Twitter
外部リンク
サイト管理者
宝塚市 江原和明
kazuaki-ebara@tgikai.zaqrs.jp

Archive for the ‘未分類’ Category

質問_0761_s

1.高齢化社会の問題点

1)ごみのきずな収集対象者要件の緩和について

  現在のきずな収集は、直営5台5班、12名体制。週1回様々なゴミを分別収集している。 申請者は1460、取下げ中止件数を除き実際の収集軒数は660、現体制では一杯である。 ホームヘルプサービスを受けている要件が必須だが、環境省は今夏モデル自治体の実態調査を開始して、これからの高齢社会に向けた対策の検討を進める。

 2)高齢者の公共交通購入助成の鉄道カード追加について

  西宮市で実施している鉄道ICカードの導入は課題があり、すぐには実施できない。 市民にとって、どの交通機関の利用が一番好ましいか、高齢者にアンケート調査を実施する。

3)自転車の安全利用に関する条例の、ヘルメット着用モニター制度(昨年6月議会提案)

モニター応募者97名にモニターを任命しました、5月19日に開催したHKTサイクルマナーアップ・フェスティバルは、兵庫県下初のイベントで、ヘルメットかぶらせ隊の発隊式がありました。

4)市役所に「おくやみ」コーナーを設置すべき(昨年9月議会提案)

  神戸市や三田市で既に実施しており、三田市への視察を行い業務マニュアルも受領しました。 情報共有方法や案内場所などの課題について具体的な検討を始めます。

 

2.医療・福祉の課題

1)発達障害の診断ができる病院と認定手続きについて

診断ができる病院がありません、兵庫県のホームページでは、尼崎市7か所、西宮市6か所芦屋市2か所、川西市3か所、三田市4か所の掲載があるのですが、宝塚市はゼロです。以前1か所あったのがなくなったと思います。医師会等への要望をお願いいたします。

 2) がん患者のアピアランス(外見)ケアについて(昨年12月議会で提案)

   市立病院のがん診療支援センターの看護師がウィッグや爪、眉のケア、補正下着などの   相談を常時対応している。昨年8月よりエステシャンの資格を持つピアサポーターの協力により、毎月第一火曜日に「アピアランスサポートカフェ」を開催して頂いている。

   ウィッグの購入助成については、県へ制度創設の要望をしている段階です。

 

3)       障がい者の移動支援事業について

    さきほど答弁をいただきましたが、施設入所者の移動支援については施設サービスの

    一環で行われるという事でしたが、この点が施設側との見解に違いがあります。 

3.行政運営上の課題

 

1)国民年金の出産前後の保険料免除(本年4月申請開始)について

    本年2月以降に出産した方が対象、すでに36件の申請がありました。出産予定月の前月     から4か月間、保険料免除されますが、年金算定では納付したものとみなされます。

 

2)ゲリラ豪雨浸水被害対策のための止水板の導入について

    豪雨対応などで年間の土嚢の配布・設置軒数は100件程度あります。 土嚢に比べ急な      設置において比較的手間が少なく、浸水対策効果が高い一方、コストがかかるを他市より確認していますが、他市事例を参考に研究いたします。

 

3)市営住宅の滞納発生の問題点について

   契約時に保証人を立てていますが、滞納の長期化の抑止力として効果はありますが、実際の連帯保証債務履行請求を実施しても回収が難しい現状です。滞納解消および滞納発生抑制について、民間の保証協会・会社の利用も含め考えるべきだ。

 

4)教育委員会スクールロイヤー制度の導入について

    市教育委員会の顧問弁護士として、大阪の事務所で教育専門家の弁護士の方1名に就いて頂いており、昨年度はメールでの相談が53件、面談による相談が2件でした。保護者間のトラブル、教師への不満含め多岐にわたる課題があり、増員が必要な状況です。

 

5)公立幼稚園廃園に関してのニーズ調査について

  2020年度末に良元幼稚園と中山五月台幼稚園を閉園する計画です。5月時点で良元の4歳児 12人、5歳児14人、中山五月台の4歳児10人、5歳児26人、ピーク時の60~70%減少。  それぞれの歳児が単学級、小規模化が著しい状況が続いていた為の閉園となります。

