幼稚園のフェンスかさ上げ=曽根幼稚園

 幼稚園のフェンスが低いのではないか。

保護者より相談があり、さっそく現場へ。山陽電車の沿線で比較的に駅に近い場所に位置し、不特定多数の通行人があることで見慣れない人が通っても不思議ではないことから、逆に人目につきにくい盲点がある。教育委員会や園長先生へ相談者の声をつなぐと共に、一般質問でも取り上げた結果、平成23年3月に嵩上げ工事が実現しました。市教委として学校敷地内への侵入抑止を計る目的で、独自のフェンス高さが策定されておらず、これからの検討課題でもあります。


 

道路反射鏡の設置=伊保南部(梅井自治会)

これまでに何度も接触事故があったとの声を聞き、担当部局と地元自治会長様へ内容をご相談させて頂いた結果、ミラーが設置されました。






 

 

 

用水路 転落防止柵=曽根町

バイクを運転中に何度か転落しそうになった。

ご近所に住んでおられる方より相談を受け、早速現場に。幅も広く深さは1.6mもあり転落すれば大事故になる恐れも。下校時には小学生が通る道でもあり、また川底には比較的新しい子供用の自転車が水没していた。危険を感じたまま市の担当部局へ相談し、平成23年3月に31mに渡り転落防止柵が設置されました。


 

 

 

 

 

 

伊保駅駐輪場が明るくなりました。

女性の方より相談があり、夜間、仕事帰りに自転車のカギを開けようとしていたらチカンらしき不審者がすぐそばまで近寄っていたという。すぐに現場へ。オレンジ色の40wのナトリウムランプが2灯設置され、伊保駅から続く通路からの動線上を連なっての照明でもあり、きれいに整備されているとの印象でした。残念ながら駐輪場機能としては暗さが否めないところでもあります。高砂警察ではパトロール重点場所に指定されているとのこと。担当部局と警察の間で情報交換がなされているか確認すると共に、防犯上、必要に応じて明るくすることも大切ではないかと相談させていただき、平成23年4月に40w → 真っ白な57wへ換装されました。数名の女性のかたより安心感が増したとの声がありました。


 

 

 

道路反射鏡の設置=伊保中部(中部自治会)

これまでに何度も接触事故があったとの声を聞き、担当部局と地元自治会長様へ内容をご相談させて頂いた結果、ミラーが設置されました。

 

 

防犯灯(新設)=曽根北之町

開発が進んだ閑静な住宅街において
夜になると真っ暗で何も見えない
との住民の方の声がありました。

早速現場を確認の上、市の
担当部局と地元自治会長様へ
現状のご報告をさせて頂いた結果
防犯灯が新設されました。

森ひでき Twitter
公明党広報 伊藤たかえ
facebook はココから
公明党高砂市議団facebook
公明党広報 Twitter
サイト管理者
高砂市 森秀樹
h_mori_1963@nifty.com