高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

福岡市で開催

□議長公務 視察・研修会 議会活動 / 2019年7月9日

都市行政問題研究会・役員会へ

IMG_1145 - コピー7月8日(月)から9日(火)の二日間、福岡市で開催された「都市行政問題研究会・役員会」に参加してまいりました。本市は平成30年度と31年度・令和元年度の二カ年において、東海・近畿(第2ブロック)の理事の役職をお預かりしており、役員会への参加となりました。

昭和32年に設立された研究会は、都市行政の諸問題についての調査研究及び資料・情報の交換等により都市の発展に寄与することを目的としており、現在、人口25万人以上の市、74市が加盟されています。

今回ご参加されたのは、福岡市が会長市を務められ、副会長市の2市、理事の6市、監事の2市、相談役の1市の計12市の議長と事務局長、また全国市議会議長会の職員と福岡市事務局の皆さんが一堂に介する機会となりました。

1日目の議題として、⑴平成30年度本研究会会計決算について、⑵「都市における観光、インバウンド等への対応」に関する現地調査結果について、⑶「都市における観光、インバウンド等への対応」に関する調査研究報告書(素案)について、⑷今後の都市行政問題研究会のあり方に関するアンケート調査結果の報告等について、⑸第110回総会の運営について、⑹今後の運営について、⑺その他となり、2日目は、「都市における観光、インバウンド等への対応について」のテーマより、博多港と周辺の施設の視察をさせていただきました。

福岡市は人口約158万人の陸路、空路、海路が整備された政令指定都市、アジアのリーダー都市を目指されるコンパクトシティで、特に海路では、韓国、上海等へクルージングを楽しめる魅力を有しておられ、インバウンドの実績等もお聞きすることができ、現地視察には感動しました。

関係者の皆さまお疲れ様でした。