  本年10月からの幼児教育・保育無償化により、3年保育の私立幼稚園への需要が高まると  予想しております。跡地利用については今後検討してゆきます。

本会議_0754_s

 

宝塚市役所の隣地で工事が進められていた、『阪神健康交流センター』

開設記念式典が、3月26日(火)午前10時から開催されました。

式典では、オープニング記念コンサートとしてバイオリン演奏や合唱が行われ、

主催者あいさつ 井戸敏三兵庫県知事が今まで4会場に分かれていたシニアカレッジが

ここにキャンパスを得て開催されます。4年制2年制の4科の定数を超える申し込みが

ありました。また、宝塚市内に分散していた宝塚健康福祉事務所もここに統合されて

すでに業務が始まっています。

宝塚健康福祉事務所と阪神シニアカレッジが入る、この建物を『阪神健康交流センター』

と呼びます。

場所:宝塚市東洋町2番5号  代表電話番号 0797-72-0054

規模:鉄骨造 4階建、敷地面積 3,080㎡、延床面積 3,918㎡

 

建物概要

1階 :健康福祉事務所 事務室、相談室等

2階 :健康福祉事務所 検査室、レントゲン室、栄養指導室

3階 :シニアカレッジ 交流ホール、グループ室、事務室

4階 :シニアカレッジ 各学科別教室、大教室

屋上 :園芸学科用農園

 

阪神シニアカレッジ:0797-26-8001

(公財)兵庫県生きがい創造協会が県から運営委託を受けています。

 

DSC_1461

DSC_1467

 

 

 

DSC_1464

DSC_1469

 

IMG_2549

2月26日午後に行った代表質問の主な内容のみ掲載いたします。 

市政運営の基本方針

  • 命を守るまちづくり

児童虐待の早期発見・相談などの様々な支援策とは

  • 安心して暮らせるまちづくり

困った方の声を、地域のネットワークで受け止め支援の手を差しのべる その、担い手は誰か

  • 将来を見据えた行財政運営

既存事業の見直しや選択と集中のうち、廃止した既存事業は何か

RPAやAIを活用した事務効率化、とは(ロブティックプロセス・オートメーション:ソフトウェア)

業務量に応じた職員の適正配置、業務量とはどのように測るのか?

阪神北地域など他市との連携協力を図る、とはどのような施策分野を想定しているのか?

