高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

皆さまのご意見を大切に

党活動 / 2019年4月29日

平成がまもなく閉幕しますが、「昭和の日」の今日は地域の訪問活動

IMG_6193大型連休3日目の今日29日は、昭和天皇の誕生日、1989年のご逝去に伴い「みどりの日」として制定され、 2007年の国民の祝日に関する法律の改正によって、みどりの日は5月4日に変更、4月 29日は新たに「昭和の日」となりました。

私も昭和生まれ。昭和にも特別な思いがあります。小学生の頃に家具調のカラーテレビやステレオが家に来て、日曜日には親父の好きな浪曲が流れ、中学生になった頃には親父の仕事の関係で四条畷から高槻へ、そして転入した一中から城南中へ、子どもの多い時代でした。高校にも行かせていただき、20代には結婚も。二人の男の子も立派な社会人。家族のありがたさをしみじみと

昭和の64年間、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」ことをその趣旨としているそうです。

さて、昭和の日の今日は地域の訪問活動、連休中なのでお留守のお宅も多かったのですが、お会いできた方々からは「おめでとう」「お疲れ様」と激励をいただき、温かな気持ちになりました。また、「来てくれたんですね」とご丁寧にお電話もいただきました。

激闘のあと、気が付けば桜もみどり色に。お会いした方々に、これからも皆さまのご意見をいただきながら頑張っていきますと・・・