…

昨年、平成27年は20・30・40歳代の自転車乗用中の死亡事故が急増とのことでした。心得では

自転車乗用中の交通違反は、死亡事故のリスクが約1.7倍と心得よ!

①自転車乗用中の違反行為は重大事故に直結します!

②定められた危険な違反行為をして3年以内に2回以上検挙されまたは事故を起した悪質自転車運転者は、自転車運転者講習の受講が命ぜられます!

 

◆過去3年間(平成24年~26年)自転車側の違反有無別死亡事故のリスク 約1.7倍
自転車違反なし 0.18% ⇒ 自転車違反あり 0.31%  1.7倍
大阪府下で平成24年から26年に計上された自転車事故(第1当事者と第2当事者)についての自転車側の違反有無別(調査不能含む)の死亡事故件数/死傷事故件数
自転車側違反なし:死亡事故16件/死傷事故8,698件
自転車側違反あり:死亡事故111件/死傷事故36,288件

◆20・30・40歳代自転車乗用中死亡数 約6割増

平成24年:9 平成25年:8 平成26年:5 平成27年:12  約6割増

大阪府下で平成24年から27年に計上された20・30・40歳代の自転車乗用中の死者数

 

自転車も「一時停止」
自転車の死亡事故の約4割は、出合頭事故です。
自転車も車の仲間! 「一時停止」の標識のある場所では、必ず一時停止をして安全を確認しましょう。
*大阪府下で平成24年から26年に計上された自転車死亡事故(第1当事者と第2当事者)127件のうち55件が出合頭事故

以上の注意喚起をされていました。自転車に乗る時は、皆様気をつけましょうね~!! 何をするのしても、まずはルールを守ることが大切ですよね~!!

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための50の心得のホームページ 

http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/50thkokoroe/index.html

 

吉田あきひろのホームページ 「自転車の安全利用」について

大阪府警 ある日突然、大阪で事故にあわない50の心得(自転車編)

大阪府警 50の心得より

□自転車の安全利用 / 2016年1月5日

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための50の心得(その8)

昨日より、高槻市役所も業務がはじまりました。多くの方が、交差点等を行き来されていることと思います。なので、大阪府警のホームページの「50の心得」、自転車に関する記載を、改めて観てみますと…

11月は、交差点における自転車の死者数が最多となる時期だとか。平成28年1月ですが…

自転車事故死者の5人中4人が交差点等で亡くなっていると心得よ!

①交差点では、一旦止まって安全を確認しましょう!

②ドライバーの皆さんは、速度を控えて、自転車の動きに十分注意しましょう!

 

◆過去3年間(平成24年~26年)交差点及び交差点付近における自転車事故死者数は

 1月:6/2月:4/3月:5/4月:4/5月:8/6月:10/7月:5/8月:9/9月:11/10月:11/11月:16/12月:9

◆過去3年(平成24年~26年)発生場所別自転車事故死者数

 交差点:78/交差点付近:20/単路:27

交差点 目と目を合わせて 事故防止
交差点を通行する際は、相手が自分の存在に気付いているかをお互い確認(アイコンタクト)しましょう!

以上の注意喚起をされていました。自転車に乗る時は、皆様気をつけましょうね~!! 交差点等の事故は11月が一番多いようですが、一年中起こっているのも事実ですね!!

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための50の心得のホームページ 

http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/50thkokoroe/index.html

 

吉田あきひろのホームページ 「自転車の安全利用」について

大阪府警 ある日突然、大阪で事故にあわない50の心得(自転車編)

大阪府警 50の心得より

□自転車の安全利用 / 2015年12月28日

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための50の心得(その6)

今日は、市役所も仕事収めの日。またまた、また大阪府警のホームページを観てみると…

11月は、自転車利用高齢者の死者数が最多となる時期だとか。12月ですが…

5人中3人は自宅から1km以内で死亡事故にあっていると心得よ!

①自転車に乗る際は、慣れた道こそ危険が潜んでいますので、交通ルールの遵守を!

②ドライバーの皆さんは、自転車乗用中の高齢者に十分ご注意を!

過去3年(平成24~26年)自宅から発生場所の距離別自転車利用高齢者死者数
1,000km以内 42 ⇒ 1,001~2,000km 14 ⇒ 2,001km 11

また、「自転車運転者講習制度」について、平成27年6月から自転車運転者講習制度が開始されました。信号無視などの危険行為の違反を2回繰り返すと、講習の受講が命ぜられますと呼びかけています。

以上の注意喚起をされていました。自転車に乗る時は、皆様気をつけましょうね~!! 仕事はじめは2016年1月4日から…油断大敵ですね(´・ω・`)

ある日突然、大阪で死亡事故にあわないための50の心得のホームページ http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/50thkokoroe/index.html