新年度予算に関して

1.これからの都市経営

   第6次宝塚市総合計画策定の取組みに関して、地域ごとのまちづくり計画の位置づけは

   新庁舎・ひろば整備事業 6億4400万円余の新年度工事進捗は

   まちづくり協議会を条例で位置づける目的は何か

   住民自治組織支援事業1000万円の事業内容は

   北部地域防災拠点整備事業 1億1900万円余の事業内容は

   ⇒自然休養村センターの廃止、4課が一か所で執務

   公有建物施設の保有量最適化方針策定について、複合化・移転、民営化の

   具体的方針なのか

2.安全・都市基盤

   土砂災害対策事業(住宅移転・住宅改修)800万円余の事業内容は

   急傾斜地対策事業 2000万、土砂災害特別警戒区域(レッド区域)の安全対策

   阪急小林駅周辺整備事業  400万、新年度の事業内容は

   ⇒駅前ロータリー等の公共施設の規模などの検討を開始する

   花のみち舗装リニューアル事業 4000万、新年度の事業内容は

   安全・安心カメラの設置事業と補助事業について

   道路網基本構想、道路整備プログラムの公表時期は

   ⇒一般市道の優先整備等含む計画・プログラムを本年9月末には策定。

   都市計画道路競馬場高丸線整備事業について新年度事業内容は

   ⇒1期工区の買収・工事は、2023年末を目途に進める。

3.健康・福祉

   共同受注窓口補助金(障害者就労支援)500万円余の内容について

   低所得者保険料軽減(介護保険事業費繰出)1億3400万円余の内容と対象者と

   スケジュールは

   認知症サポーター養成講座について、サポーターの活用は

   居宅訪問型児童発達支援事業の新設について、事業内容について

   健康たからづか21の具体的取組み内容について

   宝塚市立病院の現状と人員強化について、新年度の人員体制は

4.教育・子ども・人権

   ひとり親家庭生活学習支援事業800万円余、事業内容は

   ⇒民間法人を公募、2か所以上の会場で週1回以上開催

   学校コンクリートブロック塀改善事業 3億9800万余、想定箇所と改善内容は

   ひとり親家庭大学生等奨学給付事業 3000万円、事業内容は

   小学校・幼稚園の統廃合計画について、  

   いじめ防止対策について 内容見直し、

   中学校部活動ガイドラインの新たな策定について、

   ⇒ 休養日の設定(週2日)や1日の活動時間(2~3時間)

   たからっ子育みプランのワンストップ相談対応の支援策とは

   市立公民館の指定管理者制度導入について、いままでとの変更点は

   幼児教育・保育の無償化に関する市の方針について

   ⇒施設の限定はしない、給食費等は無償化対象外。

   学校園のエアコン設置状況と今後の方針について

   保育所の緊急連絡一斉メール配信システムは、また私立の対応は?

5.環境

   新ごみ処理施設整備事業9700万円余の、新年度事業内容は

   省エネチャレンジたからづかの実施内容について

    ⇒夏季における省エネ活動をポイント化して、商品券と引き換える

   公園リノベーション事業の具体的内容は

6.観光・文化・産業

   文化芸術センター・庭園整備事業および運営事業2億2300万円余、新年度の

   事業内容は

   文化芸術センター・庭園の指定管理者制度導入について、

   手塚治虫記念館リニューアル事業1億5000万円の、事業内容について

   プレミアム付商品券事業  3億5700万円余の、事業内容は

   西谷地域への店舗出店等の相談はあるのか

   農業の担い手育成としてのビニールハウスはどこに

49842979_1077026672480335_6501955680071581696_n

新成人の人口は125万人との推計となり、新成人の数は去年2017年と比べると2万人の増加となった。また昨年に続き9年連続で総人口に占める新成人の割合が1%を割り込むことも確認されている。

宝塚市の新成人は、2446人。午前10時から、宝塚ホテルにおいて成人の日記念式典が開催され、一部終了後に、公明党伊藤孝江参議院議員、高橋みつお国際局長、宝塚市議会公明党議員団4名で阪急逆瀬川駅前にて、成人の日街頭演説を行いました。

公明党は、若い世代の皆さんから頂戴した声を国政に届け、実現できるよう全力で取り組んでいく活動、『VOICE ACTION』も展開している。

 

IMG_254912月14日(金)午後に、一般質問を

行いました。質問項目のみ

掲載いたします。

1.災害時における危機管理の充実について

(1)地域防災計画に、観光旅行者(内外合わせ)に対する避難場所等の計画が明記されているか

(2)地域防災計画に、外国人観光客への情報伝達に関する事項が明記されているか

(3)災害情報の多言語化の整備状況についてそれぞれ答弁を求めます

(4)災害時の緊急車両の応急整備や登録資器材の貸し出しに関する協定はなされているか

 

2.教育行政について

(1)がん教育の実施状況について

(2)心肺蘇生教育の普及促進とAED講習の実施状況について

(3)アレルギー疾患緊急時対応の現状について

(4)かばん(持ち運び教科書の重量)を軽くする対応について

 

