高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

どこまでも大衆とともに

□街宣活動 党活動 / 2019年4月23日

市会議員選挙が終わって二日目の朝

IMG_6111地域の皆さまには、期間中、連日大きなマイクで大変失礼をいたしました。
そして、晴れて当選させていただきましたことに、心からの大感謝の思いで、今朝はいつものバス停交差点からスタートさせていただきました。

改めまして、ご支援いただきました皆さま、本当にお世話になりました。ありがとうございました。交差点では「お疲れ様」「おめでとう」「良かったね」と多くの激励をいただき感謝と感動。使命と責任の大きさを感じました。

「よし、やるぞ‼︎ あきひろ」、皆さまのお声が原点。皆さまとのお約束にお応えするべく、これからも誠心誠意頑張ってまいります。

そして、7月の決戦に向けて第三幕が開きます。全力で頑張ります。どこまでも「大衆とともに」

今日の公明新聞の記事、第19回統一地方選挙の後半戦である一般市・東京特別区・町村議選は21日に投票、21、22両日に開票が行われた。

後半戦で公明党は286市議選に901人、20区議選に150人、142町村議選に171人の計1222人を擁立し、全員当選した(うち40人は無投票当選)、女性の当選者は政党最多の439人。市議選は、政党別当選者数で7回連続の「第1党」を達成と