高槻市議会議員 吉田あきひろのごきんじょニュース

[あ]したの [き]ぼうは [ひ]とりの人を思う ここ[ろ]から

自治会の要望進む

□登町 □街宣活動 党活動 安全実績ナウ / 2019年1月25日

高木の撤去、安全・安心の向上

IMG_2560決意から85日目の朝、「皆さまおはようございます」、寒さは昨朝よりはマシな感じ。「今日もお元気で、行ってらっしゃい!!」とのごあいさつからスタート。このあとは訪問活動で、皆さまのお声をお聴きしに。

途中、地域で「ふれあい喫茶」が開催されていましたので、ごあいさつを。皆さんと一緒に飲むコーヒーは格別な味でした。皆さまから「頑張ってください」とのお声は、公明党に対する期待のお言葉だと感謝と感動、そしてもっと頑張らねばとの決意を。

お昼一旦帰宅。帰り道、市民相談をいただいていました課題が気になり現地を確認しに、「高木の撤去」等です。

2年前の2017年10月、勢力の強い大型台風21号が通過したあとさらには22号のあと、二度に渡り地域の水路沿いにある高木が倒れ、被害の拡大が危惧されました。自治会関係者の方からも二次災害や、今後の自然災害での倒木を心配されるお声を受けて、倒木の処理や高木の撤去などを市の担当者に相談しながら、地元自治会の要望書を市に届けてきました。

20190125_033002262_iOSその結果、倒木処理は速やかに実施していただき、市と自治会の説明会等を経て、ようやく高木の撤去がはじまり、昨日も作業が続いていました。

市の方も、地域住民の日常生活に影響がでないようにと撤去方法を考慮、クレーン車を使用した場合、道路を一時封鎖しなければいけないことなどから、専門の作業員が高木に登り切断していく、人による作業方法として適切に対応していただいていました。

本日、確認すると高木はすべてなくなり「安全・安心」がさらに向上したと思います。(№557)緑や自然は当然、大切ですが、安全・安心はもっと大事だと感じます。

このあとの作業も、確認しながらフォローしていきたいと思います。すべての関係者の皆さまに感謝の思いです。

台風のつめあと 二度目の台風被害 <あきひログ