3.宝塚市立病院に関して

(1)がんセンター開設後の患者受け入れ状況について

(2)がん診療支援センターの種類別相談件数と課題について

   今後は、アピアランケアが重要になることを指摘

4.道路行政について

(1)仁川循環線の運行ルート変更の具体的検討状況について

(2)交通空白地域の公共交通対応の検討状況について

(3)都市計画道路の進捗状況と課題について

P1160034_s

8月10日(金)は、群馬県高崎市を訪問し、空き家対策事業を研修しました。

高崎市は、平成18年に5町村と、平成21年に1町と合併し、人口約37万人の県内最大の都市となり、平成23年4月に中核市に移行しました。面積は、459.16㎢。

市内住宅戸数 約178,220戸、空き家戸数 約26,450戸内未管理空家 9,220戸。

未管理空家9,220戸を市職員が現地調査、特別措置法に基づく特定空家は無し。

高崎市空き家緊急総合対策事業を、平成26年6月から開始した

事業内容:

制度1:空き家管理(清掃・除草等)助成金  補助率1/2(上限20万円)

制度2:空き家解体助成金          補助率4/5(上限100万円)

    解体後税奨励金           解体翌年の固定資産税増額分を交付

制度3:空き家解体跡地管理(除草等)助成金 補助率1/2(上限20万円)   

制度4:地域サロン改修助成金        補助率2/3(上限500万円)

制度5:地域サロン家賃助成金        補助率4/5(上限月額5万円)

制度6:空き家活用促進改修助成金      補助率1/2(上限250万円)

制度7:定住促進空き家活用家賃助成金    補助率1/2(上限月額2万円)

    倉渕・榛名・吉井地域に限定

制度8:空き家事務所・店舗改修助成金    補助率1/2(上限500万円)

制度活用実績:26年度222件、27年度235件、28年度219件、29年度219件

制度の中、約7割が解体助成金が占める、年間2億円~1億円(全額市単独負担)。

平成3年開館の駅前にある市立美術館を見学させて頂きました。手塚治虫氏のマンガに

感銘して漫画家になった「萩尾望都」さんのSF原画展が開催されていました。

高崎市81

美術館77_s

クリーンセンター92_s

8月9日(木)に、東京都武蔵野市のクリーンセンターを視察しました。

武蔵野市は、施策の計画、展開に当たって早くから市民参加を標榜し、先駆的に取組んできた自治体で、面積10.98㎢、人口145,022人、世帯76,107世帯。

他市との共同でのごみ処理場建設を断念し、市独自で市民参加方式で市役所の隣地に建設され、昭和59年に稼働したクリーンセンターの老朽化に伴い、

新クリーンセンターが、平成29年4月から本格稼働ごみ発電やガスコージェネレーション発電、太陽光発電などの設備を備え、災害時の市役所災害対策への電力供給を可能とし、循環型都市づくりの新たな拠点としての役割を担っています。

視察当日は平日でしたが夏休みでもあり、市民ワークショップが開催され、一般市民の見学者や大学生のゼミ研究も行われていました。

DBO(公設民営)方式を採用し、建設費約110億円、10年間の長期運営経費約110億円。

全連続焼却式ストーカ炉:120t(60t×2炉)、全国トップレベルの排ガス規制値クリア。

武蔵野市67

武蔵野市68

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年石井大臣要望96_n

2018年8月7日(火)16:00

国土交通省4階 大臣室にて

宝塚市の平成31年度における、道路関係予算について

国からの交付金確保について、要望いたしました。

内容としては、平成31年度予算編成に対する要望として

 

1.社会基盤整備に必要な予算の総額確保

  中長期的な見通しを持って、計画的に社会基盤整備が推進できるよう

国全体の公共事業関係予算の総額の確保をお願いいます。

 2.重点要望事業

(1)街路事業の整備推進

   宝塚市の幹線道路網を形成する、都市計画道路・荒地西山線〔小林工区〕

   (平成8年度~平成34年度に延伸予定)の整備に必要な予算総額の確保をお願いします。

   内容:鉄道との立体交差化(アンダー)の前後区間幅員27mの整備

      軌道西側の大型工事区間の早期実施に努める

    全体事業費:11,500百万円(残事業費1,330百万円内国費732百万円)

 

(2)道路事業の整備促進

   緊急輸送路に位置付けられた市道1509号線(桃堂峠工区)整備事業の早期完成に向け、

   必要な予算の確保をお願いします。

   内容:急勾配が連続し、冬季は道路凍結することや、法面保護工など自然災害対策も

      併せ、緊急性が高い工区である。

    全体事業費:880百万円(国費458百万円)桃堂峠工区600百万円(国費318百万円)

 

(3)住宅市街地総合整備事業の促進

   阪神・淡路大震災でインフラ不足が課題となった仁川地区において、災害に強いまちづくり

   を進めるため、住宅市街地総合整備事業(仁川地区)に係る予算の確保をお願いします。

   内容:都市計画道路競馬場高丸線鹿塩工区 平成29年度~32年度

          同    仁川宮西町工区 平成29年度~35年度

    総事業費:6,000百万円(国費3,000百万円)

石井啓一国土交通大臣からは、昨年に引き続きの予算要望ですね、都市計画道路 荒地西山線について

荒地(あれち)という言葉から、当時は本当に荒地だったんでしょうね、早くきれいな花が咲くような

まちづくりにしましょう。中川市長が本来の土俵で働けるように願ってます。ともいわれた。

競馬場高丸線については、UR都市機構の仁川団地建替え第二期の解体や民間分譲に関して、大型

車両が通れる幹線道路の完成を望まれていると、私の方から意見を述べました。

今回の陳情活動に関して、地元宝塚市在住の伊藤孝江参議院議員の紹介で大臣要望の時間調整をお願いして実現しました。

6月質問44_s

1.道路政策について

(1)道路陥没防止に向けて

平成27年6月議会で、探査車を利用しての状況調査をすべきと提案したが?

平成28年度、29年度2か年で、主要幹線道路総延長約69kmの調査を実施。異常箇所58か所中、危険箇所12か所の掘削調査と保全対策実施。

(2)逆瀬川仁川線と市道77号線交差点の点滅信号廃止について

市内唯一点滅信号であるが、宝塚警察の撤去方針に基づき、代替可能な、交通規制を県と市で実施すると決定。

 (3)不法駐車と思える車両が7カ月以上撤去出来ない道路について

道交法45条2項(無余地違反)と44条(交差点より5m)違反で3度の駐車禁止違反の措置をしたが、結果長期の不法駐車となった。警察から県公安委員会に45条1項(駐禁標識)の上申をした、市はバリケードの設置を実施した。

 2.まちづくり協議会単位に、専任の職員を配置

平成17年以来、地域担当職員配置を要望してきたが、今年地域自治推進担当次長として、20名が配置された。

まちづくり計画見直しの業務だが、地域予算に関しても検討して欲しい。

 3.厚生労働省4月1日施行の省令改正

国民健康保険被保険者証と後期高齢者医療被保険者証、限度額認定証の見間違い防止

厚労省から各自治体には、「有効期限」の欄を交付年月日の直上に設ける事と要請があったと思いますが?

宝塚市の対応は、8月~12月交付時期に更新、後期高齢者医療制度は来年8月更新。

 4.宝塚市自転車の安全利用に関する条例について

 (1)兵庫県の損害賠償責任保険加入義務に関する実態は、県全体64.7%加入。

 (2)自転車は『軽車両』という啓発・教育について(2015年道交法改正)

  自転車取締強化され、危険運転3年で2回以上は講習受講義務付けされた。

  ヘルメット着用について全年齢を対象に条例改正、ヘルメットの寄付やモニター制度を開始するなど啓発する。自転車専用レーンでの取締りを要請。

 5.小水力発電の事業化の検討について

(1)  小水力発電の可能性調査委託の結果は

平成29年5月の代表質問を受けて、可能性調査を実施したが?

 市内8か所中、6か所が上下水道局施設で結果は設置不可となり、残り2か所 の河川について、今後調査を継続してゆく。

 6.公民館運営に関して

(1)本年1月開始の公民館駐車場の有料化について

有料化開始後に、利用団体などからも様々意見・要望があった

 1日最大料金設定や利用者へのサービス券提供など、来年4月の指定管理者運営 までの検討事項といたします。

 7.文化芸術施設・庭園整備事業と新庁舎・ひろば整備事業について

(1)同時進行に向けての財政上の課題

 文化芸術施設・庭園整備事業:

   用地買収費は約14.9億円、施設整備費予算額約21.4億円。

   地方債起債額は約18.8億円、償還額は利息含め約19.7億円。(27年~51年)   国庫補助金は約10.9億円。

 新庁舎・ひろば整備事業:

   用地買収費は20億円(市は約14億円、上下水道局約6億円)

施設整備費35億円(市は約23億円、上下水道局約12億円)

   その他現庁舎改修費・水道庁舎解体費、水道倉庫の約3.5億円は別途必要。

   市地方債発行額約31.5億円、償還額約33.8億円。(29年~54年)

   上下水道局企業債発行額約18億円、償還額約21億円。(31年~70年)

   国からの交付金等約6億円。駐車場の収益見込み約750万円/年。

  

1526431947578

5月16日(水)宮城県南三陸町 視察

8:45~9:45 

ホテル観洋南三陸の社員による『語り部』バスツアー

  宿泊したホテルが実施している「語り部」バスツアーに参加。南三陸町内の戸倉地区、志津川地区 とホテルとしての震災後の取組みについて、現地を巡りながら営業の鈴木さんから説明をいただいた。この語り部バスツアーの参加者が約30万人を超えました。

戸倉地区では小中学校が津波の被害に あったが、近くの高台への避難を校長が決断したので助かったが、寒い3月の一夜を、食べるものも ない中、卒業式で歌う予定の歌を何度も何度もみんなで歌い、励まし合って、朝を迎えた事。

 志津川地区は、町の中心部であり、ホテル関連施設の高野会館が、4階部分まで津波につかったが 社員の判断で助かった、この高野会館については『民間震災遺構』として残すことになった。

 さらにその近くには、旧南三陸町庁舎があり、町長はじめ多くの職員が津波の被害にあった。

現在は、防災対策庁舎として、鉄骨部分のみが残っている。

1526435442671

10:00~11:00 南三陸町庁舎 視察

 南三陸町 副町長 最知 明広さんより歓迎のあいさつ

 南三陸町議会 議長 三浦 清人さんより歓迎のあいさつ

 震災復興の取組み

 人的被害 死者 620人 行方不明者 211人

 建物被害 全壊 3,143戸(58.62%) 半壊 178戸(3.32%)

 仮設住宅 応急仮設整備個数 1,897戸(町外486戸含む) 入居者(現在)254人

 地域公共交通 JR気仙沼線(柳津~気仙沼)区間は未だに運休中、BRT(バス高速輸送システム)での本格復旧を受け入れた

 住宅造成工事 防災集団移転促進事業 100% 災害公営住宅整備事業 100%

 公共施設  戸倉小学校平成27年10月供用開始  志津川病院建替えとして、平成27年12月  に       南三陸病院・総合ケアセンター南三陸 開院 (台湾から22億円寄付あり)

       保育所復旧4施設 100%、町役場庁舎 平成29年9月、歌津支所同年6月完成

 経済:  商工業 震災で473事業所が被災したが、262事業所が営業再開した。

      平成29年3月 南三陸さんさん商店街 本格オープン すでに72万人

      平成29年4月 歌津商店街(南三陸ハマーレ歌津)本設オープン すでに35万人

      水産業:漁港完成率 約74%(完成86か所)

      観光客:震災発生時 約36万人でしたが、平成29年には142万人まで回復した

応援職員の状況 現在は、宝塚市より岡田 拓也さんが複数年派遣されているが、かつては中村さんが5年間ほど応援に入っており、職員派遣としてうまく行っていると感じた。

1526612709910

午後には、歌津地区復興支援の会 一燈 代表 小野寺 宏さんが現地誘導含め説明いただいた。 南三陸町 愛の手をつなぐ親の会 会長 千葉 みよ子さんも同行いただいきました。はじめに、商店街ハマーレ歌津を見学し、商店街会長からも歓迎のあいさつをいただいた。歌津地区の復興住宅や前町長が整備した鎮魂の森などを見学した。